本日は日米首脳会談

東京市場
 東京市場ではユーロドルの方向感は見い出せず。前日NY市場時間までの上昇トレンドは日を跨ぎ落ち着きを見せました。材料不足感からもユーロドルはロンドン市場時間までほぼ動意付きませんでした。

ロンドン市場
 ロンドン市場ではポンド円が軟調。昨日否定されたメイ英首相の保守党党首辞任が表明されると、売買が錯そう。乱高下したものの、売買が落ち着くと軟調に推移していき日通し安値を更新しました。

NY市場
 NY市場ではドル円が急落。ドル円は109.7円から109.45円のレンジを上下に振れていましたが、24:00前に前日最安値を下回ると一気に売りが優勢に。一時は109.27円と一週間振りの安値を更新しました。

【今日の主な経済指標】
12:00 JPY 黒田東彦日銀総裁、発言
14:00 JPY 景気先行指数(CI)・改定値 3月
14:00 JPY 景気一致指数(CI)・改定値 3月
         GBP 休場
         USD 休場

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 本日は米英が祝日で注目度の高い指標発表は予定されていません。
 本日は日米首脳会談があります。通商交渉における合意などは行われない見通しですが、トランプ大統領の日米貿易問題に関するツイートがあれば要警戒が必要です。ブレグジットに関しては先週発表されたメイ英首相の退陣表明はほぼ事前の報道や予想通りであったため、大きな相場の転換とはなりませんでした。今後は後任が誰になるのか、また後任候補の発言や離脱に関するポリシーなどに注目が集まります。EU側が危惧しているようにメイ英首相の後任次第で離脱協定に関する交渉自体が覆る可能性があり、不透明感に一層磨きがかかった形となります。

続きを読む...

メキシコペソ/円1周年記念キャンペーン第2弾実施のお知らせ

 

平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

先月より実施しております「メキシコペソ/円1周年記念キャンペーン」につきまして、お客様に大変ご好評いただいていることから2019年6月も延長して実施することが決定いたしました。

本キャンペーンでは、期間中にFX口座でメキシコペソ/円をお取引いただいたお客様に、Coke ON ドリンクチケット(お好きな「ジョージア」製品1本)をプレゼントいたします。
※プレゼントの受取りには、キャンペーン専用申込フォームより申込みが必要となりますのでご注意ください。
 
この機会にぜひメキシコペソ/円のお取引をご検討ください。
 
■キャンペーン期間
2019年6月1日(土)~2019年6月30日(日)
キャンペーン申込期間:2019年6月30日(日)まで
※お取引期間は、2019年6月3日(月)マーケットオープン ~ 2019年6月28日(金)マーケットクローズとなります。
 
詳細につきましては、キャンペーンページをご覧ください。
> メキシコペソ/円1周年記念キャンペーン第2弾
 
トレイダーズ証券では、お客様により良い取引環境をご提供できますよう、日々努力してまいります。
今後とも、トレイダーズ証券をどうぞよろしくお願いいたします。

追加情報

  • category キャンペーン
  • source new
続きを読む...

トランプ砲の砲口は日本に?

東京市場
 東京市場ではドル円の上値が重い。一昨日同様に材料不足なだけに日経平均の上下に引っ張られる展開となりました。前場は下方向へ、後場は上方向へと向かいました。

ロンドン市場
 ロンドン市場ではポンド円が軟調。メイ英首相が24日に辞任の意思を表明する可能性があるとの一部報道を受け、英国内の政情不安からポンド売りが先行。その後、報道官が辞意を否定したことから買い戻しへとつながりました。

NY市場
 NY市場ではユーロドルが続伸。数日のダウントレンドから反発を見せました。米指標が軒並み低調な結果となり米長期金利の利回りが低下すると、ドル売りユーロ買いの流れに。1.1172ドルから一時は1.1180ドルまで上昇しました。

