G20閉幕。米中貿易摩擦に関して何も解決策を示せず、さらに長期化へ

東京市場
 東京市場でドル円はじり高の展開に。日経平均がプラス圏に浮上したことや、時間外の米10年債利回りが3.17%台後半まで上昇したことが支えとなりました。

ロンドン市場
 欧州市場は、「メイ首相が本日にも公式声明を発表する可能性」との一部報道を英政府が否定したことや、コーヴェニー・アイルランド外相が「まだ何も合意しておらず、ここ最近の楽観的見方は根拠となるものが少ない」などと発言したため、ブレグジット進展期待が後退しポンド円やポンドドルは下げました。

NY市場
 NY市場は、エッティンガー欧州委員のユーロ高けん制発言を受けて、ユーロ円が弱含みの展開となりました。また、トルコ裁判所は米国人牧師アンドリュー・ブランソン氏の釈放を決定。トルコリラ円は19.26円近辺まで上昇しましたが、事前に期待で買われていただけにその後はいったん利食い売りなどが出た模様で18.75円まで下落。その後は戻して19.08円で取引を終えました。

【今日の主な経済指標】
08:01 GBP ライトムーブ住宅価格[前月比] 10月
13:30 JPY 鉱工業生産・確報値[前月比] 8月
15:30 INR 卸売物価指数(WPI)[前年同月比] 9月
16:00 TRL 失業率 7月
16:15 CHF 生産者輸入価格[前月比] 9月
21:30 USD ニューヨーク連銀製造業景気指数 10月
21:30 USD 小売売上高[前月比] 9月
21:30 USD 小売売上高(除自動車)[前月比] 9月
23:00 USD 企業在庫[前月比] 8月
         USD 月次財政収支 9月
         RUB 実質鉱工業生産[前年比] 9月

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 先週末G20財務相・中銀総裁会議が閉幕しました。多くの国が「貿易摩擦の激化で世界経済のリスクが増している」との認識を示しているものの、議長国であるアルゼンチン・ドゥホブネ財務相の「当事国同士でしか解決できない」の発言に代表されるように、米貿易摩擦に関する解決策は何も示せず、ますます長期化の様相を呈しています。会議ではあまり各国の対立がなかったと伝えられており、ある程度は米国の保護主義を黙認している姿勢があるのではとの見方ができます。今週方向性が示されるものとしては伊予算案と米財務省が公表する為替報告書があります。まずイタリアに関しては期限が迫っているにも関わらず明確な見通しがいまだに伝わっておらず予断を許さない状況といえます。一方為替報告書については、米財務省スタッフがムニューシン財務相に対して「中国は為替操作せず」との報告をしたと一部報道が伝えており、中国が為替操作国に認定される可能性はやや後退しています。しかし、中国が為替操作国と認定された場合、米中貿易戦争が米中通貨安戦争へと拡大する可能性が高く、その場合はドル安・円高圧力が強まるでしょう。

続きを読む...

トルコで拘留されている米国人牧師、釈放するかしないか本日決定予定

東京市場
 東京市場は、前日の米国株安を引き継ぎ日経平均も下げ幅が一時1000円超の動き。これを受けてドル円は119.97円まで下押し。ただ、112円割れでは実需の買いも観測されたとの指摘もあり、112円前半で落ち着いた動きとなりました。

ロンドン市場
 欧州市場は、ユーロ円は強含み。スタートの129.50円近辺から約50銭程度のユーロ高に。なお、欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨では「成長減速の背景にある要因が一時的でないという意見があった」などの見解が示されたが、相場への影響はほとんどありませんでした。

NY市場
 NY市場は、ドル円はほぼダウ平均の動きに連動するような展開に。前半はドル買いが先行し、112.53円近辺まで上昇。しかし、ダウ平均が一時690ドル超と下落するにつれて下降し111.83円と9月18日以来の安値を更新しました。その後株価が少し持ち直すにつれて上昇して112.08円で取引を終えました。

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY マネーストックM2[前年同月比] 9月
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分
09:00 SGD 四半期国内総生産(GDP、速報値)[前期比年率] 7-9月期
09:30 AUD 住宅ローン件数[前月比] 8月
13:30 JPY 第三次産業活動指数[前月比] 8月
15:00 DEM 消費者物価指数(CPI、改定値)[前月比] 9月
18:00 EUR 鉱工業生産[前月比] 8月
21:00 INR 鉱工業生産[前年同月比] 8月
21:30 USD 輸入物価指数[前月比] 9月
21:30 USD 輸出物価指数[前月比] 9月
23:00 USD ミシガン大学消費者態度指数・速報値 10月
 -    USD 月次財政収支 9月

