英党首討論と中国政府の動向に注目

【本日のトレードポイント】
 本日はRBA議事録公表と米住宅着工件数、イギリスの党首討論が控えています。イギリスの選挙動向は最新のユーガブの世論調査によると、保守党が45%で労働党が28%になっています。ブレグジット党が保守党に選挙協力を申し出てから、保守党の支持率は伸びたものの、ブレグジット党の支持率が10%から4%まで落ち込みました。このままいくと保守党の過半数獲得が不透明であることから、今後どれだけ労働党の支持者を取り込めるかが焦点になってきています。そういった中、本日は党首討論が控えています。テレビで広く有権者に政策を訴えることで支持率が伸びるかが注目されます。逆にジョンソン首相が脇の甘い発言をした場合は、支持を失ってしまう可能性もあり、思い切った発言をしないことも考えられますが、今後のブレグジットの先行きを占ううえで見逃せないイベントであるといえます。

 一方で、昨夜CNBCが中国政府筋の話として「中国側は米国との貿易合意に悲観的」と報じられドル円は109.05円から108.51円まで急落しました。今までも、米国側から合意間近と伝わったあとに中国側から否定されるという流れがいくつもあり、またかといった印象が拭えません。今回の報道が中国政府から発表されていないことから、また再度否定されるという可能性も否定できません。マーケットもこのまま中国政府からの反応がなければ、自然反発の流れになると考えられますが、中国政府から合意に悲観的な発表があれば、マーケットがリスク回避一色となり、相場が崩れる恐れがあるため、動向を注視したいです。

続きを読む...

米中貿易協議とブレグジットを注目

【本日のトレードポイント】
 本日は主な経済指標の予定がないため、米中貿易協議とブレグジットに注目したいです。先週、米中貿易協議は「第1段階」の部分合意に向けた米中通商協議が難航しているとの報道が伝わりドル円は大きく下落したものの、週末にクドロー米国家経済会議(NEC)委員長が「中国との貿易協議は合意に近づいている」との見解を示したほか、ロス米商務長官も「米中はほぼ確実に合意するだろう」と報道を否定する形の発言をしたことで大きく反発しました。本日も要人発言やヘッドラインに振れる展開になると予想されますが、マーケットは報道の方向通りに反応しているため、なにかしら動きがあったら素直についていくのがいいかもしれません。

 ブレグジットは12月12日の英総選挙はジョンソン首相が率いる保守党が過半数を獲得するとの見方が強まっています。11日、ブレグジット党のファラージュ党首が保守党が前回選挙で勝利した317の選挙区に候補者を擁立しない方針を示したことで大きくポンド買いに振れました。また、ファラージュ党首は親EU派によるブレグジット撤回を狙った2回目の国民投票を阻止するため、離脱派の共闘を呼びかけています。もっとも、現在の保守党とブレグジット党の議席を合わせても過半数に満たないため、選挙までに支持率を伸ばす必要があります。そのため、まだ楽観視することはできず、報道によっては大きく売りにさらされる可能性も考えられるため、買い一辺倒は注意したい局面です。

続きを読む...

米経済の先行きに一抹の不安

【本日のトレードポイント】
 本日は米小売売上高と米鉱工業生産が予定されており、小売売上高に注目したいです。前回が予想に反して7カ月ぶりの前月比-0.3%と予想の+0.3%からかなり弱い結果となり個人消費の鈍化を印象付けました。今回も予想を下回った場合、米景気への先行き不安から利下げが意識されるため、注意したい指標です。

 経済指標以外では米中貿易の行方に注目が集まりそうです。昨夜、一部報道で米中貿易の協議が難航していると報じられドル円は108.24円まで大きく下落しました。知的財産条項や農産物の購入、関税など互いに譲れない課題が多く特に関税に関して中国側は一部撤回が不可欠としており、トランプ大統領が期待している合意の可能性が揺らいでいます。仮に交渉決裂になれば、トランプ大統領は関税の引き上げを示唆しているため、進展があるまで大きなポジションを取らずに様子をみるのもいいかもしれません。一方、メキシコが3会合連続で政策金利を0.25%引き下げ7.5%に決めました。米国が金融緩和に踏み切っているなか、メキシコも経済成長が停滞していることから一部のメンバーからは0.5%引き下げの声も上がりました。ただ、メキシコ経済の先行きに不安が広がるなか、米フォックスニュースがUSMCA協定案まとまる可能性が高まると報じました。記事では米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)案が今後数日以内に米議会に提出され協定案がまとまるのではないかとされペロシ下院議長も同様な考えを示しており、報道されたととおりに合意に向けて動きだせば取り巻く景気不安を一蹴し、メキシコペソ買いの圧力が高まるとみてます。

続きを読む...

