FX初心者におすすめの通貨とは?

通貨ペアによって、為替相場の推移の特徴や変動要因、スプレッドの幅などに違いが見られるものです。数ある通貨ペアの中で、初心者におすすめのものはどれでしょうか?

初心者が通貨ペアを選ぶ際に、重視すべきポイントとは?

FX取引の初心者が通貨ペアを選ぶ際には、①流動性が高い、②スプレッドが狭い、③情報が豊富という3つのポイントを重視するとよいでしょう。①から③のそれぞれが意味することについて、順を追って説明していきます。

①流動性が高いとは、取引がどれだけ活発に行われているかを示すもので、これが高いほど自分が希望したレートで取引に応じる相手が見つかりやすいと言えます。逆に流動性が低いと、買いたくてもなかなか買えず、売りたくてもいっこうに売れないというパターンに陥りかねません。

また、流動性の高い通貨はトレンド(値動きの方向性)が明確になりやすい傾向がうかがえます。対照的に流動性の低い通貨は値動きの方向感がなかなか定まらず、上下に乱高下する展開になることがあり、初心者向きとは言いがたいでしょう。

②スプレッドが狭いは、初心者のみならず熟練のトレーダーにしても、できるだけ狭いものを選びたいはずです。「スプレッドの幅が広い=取引コストが高い」ことを意味し、その分だけ利益が目減りするからです。

特に初心者は、予想どおりに為替相場が動いた場合であっても、まだ慣れていないので焦って利益確定を急ぎがちです。そうなると、大きな利益を狙いにくくなるので、スプレッドはできるだけ狭いほうがよいでしょう。

③情報が豊富については、あまりにも情報が乏しいと手探りでトレードを進めることになり、非常にリスキーだと言えます。きちんと情報を掴んでおかないと、取引をはじめた途端に金融政策が見直されて為替相場が急激に変動するというようなことも考えられるのです。

やはり、初心者がチャレンジしやすいのは米ドル/円

では、前述した3つのポイントを重視して選んだ場合、初心者はどの通貨ペアがベストなのでしょうか?やはり、米ドル/円という結論に辿り着きます。

世界で最も活発に取引が行われているのは米ドルとユーロですが、その為替相場であるユーロ/米ドルの推移は日本のテレビのニュースではほとんど報道されません。しかし、それに次ぐ取引量を誇る米ドル/円であれば、頻繁に情報が入ってきます。

大まかではあっても日頃からレートの推移を把握していれば、「最近は円高(円安)気味に動いている」などといった判断もつきやすくなります。そして、スプレッドは数ある通貨ペアの中で最も狭くなるため、米ドル/円の通貨ペアは3つのポイントをすべて満たしていると言えるでしょう。

米ドル/円の為替相場に影響を及ぼす主な要因は、日米の金利差や両国の政治経済の情勢、投資家のスタンスの変化などが挙げられます。たとえば、米国が利上げして日本がゼロ金利のままであるとすると、金利の高い米ドルが買われて日本円が売られやすくなります。

また、米国大統領の発言や動向も為替相場にインパクトを及ぼす可能性が考えられます。グローバルに投資家の間でリスクを避ける動きが活発化すれば、比較的安全だとみなされている日本円が買われて、投資目的でドルに換えられていた資金が流出しやすくなります。

そういった状況を観察しながら、チャートで米ドル/円相場の推移を観察していると、次第にトレンド(値動きの方向性)が掴めてくるでしょう。「道筋が見えてきたら、先々で米ドル/円相場が米ドル高・円安方向に動きそうな局面で買いのポジションを建てる」というのはスタンダードな作戦の1つです。

ユーロは流動性やスプレッドが◎でも要注意!

外国為替市場における通貨別の取引高で米ドルに次ぐシェアを占めているのがユーロで、3番手が日本円です。そうなるとユーロ/円という通貨ペアも初心者向きのように思われます。

確かにユーロは流動性が高いうえ、米ドル/円相場ほど馴染みがなくても、情報自体は比較的入手しやすいと言えるでしょう。しかし、大いに注意を払うべきポイントがあります。

それは、現状においてユーロ/円に買いのポジションを建てた場合、スワップポイントがマイナスになっていることです。日本の金利は世界的に見て超低水準で、「クロス円(円と外国通貨の組み合わせ)」のほとんどでは買いのポジションを建てると、スワップポイントを日々もらえます。

ところが、ユーロ圏の政策金利は日本以下で、(より金利の低い)ユーロを買って日本円を売ると、逆にスワップポイントを支払わなければなりません。その負担を考慮すれば、ユーロ/円の買いは短期取引に限定したほうが無難であり、そういった意味でも初心者にはハードルが高いかもしれません。

初心者は先進国の通貨がおすすめ

為替差益狙いであれば3つの観点から選んで米ドル/円、スワップポイント目当ての中長期投資であれば豪ドル/円などで慣れていくのが初心者におすすめの投資です。流動性や価格変動の激しさなどを考慮すれば、いきなり新興国通貨から始めるのはリスクが大きいため、まずは先進国通貨の組み合わせがよいでしょう。

それでも最初から新興国通貨に挑戦したい場合には、実効レバレッジをできるだけ低くなるようにポジションを調整するような工夫が必要となります。

約5分で申込完了!最短翌日取引可能

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。