売買比率についてはこちら


-今日のトレードポイント-
 注目点としてまずトルコの拘留されている米国人牧師の問題で、本日トルコ裁判所が釈放するかどうかを決定する模様で、結果次第で相場が動意づく可能性は高いと想定しています。また、現在開催されているG20財務相・中銀総裁会議にも注目。ムニューシン米財務長官は貿易問題等について話し合いを行う予定となっていますが、「米財務省は為替問題を非常に注意深く監視」、「人民元が1年の間に大幅に下落したことを認識」としており、会議の内容次第で来週米財務省が公表する為替報告書で、中国を為替操作国と認定するかどうかも注目となります。

続きを読む...

トルコリラ/円の相場変動に関する注意事項について 注目

平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2018年10月12日(金)、トルコ裁判所にて、米国人牧師の解放是非を問う裁判が予定されております。
判決結果を受けて相場が大きく変動するおそれがあり、取引価格の急激な変動やスプレッドの拡大、また、価格の提示が困難となる可能性がございます。

以下のとおり、取引における注意事項をご理解いただき、ポジションの軽減や追加のご入金等、余裕をもった資金管理を行っていただきますようお願いいたします。

●価格提示およびスプレッドに関するご注意
当社が提示する取引価格は、当社のカバー取引先銀行の取引価格をもとに生成します。相場急変時にはカバー取引先銀行のスプレッドが大幅に拡大することにより、当社においてもスプレッドが大幅に拡大するおそれがございます。また、インターバンク市場(銀行間市場)で取引価格が提示されない状態が発生していると当社が判断した場合には、当社もお客様への取引価格の配信を停止いたします。

※相場急変時には、カバー取引先銀行により取引価格に大きな差異が発生することがあるため、同時刻の取引であっても、FX会社によって取引価格が大きく異なる場合がございます。

●注文の成立に関するご注意
成行注文や逆指値注文等において、注文価格と約定価格にかい離が発生し、また、注文が成立しない可能性がございます。その結果、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。

●ロスカットに関するご注意
本来の水準を大幅に下回る価格でロスカットが執行され、預託された証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。また、ロスカットの執行に通常以上の時間を要する可能性がございます。

※当社のロスカットは、各取引口座(FX口座・シストレ口座)ごとに計算されます。例えば、お客様の「FX口座」の証拠金維持率が100%以下となった場合には、「FX口座」においてロスカットが執行されます。この場合、入出金口座および他の取引口座にご資金があったとしても、「FX口座」でロスカットが行われますのでご注意ください。

●スワップポイントについて
広告表示の金額を提示できないことや平常時と大きく異なる金額を提示する場合がございます。また、受け払いの方向が逆転することや売り・買い両方の取引で支払いになること、場合によっては、営業日の途中で当日スワップポイントを急遽変更させていただく等の可能性もございます。

お客様におかれましては、何卒ご理解、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

追加情報

  • category 重要
  • source new
続きを読む...

リスク回避の円買いの流れはいつ止まる?

東京市場
 東京市場は、総じてさえない動き。ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁の「FRBはさらなる漸進的な利上げを行なうだろう」、「労働市場は非常に強く、インフレ圧力が高まる兆候はない」などの発言が伝わったが、市場の反応は限定的でした。

ロンドン市場
 欧州市場は、まちまちな8月英国経済指標の発表後はポンド安の展開に。しかし昨日に湧き上がったブレグジット交渉の進展期待は依然として根強く、売り一巡後は再び値を戻しました。

NY市場
 NY市場では、長期金利の上昇を嫌気してダウ平均が一時560ドル超の大幅下落となりました。これを受けて市場ではリスク回避姿勢を強め円買い・ドル売りが活発化したためドル円は下落。112.33円で取引を終えました。