【今日の主な経済指標】
07:45 NZD 貿易収支 4月
08:30 JPY 全国消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 4月
08:30 JPY 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)[前年同月比] 4月
08:30 JPY 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く)[前年同月比] 4月
13:30 JPY 全産業活動指数[前月比] 3月
17:30 GBP 小売売上高[前月比] 4月
17:30 GBP 小売売上高[前年同月比] 4月
17:30 GBP 小売売上高(除自動車)[前月比] 4月
17:30 GBP 小売売上高(除自動車)[前年同月比] 4月
21:30 USD 耐久財受注[前月比] 4月
21:30 USD 耐久財受注・輸送用機器除く[前月比] 4月
22:00 RUB 失業率 4月
22:00 MXP 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前期比] 1-3月期
22:00 MXP 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前年同期比] 1-3月期

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 本日は先日までの指標ラッシュから一段落し、注目度の高い指標やイベントは予定されていません。一方で、マーケットは英のEU離脱問題・政情不安、米中貿易摩擦などのヘッドラインに対してビビットに反応しやすく注意を払う必要があります。英の政情不安に関しては、報道官がメイ首相の辞意を否定したものの、辞任疑惑の報道が出たこと自体が政権の不安定さを表しているともいえます。今後も様々な報道が報じられるとは思いますが、情報源にも注意を払う必要がありそうです。
 明日、ついにトランプ米大統領が来日する予定です。来日中には日米閣僚級貿易協議も予定されており、協議に向けた"牽制球"がSNSなどを通して飛んでくる恐れがあります。為替条項や自動車の輸入総量規制など日米間にも問題は山積しており、トランプ砲も幾度となく日本に向けられているだけに警戒を強める必要がありそうです。

続きを読む...

スプレッド大幅縮小!「プレミアムフライデー・ハッピーアワー2019年5月」実施のお知らせ

平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 
「みんなのFX」では、今月のプレミアムフライデーである2019年5月31日(金)18:00~22:00の4時間限定で、FX口座において下記5通貨ペアのスプレッドを大幅に縮小する「プレミアムフライデー・ハッピーアワー」を実施いたします。
本キャンペーンの期間中はさらにスプレッドを縮小して低コストでお取引いただけます。
今回は人気の米ドル/円、ユーロ/円に加え、豪ドル/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円を含む5通貨ペアが対象となっておりますので、ぜひこの機会にお取引をご検討ください。
 
■対象通貨ペアおよび配信スプレッド
米ドル/円 (USD/JPY) :0.3銭→0.2銭
ユーロ/円 (EUR/JPY) :0.4銭→0.2銭
豪ドル/円 (AUD/JPY) :0.6銭→0.3銭
トルコリラ/円 (TRY/JPY) :1.7銭→0.9銭
メキシコペソ/円 (MXN/JPY) :1.8銭→0.2銭
いずれも原則固定(例外あり)で配信
 
■期間
2019年5月31日(金)18:00~22:00
 
詳細につきましては、こちらをご覧ください。
> プレミアムフライデー・ハッピーアワー

スプレッドに関するリスクはこちら
 
トレイダーズ証券では、お客様により良い取引環境をご提供できますよう、日々努力してまいります。
今後とも、トレイダーズ証券をどうぞよろしくお願いいたします。

追加情報

  • category お知らせ
  • source new
続きを読む...

マーケットの目はヘッドラインに釘付け

東京市場
 東京市場ではクロス円がやや弱い。東京市場でのクロス円は日経平均の上下に振り回される形となりました。ただ全体的に方向感に欠ける展開となりました。

ロンドン市場
 ロンドン市場ではポンド円が軟調。ポンド円は先日とうって変わり東京時間から軟調に推移していました。またメイ首相の辞任疑惑も報じられポンドの売り圧力は終始高く推移しました。

NY市場
 NY市場ではユーロドルが冴えない値動き。ロンドン市場時間では堅調に推移していたものの、NY市場時間から軟調な動きに。1.1151ドルと直近のサポートラインで若干の反発を見せるものの、クローズにかけて再度軟調な動きを見せました。

