みんなのFX

トルコのイベントスケジュールおよび相場変動について 注目

平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

先週より相場変動が続いているトルコリラ/円(TRY/JPY)について、今後の注意事項をお伝えいたします。

トルコでは、大手格付け会社による格付け発表や大型連休が予定されており、今後も市場の流動性の低下が予想され、取引価格の急変動やスプレッドの拡大、また、価格の提示が困難となる可能性がございます。

■トルコ 今後の予定
8月17日(金) S&P社による格付け発表
8月20日(月) 犠牲祭前夜祭
8月21日(火)~24日(金) 犠牲祭
8月30日(木) 戦勝記念日
9月13日(木) トルコ中銀政策金利発表

以下のとおり、取引における注意事項をご理解いただき、ポジションの軽減や追加のご入金等、余裕をもった資金管理を行っていただきますようお願いいたします。

●価格提示およびスプレッドに関するご注意
当社が提示する取引価格は、当社のカバー取引先銀行の取引価格をもとに生成します。相場急変時にはカバー取引先銀行のスプレッドが大幅に拡大することにより、当社においてもスプレッドが大幅に拡大するおそれがございます。また、インターバンク市場(銀行間市場)で取引価格が提示されない状態が発生していると当社が判断した場合には、当社もお客様への取引価格の配信を停止いたします。

※相場急変時には、カバー取引先銀行により取引価格に大きな差異が発生することがあるため、同時刻の取引であっても、FX会社によって取引価格が大きく異なる場合がございます。

●注文の成立に関するご注意
成行注文や逆指値注文等において、注文価格と約定価格にかい離が発生し、また、注文が成立しない可能性がございます。その結果、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。

●ロスカットに関するご注意
本来の水準を大幅に下回る価格でロスカットが執行され、預託された証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。また、ロスカットの執行に通常以上の時間を要する可能性がございます。

※当社のロスカットは、各取引口座(FX口座・シストレ口座)ごとに計算されます。例えば、お客様の「FX口座」の証拠金維持率が100%以下となった場合には、「FX口座」においてロスカットが執行されます。この場合、入出金口座および他の取引口座にご資金があったとしても、「FX口座」でロスカットが行われますのでご注意ください。

●スワップポイントについて
広告表示の金額を提示できないことや平常時と大きく異なる金額を提示する場合がございます。また、受け払いの方向が逆転することや売り・買い両方の取引で支払いになること、場合によっては、営業日の途中で当日スワップポイントを急遽変更させていただく等の可能性もございます。

お客様におかれましては、何卒ご理解、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

追加情報

  • category 重要
  • source new
続きを読む...

ドル円は上値が重い

東京市場
 東京市場のドル円は仲値に向けた買いが散見され堅調に推移するなか、日経平均の上昇もサポート材料となり110.65円から111.15円まで上昇しました。

ロンドン市場
 欧州勢参入後は東京市場の流れを引き継ぎ買いで反応したものの、上値の重さ確認すると110.76円まで反落しました。

NY市場
 NY市場では多くの取引参加者が夏休みに入って積極的な取引が手控えられるなか、ドル円は上下にチョッピーな展開となったものの、111.313円まで上値を広げ前日比では0.473円高い、111.149円で取引を終えました。

≪2018年8月14日クローズ時点≫
ドル・円:「ブル」   売り36% 買い64%
ユーロ・円:「ブル」    売り43% 買い57%
英ポンド・円:「ブル」 売り25% 買い75%
豪ドル・円:「ブル」  売り11% 買い89%
NZドル・円:「ブル」  売り9%  買い91%
ユーロ・ドル:「ブル」 売り49% 買い51%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 貿易統計(通関ベース) 7月
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分
10:30 AUD 新規雇用者数 7月
10:30 AUD 失業率 7月
16:00 TRL 鉱工業生産[前月比] 6月
17:30 GBP 小売売上高指数[前月比] 7月
18:00 EUR 貿易収支 6月
21:30 CAD 製造業出荷[前月比] 6月
21:30 USD 住宅着工件数[年率換算件数] 7月
21:30 USD 住宅着工件数[前月比] 7月
21:30 USD 建設許可件数[年率換算件数] 7月
21:30 USD 建設許可件数[前月比] 7月
21:30 USD フィラデルフィア連銀製造業景気指数 8月
21:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分