【今日の主な経済指標】
08:01 GBP 英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格指数 9月
08:50 JPY 国内企業物価指数[前月比] 9月
08:50 JPY 国内企業物価指数[前年同月比] 9月
15:45 FRF 消費者物価指数(CPI、改定値)[前月比] 9月
15:45 FRF 消費者物価指数(CPI、改定値)[前年同月比] 9月
16:30 SEK 消費者物価指数(CPI)[前月比] 9月
16:30 SEK 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 9月
16:30 SEK 消費者物価指数(CPIコア指数)[前月比] 9月
16:30 SEK 消費者物価指数(CPIコア指数)[前年同月比] 9月
21:00 BRL 小売売上高指数[前年同月比] 8月
21:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
21:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 9月
21:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 9月
21:30 USD 消費者物価指数(CPIコア指数)[前月比] 9月
21:30 USD 消費者物価指数(CPIコア指数)[前年同月比] 9月
21:30 CAD 新築住宅価格指数[前月比] 8月
03:00 USD 月次財政収支 9月

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 国際通貨基金(IMF)が公表した最新の経済見通しで、2018年と19年の世界経済見通しを下方修正したことや、トランプ米大統領が、「9月に課した制裁関税に中国が報復すれば、同国からの残りすべての輸入品に追加関税を適用する」との姿勢を改めて示すなど米中の貿易摩擦激化に対する懸念もある等、市場ではリスク回避の円買いの要素が現状は揃っています。本日は円買いの材料が出れば動きは速く、逆に円売りの材料が出れば動きは限定的になると想定しています。また、15日が提出期限とされる伊予算案が出るまでは仕掛けにくく、それを見極めるまでは様子見という手法も一つだと思います。

続きを読む...

欧州通貨の動向に期待

東京市場
 東京市場は、ドル円はもみ合い。日経平均の下げを受けてリスクオフの円買いが優勢となるも、中国株がプラス圏での動きとなっていることも手がかりに先日のNY市場の終値近辺まで持ち直しました。

ロンドン市場
 欧州市場は、欧州株が軒並み下落したことで、円が全面高の展開。ユーロ円は129.34円まで円高・ユーロ安になりました。その後は欧州株が下げ幅を縮小し始めるとユーロも買い戻しの動きとなり、やや値を戻しました。

NY市場
 NY市場では、長期金利の低下などを手掛かりにドルが売られる展開に。また、欧州株が持ち直したことでユーロ買いの動きが見られて、ユーロドルは強含みとなりました。

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 機械受注[前月比] 8月
08:50 JPY 機械受注[前年同月比] 8月
15:00 NOK 消費者物価指数(CPI)[前月比] 9月
15:00 NOK 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 9月
15:45 FRF 鉱工業生産指数[前月比] 8月
17:30 GBP 貿易収支 8月
17:30 GBP 鉱工業生産指数[前月比] 8月
17:30 GBP 製造業生産指数[前月比] 8月
17:30 GBP 月次国内総生産(GDP)[前月比] 8月
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
21:30 USD 卸売物価指数(PPI)[前月比] 9月
21:30 USD 卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 9月
21:30 USD 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)[前月比] 9月
21:30 USD 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)[前年同月比] 9月
21:30 CAD 住宅建設許可件数[前月比] 8月
23:00 USD 卸売売上高[前月比] 8月
23:00 USD 卸売在庫[前月比] 8月

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 昨日に引き続きイタリア財政への動向や発言等に注目です。また、英国ではGDP等の指標発表がありますが、「EUと英国のブレグジット交渉の進展について月曜日までに離脱条件が決まる可能性」との一部報道もあり、本日は特に欧州系の通貨の動きに妙味がありそうです。相対的にドルは生産者物価指数と指標発表は控えてはいますが、今の欧州の動向に比べれば注目度は薄く何か突発的な動きや発言等がない限り、相場動向は限定的な動きになると想定しています。

続きを読む...

米国冬時間適用に伴うサービス時間変更について 注目

平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2018年11月4日(日)をもって、現在適用されております「米国夏時間(サマータイム)」が終了し、「米国冬時間(標準時間)」へ移行いたします。
本移行に伴い「みんなのFX」「みんなのシストレ」「みんなのオプション」では、2018年11月5日(月)より、取引時間やメンテナンス時間およびフリーダイヤル対応時間などが下記のとおり変更となりますのでお知らせいたします。

【変更日】
2018年11月5日(月)

【変更となる時間】
■みんなのFX・みんなのシストレ
・取引時間
<変更前>月曜日午前7時00分から土曜日午前5時40分
<変更後>月曜日午前7時00分から土曜日6時40分