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分 208億円
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分 2825億円
15:00 DEM 国内総生産(GDP、改定値)[前期比] 1-3月期 0.40%
15:00 DEM 国内総生産(GDP、改定値)[前年同期比] 1-3月期 0.70%
15:00 DEM 国内総生産(GDP、改定値、季調前)[前年同期比] 1-3月期 0.60%
15:30 CHF 四半期鉱工業生産 [前年同期比] 1-3月期 5.10%
15:45 FRF 企業景況感指数 5月 105
16:15 FRF 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 5月 50
16:15 FRF サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 5月 50.5
16:30 DEM 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 5月 44.4
16:30 DEM サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 5月 55.7
16:30 SEK 失業率 4月 7.10%
17:00 EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 5月 47.9
17:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 5月 52.8
17:00 DEM IFO企業景況感指数 5月 99.2
17:30 HKD 消費者物価指数(CPI)[前年比] 4月 2.10%
20:30 EUR 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨 *
21:30 CAD 卸売売上高[前月比] 3月 0.30%
21:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分 21.2万件
21:30 USD 失業保険継続受給者数 前週分 166.0万人
22:45 USD 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 5月 52.6
22:45 USD サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 5月 53
22:45 USD 総合購買担当者景気指数(PMI、速報値) 5月 53
23:00 USD 新築住宅販売件数[年率換算件数] 4月 69.2万件
23:00 USD 新築住宅販売件数[前月比] 4月 4.50%
         ZAR 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利 6.75%

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 本日はECB理事会議事要旨の公表や欧州各国の製造業PMIの発表などが予定されています。議事要旨はもちろんですが、欧州各国の製造業PMIもここ数か月マーケットの注目を集めており、欧州通貨を強く動かすイベントとなっています。ただ、昨日から引き続きマーケットの注目は、激しさを増す米中貿易摩擦や英のEU離脱問題に注がれています。特に米中貿易摩擦では特定の企業に対する制裁措置が広がっており、経済への影響が如実に現れるのも時間の問題と思われます。当分の間は、突発的なヘッドラインに相場が大きく動かされる展開が続くことが予想され、注意が必要です。

続きを読む...

ポンド、主役の座を取り戻す

東京市場
 東京市場では豪ドル円が軟調。午前中に発表されたRBA議事要旨の内容や正午前に行われたロウRBA総裁の会見内容などで利下げに対して前向きである旨が伝わり、豪ドルは売りが優勢となりました。

ロンドン市場
 ロンドン市場ではドル円が堅調。米国が中国企業に対する制裁措置に執行猶予を認めたとの報道をマーケットは好感。米中貿易摩擦の懸念減速からドル買いが優勢になり堅調に推移しました。

NY市場
 NY市場ではポンド円が乱高下。メイ英首相がEU離脱に関して2回目の国民投票を検討していると報じられるとポンドは急騰。ただ実際のメイ首相による会見が始まると上値が徐々に重たくなり、英国内からも懐疑的な意見が相次いだことからポンド売りが優勢に。急騰前の水準まで下値を伸ばしました。

【今日の主な経済指標】
07:45 NZD 四半期小売売上高指数[前期比] 1-3月期
08:50 JPY 貿易統計(通関ベース、季調前) 4月
08:50 JPY 貿易統計(通関ベース、季調済) 4月
08:50 JPY 機械受注[前月比] 3月
08:50 JPY 機械受注[前年同月比] 3月
16:30 EUR ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
17:00 ZAR 消費者物価指数(CPI)[前月比] 4月
17:00 ZAR 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 4月
17:30 GBP 消費者物価指数(CPI)[前月比] 4月
17:30 GBP 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 4月
17:30 GBP 消費者物価指数(CPIコア指数)[前年同月比] 4月
17:30 GBP 小売物価指数(RPI)[前月比] 4月
17:30 GBP 小売物価指数(RPI)[前年同月比] 4月
17:30 GBP 卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)[前年同月比] 4月
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
21:30 CAD 小売売上高[前月比] 3月
21:30 CAD 小売売上高(除自動車)[前月比] 3月
      RUB 実質鉱工業生産[前年比] 4月
03:00 USD 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 本日はFOMC議事録要旨の公表が予定されています。公表されるのは4/30,5/1開催分で、強い利下げの意思を明確に否定したことからアメリカ経済の先行きに明るさが取り戻された回となります。その後もFRBが金融政策を検討する際に重視するとしている経済指標などのデータは力強い結果を表しています。一方で、対中貿易状況をはじめとして月初とは大きく状況が変化していることを踏まえると、議事録要旨の内容を素直に鵜呑みにできないのが実情となりそうです。
 先日はイギリスのEU離脱問題が再び相場を動かしました。ここ数週間、ポンドはマーケットの主役の座をドルに譲っていました。しかし、今後はポンドとドルの二大主役となりそうです。

続きを読む...