-今日のトレードポイント-
 ドルの行方は
 米国の良好なファンダメンタルズを背景に金利先高感からドル高が進みユーロドルは直近のレンジをブレイクし2017年7月以来となる1.1330ドルまできました。短期的にはドルを売る材料が見当たらないため、ドル高優位の流れは継続するとみています。ただ、今年は11月に米中間選挙を控えています。為替の世界では中間選挙の年はドル安円高になるというアノマリーがあるのをご存知でしょうか。1973年に完全変動相場制に移行してから米中間選挙は11回あり、そのうち9回がドル安になりました。また、前回2014年の中間選挙の年は日銀の黒田バズーカによる超異次元金融緩和でドル高円安に誘導されたことを除けば、実に10回に9回がドル安になり90%の高確率になります。時の米政権は中間選挙を勝ち抜くために輸出業者の大票田を得るためにドル安に誘導すると言われています。そのため、政権にとって中間選挙を考えるとドル高が進むことは面白くなく、またトランプ大統領自身も「ドル高は米国に不利益」と過去に発言していることから、このままドル高が進むとは考え難いです。タイミングをみて、ドル高けん制をしてくるものと考えられるため、突発的なドル安に注意して取引に臨みたい局面です。

 トルコ情勢について
 トルコリラ円は再び史上最安値を更新し一時15円台まで下落しました。高いボラティリティを背景に多くの投機マネーも流入しているなか、為替にはサーキットブレイカーがないため、トルコリラ安が止まらないといった現象になりました。ただ、史上最安値を付けた後にエルドアン大統領は火消しに走り17円台まで戻りました。また、米国との関係悪化を招いているブランソン米牧師を解放するのではと一部の噂が出るなど期待感もあります。ただし、現在のトルコリラ安は米国との関係悪化のほかに高いインフレにあります。インフレが止まらない状況ではトルコリラ安に歯止めが掛からないため、利上げが行われない限り上昇局面では戻り売りが有効になりそうです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円  110.20-112.20
ユーロ・円 125.00-127.50
ポンド・円 140.00-142.50
続きを読む...

店頭デリバティブ取引説明書等の一部改訂について 注目

平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2018年8月14日(火)に、『店頭デリバティブ取引説明書』および『契約締結前交付書面』の内容を一部改訂いたしますので、必ずご確認いただきますようお願い申し上げます。

■改訂日
2018年8月14日(火)

■「店頭デリバティブ取引説明書」における主な改訂箇所
当社の概要の変更

■「契約締結前交付書面」における主な改訂箇所
会社の概要の変更

  <改訂書面と変更箇所>
・「店頭デリバティブ取引説明書」新旧対照表はこちら
・「店頭デリバティブ取引説明書」はこちら
・「契約締結前交付書面」新旧対照表はこちら
・「契約締結前交付書面」はこちら

本変更に関するお問い合わせは、下記カスタマーサポートまでお電話をくださいますようお願い申しあげます。

▼カスタマーサポート 0120-637-104 
月曜AM7時~土曜AM7時(米国夏時間はAM6時まで)

トレイダーズ証券では、お客様により良い取引環境をご提供できますよう、日々努力してまいります。
今後とも、トレイダーズ証券をどうぞよろしくお願いいたします。

追加情報

  • category 重要
  • source new
続きを読む...

本日、日経CNBCにて当社ディーラー井口がトルコについて解説します


平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

本日、8月14日(火)12時25分より放映の日経CNBC(有料サイト)「昼エクスプレス」に、当社ディーラー・井口喜雄が電話インタビューにて緊急生出演いたします。

番組では昨今のトルコ情勢やトルコリラ相場の行方等について解説いたします。
ご興味のある方はぜひご覧ください。
なお出演時間は14時13分頃から5分程度を予定しております。


番組サイト

追加情報

  • category お知らせ
  • source new
続きを読む...