・火曜日から日曜日の早朝メンテナンス時間
<変更前>午前5時40分から6時00分
<変更後>午前6時40分から7時00分

・「みんなのFX」注文有効期限(本日中、今週中、今月中、日付指定)
<変更前>該当日の午前5時40分
<変更後>該当日の午前6時40分

※月曜日のサービスオープン時間(午前7時)及び土曜日の週末メンテナンス時間(午後0時から午後6時)は変更ございません。

■みんなのオプション
・月曜日から金曜日の取引時間
<変更前>午前7時10分から翌5時10分
<変更後>午前8時10分から翌6時10分

※土曜日の週末メンテナンス時間(午後0時から午後6時)は変更ございません。

■カスタマーサポートフリーダイヤル対応時間
<変更前>月曜日午前7時から土曜日午前6時
<変更後>月曜日午前7時から土曜日午前7時

冬時間への移行に伴い、各国経済指標の発表時刻なども変更となります(1時間遅くなります)のでご注意ください。

トレイダーズ証券では、お客様により良い取引環境をご提供できますよう、日々努力してまいります。
今後とも、トレイダーズ証券をどうぞよろしくお願いいたします。

追加情報

  • category 重要
  • source new
続きを読む...

ご登録情報の変更に関するお願い 注目

平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

当社の取引口座をお持ちのお客様で、現在ご登録いただいている以下のお客様情報に変更がございましたら、速やかに、取引画面(マイページ)の「お客様情報」にて変更手続きを行っていただきますようお願い申し上げます。

・氏名
・住所
・電話番号
・メールアドレス  
・投資可能金額 
・投資目的

▼氏名・住所変更について
氏名・住所変更の際には、変更後の情報が記載された本人確認書類のご送付が必要です。なお、当社にてマイナンバーの登録がお済みでない場合は、氏名・住所変更時にマイナンバーの確認書類のご提出も必要となります。
本人確認書類・マイナンバーの書類に関する詳細はこちら

また、以下の情報について変更がある場合は、お問合せフォームまたはお電話にて、カスタマーサポートまでお届けください。

・年収(主な収入源)
・職業(勤務先等)
外国PEPs への該当の有無
・居住地国
・米国納税義務の有無 

▼カスタマーサポート フリーダイヤル
0120-637-104 月曜AM7時~土曜AM7時(米国夏時間はAM6時まで)

ご登録情報が変更されているにもかかわらず変更手続きがなされていない場合、お取引に制限をかけさせていただくことがございます。
お客様におかれましては、何卒ご理解、ご了承いただきますようお願い申し上げます。 
 

追加情報

  • category 重要
  • source new
続きを読む...

イタリアの予算案に関連してユーロ安の動向は継続か

東京市場
 東京市場は、15日が提出期限とされる伊予算案への警戒感から伊10年債利回りが4年半ぶりの3.5%台に乗せ、伊株が1年半ぶりに節目の2万を割り込んだことで欧州通貨は全般売られる展開に。ユーロは一時130.60円近辺まで下落しました。

ロンドン市場
 欧州市場は、伊株や伊債券の軟調な動きに追随する形で欧州系の通貨は安値圏で張り付く展開となりました。

NY市場
 NY市場では、ドル円は軟調に。東京市場、ロンドン市場の流れを受け円高が進行。さらにダウ平均が前週末比で一時200ドルを超える下落となったことを受け、リスク回避の円買いで、9月27日以来の113円を割れ、112.82円まで下落。その後は米株の下落の勢いが緩み、113.20円で取引を終えました。

【今日の主な経済指標】
08:01 GBP 英小売連合(BRC)小売売上高調査[前年同月比] 9月
08:50 JPY 国際収支・経常収支 8月
08:50 JPY 国際収支・貿易収支 8月
09:30 AUD NAB企業景況感指数 9月
14:00 JPY 景気ウオッチャー調査-現状判断DI 9月
14:00 JPY 景気ウオッチャー調査-先行き判断DI 9月
15:00 DEM 貿易収支 8月
15:00 DEM 経常収支 8月
21:15 CAD 住宅着工件数 9月
22:00 MXP 消費者物価指数(CPI)[前月比] 9月
    KRW 休場

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 イタリア財政への懸念に対する市場の注目は高く、今週はこの動向により相場が動意づく可能性が高いでしょう。当面は懸念が落ち着くまで、もしくは新たに良好な材料が出ない限りユーロ安の流れは継続とみています。その他では、7日に中国人民銀行(中央銀行)が15日から預金準備率を1.0%引き下げると発表したことにも注目。人民銀行は今回の措置が元安圧力にならないとの見解を明らかにしたが、市場の一部には中国が金融政策緩和に傾けたとの見方も出ています。今回の件では大幅な金融緩和につながらないとは判断していますが、引き続きこのような情報にも注視はしていきたいところです。

続きを読む...