複数の経済指標を控え

【本日のトレードポイント】
 本日は経済指標の発表が普段より多く予定されています。東京時間は本邦第三四半期GDPの一時速報や豪失業率、中国の小売売上高です。GDPは消費増税の影響がまだみえにくいものの、増税前のGDPの落ち込み具合が大きい場合はさらなる金融緩和が意識されるため、予想の下振れには警戒したいです。また、豪中の経済指標も下振れした場合に大きく反応しやすいため、結果だけでも抑えておきたい指標です。欧州時間では独GDPや英小売売上高が予定されています。独GDPは速報値となるため、市場が反応しやすいほか、ユーロ圏の景気減速が意識されている環境のため、本邦GDPと同じく下振れに注意したい指標といえます。NY時間では新規失業保険申請件数やパウエルFRB議長の議会証言が予定されています。議会証言は上院と下院にそれぞれ証言するものの、内容は変わらないため新材料はないとみてます。また、トランプ大統領とエルドアン大統領の首脳会談が協調的な形で終わったことでトルコリラの追い風になるとみてます。

続きを読む...

リスク選好は小休止

【本日のトレードポイント】
 昨日のトランプ大統領のエコノミッククラブでの講演は前回のトランプラリーの再来となるような発言はなく、株高の宣伝といつものFRB批判となりました。また、中国に関しても「中国との貿易合意は近く実現する可能性」と先行き不透明感が残る発言で終えました。マーケットは米中貿易の進展期待を背景としたリスク選好の動きも一旦小休止となり、再び材料待ちの展開になりそうです。

 本日はニュージーランドのRBNZ政策金利、米英消費者物価指数とパウエルFRB議長の議会証言が予定されています。RBNZ政策金利は失業率の悪化や2年インフレ予測の引き下げを受けて、0.25%の利下げが見込まれています。発表後に総裁会見も予定されており、今後の金利動向について、さらなる利下げや追加緩和に言及するかがポイントになりそうです。米消費者物価指数は金利動向の思惑が働きやすく予想値から大きく外れた場合に備えておきたいです。上振れすれば金利上昇が意識されやすく、下振れすれば利下げが意識されるため、それぞれのシナリオをもってのぞみたいです。パウエルFRB議長の議会証言は今日と明日予定されています。10月に利下げを実施して急に政策スタンスを変えるとも考えにくく、今の金融政策が適切であるとの内容になるとみられ値動きは限定されそうです。

続きを読む...

リスク回避からリスク選好へ

【本日のトレードポイント】
 米中貿易交渉の進展期待を背景に主要3指数が史上最高値の更新を続けるなか、安全資産とされる米国債や金が売られており、そのマーケットの動きがドルと円にも波及して売られる展開になるか注視したいです。その場合、ドル円は同時に売られ値動きが限られる展開が想定されますが、逆にそれ以外の通貨ペアに期待したいです。トレードポイントとしては米国債と金が売られているか、ユーロ円とユーロドルやポンド円とポンドドルの値動きなどを注視しながらトレンドを見極めるのがよさそうです。現在のマーケットは米中貿易の進展期待を取引材料にしており、このリスク選好の動きがどこまで継続するかがポイントになります。

 一方で、イギリスではファラージ・ブレグジット党党首が与党保守党に対し選挙協力を申し出ました。これにより、議会での過半数獲得の可能性が上昇しポンドへの買いが強まりました。直近の世論調査では保守党とブレグジット党の支持率を合わせて50%前後と過半数の獲得まで、まだまだ油断できそうにありません。そのため、ポンドは選挙への思惑やヘッドラインで振られる展開が継続するため、取引をする場合は突発的な動きに注意したいです。

続きを読む...