各国中銀トップは何を語る

東京市場
 東京市場では豪ドル円が続伸。週末に行われた豪総選挙で与党・保守連合が予想を裏切る形で勝利したことを受け、豪ドル円は大きく上窓を開けてオープン。正午過ぎに若干の上値の重たさを感じさせましたが、売り材料が特になかったことから、堅調に推移しました。

ロンドン市場
 ロンドン市場ではポンド円が軟調。英のEU離脱問題は依然として不透明感が強く、上値重たく売りが優勢となる展開が続きました。一時は139.70円まで下落しました。

NY市場
 NY市場ではドル円がじわり高。東京・ロンドン市場で軟調に推移していたドル円ですが、NY勢参入と同時に反転。110円台を回復する展開を見せました。

【今日の主な経済指標】
08:00 USD パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
09:00 SGD 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前期比年率] 1-3月期
10:30 AUD 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
23:00 EUR 消費者信頼感(速報値) 5月
23:00 USD 中古住宅販売件数[年率換算件数] 4月
23:00 USD 中古住宅販売件数[前月比] 4月

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 本日は米豪英中銀総裁の発言が予定されています。世界経済の見通しに暗雲が立ち込め始めている状況下の発言なだけに、発言内容にはいつも以上に注目が集まります。一方で、マーケットの注目は依然として米中関税合戦や英国のEU離脱問題などの時事イベントに注がれています。ネガティブな話題が大半を占める為、ドルやポンドは上値が重たい展開が続くことが予想されます。ただある程度の下落で押し目買いが入ることからも単純に下目線ということでもない点に注意が必要です。

続きを読む...

米国の貿易問題が取引の中心か

東京市場
 東京市場のドル円は弱含み。序盤は仲値に掛けて110.032円まで上昇したものの、中国国営放送が「中国は米国との通商協議を継続する気がない可能性」と報じると、上海株式が下落しドル円も109.60円付近まで下落しました。

ロンドン市場
 ロンドン市場では目立った取引材料がないなかドル円は底堅く推移した一方で、ポンド円はブレグジットへの先行き懸念が漂うなか、欧州株式安を受けて139.551円の安値をつけました。

NY市場
 NY市場ではトランプ大統領が「日本とEUの自動車関税措置を少なくとも180日間延期する」と発言すると、日本と欧州への貿易懸念が緩和したことでドル円は110.189円の日通し高値を付けて110.022円で取引を終えました。

【今日の主な経済指標】
08:01 GBP ライトムーブ住宅価格[前月比] 5月
08:50 JPY 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)[前期比] 1-3月期
08:50 JPY 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)[年率換算] 1-3月期
13:30 JPY 鉱工業生産・確報値[前月比] 3月
13:30 JPY 鉱工業生産・確報値[前年同月比] 3月
13:30 JPY 設備稼働率[前月比] 3月
15:00 DEM 生産者物価指数(PPI)[前月比] 4月
17:00 EUR 経常収支(季調済) 3月
17:00 EUR 経常収支(季調前) 3月

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 本日も米国を中心とした貿易問題に注目が集まります。トランプ政権は日本や欧州に対しては融和的な姿勢で臨んでいるものの、中国に対しては貿易額の大きさからも強気な姿勢を崩しておらず、6月には追加関税に関する公聴会やG20(大坂サミット)が控えてヘッドラインに気をつけたい局面です。一方で、欧州では欧州圏の景気減速が懸念されているほか、ブレグジットもメイ首相は与党保守党内から辞任圧力を受けており、退陣に向けて進む公算が高く混迷を極めそうです。

続きを読む...