先行き不透明感強まる

東京市場
 東京市場は仲値に掛けて買いが入ったことから114.099円まで上昇しましたが、仲値を過ぎると買いが一巡し113.90円付近まで押し戻されました。

ロンドン市場
 欧州市場では米雇用統計前でドル円は揉み合いになるなか、ユーロ円は113.95円から113.14円まで強含みました。

NY市場
 NY市場では非農業部門雇用者数変化が13.4万人増と予想の18.5万人を大幅に下回りドル円は一時113.715円まで下落したものの、失業率が0.1%改善し3.7%だったことから114.07円まで反発しました。ただその後、米長期金利の上昇に嫌気したNYダウが下落したのにつられドル円は113.560円まで反落し前日比では0.227円安い、113.673円で取引を終えました。

【今日の主な経済指標】
10:45 CNY Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI) 9月
14:45 CHF 失業率 9月
15:00 DEM 鉱工業生産[前月比] 8月
       JPY 休場
      CAD 休場

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 先週の前半はイタリアの予算問題を背景にユーロ安が進行しました。その後、報道ベースでやや落ち着くなか、米長期金利の急上昇でNYダウが大幅に下落するなど、急激な金利上昇に嫌気した格好です。今週もイタリアの予算問題、米長期金利の動向、米中貿易戦争、Brexit、米国の会計予算、米中間選挙、トランプ大統領の脱税疑惑にカバノー連邦最高裁判事候補に対する米連邦捜査局の調査など複数の材料がいつ火が付くか先行き不透明な状況です。予想のつかないこういう状況では積極的な取引は手控え動向を見極めたい局面です。

続きを読む...

米長期金利の急上昇を受けて、リスク回避に傾く

東京市場
 東京市場は早朝に軟調な展開となり114.54円から114.35円まで下落したものの、仲値を過ぎると手掛かり不足となり揉み合いとなりました。

ロンドン市場
 欧州市場ではイタリアの予算問題への懸念が燻っていたものの、目立った材料がなかったことでユーロへの買い戻しが入りユーロ円は131.57円まで強含みました。

NY市場
 NY市場では米長期金利の上昇を受けて、NYダウが一時350ドル超の下落となりリスク回避一色になりました。ドル円は114.30円から一時113.635円まで急ピッチに下落し前日比では0.577円安い、113.900円で取引を終えました。

【今日の主な経済指標】
08:30 JPY 全世帯家計調査・消費支出[前年同月比] 8月
08:50 JPY 外貨準備高 9月
09:00 JPY 毎月勤労統計調査-現金給与総額[前年同月比] 8月
10:30 AUD 小売売上高[前月比] 8月
14:00 JPY 景気先行指数(CI)・速報値 8月
14:00 JPY 景気一致指数(CI)・速報値 8月
15:00 DEM 生産者物価指数(PPI)[前月比] 8月
15:00 DEM 製造業新規受注[前月比] 8月
15:45 FRF 貿易収支 8月
15:45 FRF 経常収支 8月
15:45 FRF 財政収支 8月
16:15 CHF 消費者物価指数(CPI)[前月比] 9月
18:00 INR インド中銀政策金利(レポレート)
21:00 BRL IBGE消費者物価指数(IPCA)[前月比] 9月
21:30 CAD 貿易収支 8月
21:30 CAD 新規雇用者数 9月
21:30 CAD 失業率 9月
21:30 USD 貿易収支 8月
21:30 USD 非農業部門雇用者数変化[前月比] 9月
21:30 USD 失業率 9月
21:30 USD 平均時給[前月比] 9月
21:30 USD 平均時給[前年同月比] 9月
         RUB 消費者物価指数(CPI)[前月比] 9月
         CNY 休場
04:00 USD 消費者信用残高[前月比] 8月

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 イタリアの予算問題の先行き不透明感が残るなか、米長期金利が一時3.23%まで上昇し史上最高値を記録していたNYダウは350ドル超の下落になりました。米国は12月にも年4回目となる利上げが予定されているものの、長期金利の急激な金利上昇はインフレ懸念を生み賃金の上昇を招くため、株価が下落しました。本日は米雇用統計が予定されており、平均時給が大きく伸びた場合、再びインフレ懸念から株価下落でリスク回避に大きく舵を切る可能性も考えられるため、雇用統計の結果を受けた長期金利の動向を注視したいです。

続きを読む...
この RSS フィードを購読
トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。