トランプ相場再来か?米中合意への楽観が後退

【本日のトレードポイント】
 先週に引き続き、米中貿易協議と英政局の動向が注目を集めそうです。
米中貿易協議は先週金曜、トランプ大統領は「対中関税撤回でまだ何も合意していない」と、案の定とも思えるちゃぶ台返しによって、前日に報道された「米中両国が追加関税を段階的に撤廃することに同意した」とする中国商務省の見解を否定しました。依然として着地点の見えない状況が続いており、トランプ相場となる可能性にも要注意です。

 また、本日は英国の実質GDP(速報値)の発表が予定されており、市場予想は+0.4%となっています。イングランド銀行による調査ではブレグジットによる不透明感が英国経済にマイナスの影響を与えているとの指摘もあり、要警戒です。

続きを読む...

米中、部分合意を巡る攻防

【本日のトレードポイント】

 本日は引き続き、米中貿易問題に注目が集まります。中国商務省は7日、米中両国が互いに課した関税の段階的撤廃に合意したと発表しました。また中国商務省の高峯報道官は、両国は第1段階の合意署名をする場所と時期について交渉は継続中であり、合意署名に達すれば、双方が追加関税を合意内容に基づいて互いに比例したペースで同時に撤回していくと述べました。しかし「場所と時期は未確定」と依然先行き不透明な状態には変わりなく、米国側は追加関税を撤廃すれば交渉で切り札を失うことになるとの見方から、政権内では反対論が出ているとの報道も出ています。これまでの二転三転を踏まえて、交渉進展のより確実な情報を待ちたいです。

 また、本日は中国の貿易収支の発表が予定されています。
前回発表の9月分は市場予想(前年比輸出-2.8%、輸入-6%)を大きく下回る結果(前年比輸出-3.2%、輸入-8.5%)となり、中国経済の需要鈍化が浮き彫りとなりました。今回の結果次第では、対米交渉がさらなる混迷を深める展開も想定され、要注目です。

続きを読む...

米中協議の混迷、英選挙戦が本格始動

【本日のトレードポイント】
 本日は、先行き不透明感が高まっている米中協議と英政局の行方に注目が集まります。

 米中協議は、11月中旬を目指すとしていた部分合意署名が延期される可能性があるとの報道から市場の警戒感が高まっています。部分合意をめぐって、米国は中国の輸入拡大を要求し、一方で中国は追加関税の撤回を条件としており、依然として交渉は難航していると見られます。
 英政局については、英国議会下院が6日未明に解散し、12月12日を投開票とする総選挙に向けて選挙期間が正式に開始されました。公約の10月末の離脱を果たせなかったジョンソン政権は、総選挙で単独過半数を得て来年1月末までにEU離脱の実現を目指しており、激しい選挙戦となることが予想されます。6日の最新世論調査では与党保守党のリード縮小が示されたことを受けてポンドは下落しました。関連ヘッドラインに振り回される展開が継続しそうです。

 また、本日は豪9月貿易収支と英BOE政策金利の発表が予定されています。
豪貿易収支は、6月をピークに下落基調となっており、どこで下げ止まるかが一つのポイントとなります。
英BOE政策金利は据え置きとなる見込みで、サプライズはほぼ無い公算が高く、ポンドに関してはやはり英政局に注目が集まりそうです。

続きを読む...

「みんなのFX」デモ取引リリースのお知らせ



平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

「みんなのFX」では、2019年11月6日(水)にFXのデモ取引をリリースしました。

デモ取引は、「みんなのFX」のPC版取引ツール「Webトレーダー」にてお取引が可能です。本番と同じ取引画面、同じ配信レートのため実際にお取引を始める前に、各機能を試したり、通貨の値動きの特徴をつかむことができます。
また登録不要・利用料0円となっておりますので、いつでも気軽にFX取引の練習を始めることが可能です。
ぜひお取引の練習に「みんなのFX」デモ取引をご利用ください。
※デモ取引はPCからのみご利用いただけます。恐れ入りますが、ご利用の際はPCからアクセスいただきますようお願いします。

>「みんなのFX」デモ取引特設ページはこちら

また、「みんなのFX」では現在さまざまなキャンペーンを実施中です。口座開設で最大5万円がもらえる新規口座開設キャンペーンも実施しておりますので、デモ取引で練習後に口座開設のお申込もぜひご検討ください。

>「新規口座開設キャンペーン」はこちら

トレイダーズ証券では、お客様により良い取引環境をご提供できるよう、日々努力して参ります。
今後とも、トレイダーズ証券をどうぞよろしくお願いいたします。

追加情報

  • category お知らせ
  • source new
続きを読む...
この RSS フィードを購読

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。