目ぼしいイベントなく調整局面か

東京市場
 東京市場のドル円は日経平均が軟調な展開になるなか、仲値に掛けて円買いが強まり109.336円まで下落しました。ただ、仲値を過ぎると円買いが一巡し109.50円付近まで戻しました。

ロンドン市場
 ロンドン市場では米長期金利の上昇を手掛かりにドル買い圧力が高まると、ドル円はじりじりと上値を切り上げ109.65円まで上昇。

NY市場
 NY市場では欧州の景気減速やイタリア財政問題を背景にユーロ売りが強まるなか、フィラデルフィア連銀製造業景気指数や米新規失業保険申請件数が予想を上回ったことからドル買いが優勢になり、ユーロドルは1.1166ドルまで下落しました。一方で、ドル円は109.965円まで上昇し109.837円で取引を終えました。

【今日の主な経済指標】
07:45 NZD 四半期卸売物価指数(PPI)[前期比] 1-3月期
13:30 JPY 第三次産業活動指数[前月比] 3月
18:00 EUR 建設支出[前月比] 3月
18:00 EUR 建設支出[前年同月比] 3月
18:00 EUR 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値)[前年同月比] 4月
18:00 EUR 消費者物価指数(HICP、改定値)[前年同月比] 4月
23:00 USD 景気先行指標総合指数[前月比] 4月
23:00 USD ミシガン大学消費者態度指数・速報値 5月
         RUB 実質国内総生産(GDP、速報値)[前年比] 1-3月期
         NOK 休場

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 本日は主要な経済指標ではミシガン大消費者信頼感指数のみになります。要人発言ではウィリアムズNY連銀総裁とクラリダFRB副議の発言となります。取引材料としてみると、弱く週末とあって調整的な動きになりそうです。ただ、米中貿易摩擦やブレグジット、イタリアの財政問題など火種は燻っており、ひとたびトランプ大統領の発言などがあれば、たちまち動意付くためヘッドラインに注意しながら取引にのぞみたいです。

続きを読む...

米中の経済指標が悪化

東京市場
 東京市場ではNY市場の流れを引き継ぎこう着相場に。ドル円はゴトー日(5・10日)とあって実需の動きが期待されたものの、目立った動きは見られず109.65円付近を小動きしました。

ロンドン市場
 ロンドン市場では米長期金利の低下をきっかけに売りが優勢になると、弱い米小売売上高も売りを誘いドル円は一時109.177円まで下落しました。ただ、その後に「トランプ大統領は輸入車に対する関税発動を最長6カ月延期する考え」との一部報道が伝わると109.69円まで急騰。

NY市場
 NY市場ではドル円への買いが一服したものの、ムニューシン米財務長官が「中国との貿易関係改善に向け真剣に協議している」と述べたことがドルのサポート材料となり109.582円で取引を終えました。

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 国内企業物価指数[前月比] 4月
08:50 JPY 国内企業物価指数[前年同月比] 4月
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分
10:30 AUD 新規雇用者数 4月
10:30 AUD 失業率 4月
18:00 EUR 貿易収支(季調済) 3月
18:00 EUR 貿易収支(季調前) 3月
21:30 CAD 対カナダ証券投資額 3月
21:30 CAD 製造業出荷[前月比] 3月
21:30 USD 住宅着工件数[年率換算件数] 4月
21:30 USD 住宅着工件数[前月比] 4月
21:30 USD 建設許可件数[年率換算件数] 4月
21:30 USD 建設許可件数[前月比] 4月
21:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
21:30 USD 失業保険継続受給者数 前週分
21:30 USD フィラデルフィア連銀製造業景気指数 5月
03:00 MXP メキシコ中銀、政策金利

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 昨日発表された米国と中国の経済指標は米中貿易摩擦が実体経済に与える影響が表面化したと思わせるような結果になりました。中国の小売売上高は前年比8.6%予想が7.2%となり、米国の小売売上高は0.2%予想から-0.2%でした。今後ますます米中貿易摩擦が激化した場合、両国の景気減速への懸念が増すとみられ警戒が必要です。一方で、本日は大きな指標では豪失業率や米新規失業保険申請件数、フィラデルフィア連銀景況指数などが控えているものの、連日トランプ大統領の発言等で相場が大きく反応しており動向に注目が集まります。

続きを読む...
この RSS フィードを購読

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。