リラ安止まらず

東京市場
 東京市場のドル円は早朝のトルコリラの急落につれて売りが先行するなか、日経平均が一時350円超安となりリスク回避的な売りも加わったことで110.111円まで下落しました。

ロンドン市場
 欧州勢参入後は緩やかに下値を切り上げる展開になるなか、「トルコに拘束されている米国人牧師ブランソン氏が8月15日までに釈放される」との噂が伝わると110.934円まで大幅に反発しました。

NY市場
 NY市場ではトルコの在米大使館がブランソン氏の釈放の噂を否定したことでドル円は小幅に反落。その後、NYダウの下落もドル円の上値を重くし110.60円まで軟化し前日比では0.179円安い、110.676円で取引を終えました。

≪2018年8月14日クローズ時点≫
ドル・円:「ブル」   売り34% 買い66%
ユーロ・円:「ベア」 売り47% 買い53%
英ポンド・円:「ブル」 売り26% 買い74%
豪ドル・円:「ブル」  売り12% 買い88%
NZドル・円:「ブル」  売り9%  買い91%
ユーロ・ドル:「ベア」 売り51% 買い49%

【今日の主な経済指標】
13:30 JPY 鉱工業生産・確報値[前月比] 6月
15:00 DEM 国内総生産(GDP、速報値)[前期比] 4-6月期
15:00 DEM 国内総生産(GDP、速報値)[前年同期比] 4-6月期
15:00 DEM 消費者物価指数(CPI、改定値)[前月比] 7月
15:30 INR 卸売物価指数(WPI)[前年同月比] 7月
15:45 FRF 消費者物価指数(CPI、改定値)[前月比] 7月
15:45 FRF 消費者物価指数(CPI、改定値)[前年同月比] 7月
16:15 CHF 生産者輸入価格[前月比] 7月
17:30 GBP 失業保険申請件数 7月
17:30 GBP 失業率 7月
17:30 GBP 失業率(ILO方式) 6月
18:00 EUR 鉱工業生産[前月比] 6月
18:00 EUR 四半期域内総生産(GDP、改定値)[前期比] 4-6月期
18:00 EUR 四半期域内総生産(GDP、改定値)[前年同期比] 4-6月期
18:00 DEM ZEW景況感調査(期待指数) 8月
18:00 EUR ZEW景況感調査 8月
21:30 USD 輸入物価指数[前月比] 7月
21:30 USD 輸出物価指数[前月比] 7月

-今日のトレードポイント-
 先週に続いて、トルコ発のリスクオフに反応し新興国通貨も軒並み下落する一方で、ドル高の優位は揺るがずユーロドルは直近のレンジブレイクし1.1388ドルまできました。米国の良好なファンダメンタルズを背景に新興国から投資資金の回収が進んでおり、新興国通貨にとってはますます厳しい情勢になりそうです。また、トルコは米国との関係悪化を背景にトルコリラ安が継続しており、関係改善への道のりが不透明のためリスク管理をしっかりとして乗り切りたい局面です。

[今日の予想レンジ]
ドル・円  109.50-111.50
ユーロ・円 125.20-132.20
ポンド・円 140.00-142.20

続きを読む...

トルコリラ/円等の相場変動に関する注意事項について 注目

平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

先般ご案内いたしましたとおり、現在、トルコリラ/円(TRY/JPY)のほか、新興国通貨ペアである南アフリカランド/円(ZAR/JPY)およびメキシコペソ/円(MXN/JPY)においても急激な相場変動が起こりやすい状況となっております。

今後も、急激な相場変動により取引価格が大きく変動することや、市場の流動性の低下により価格の提示が困難となる可能性がございます。
以下のとおり、当社における注意事項につきまして改めてご理解いただき、十分ご注意くださいますようお願い申し上げます。

●価格提示に関するご注意
取引価格が大きく変動することや、市場の流動性の低下により価格の提示が困難となる可能性がございます。

●スプレッドの拡大に関するご注意
マーケットレートが拡大することが予想され、当社においてもやむを得ず平常時に比べ拡大したスプレッドを配信させていただく可能性がございます。

●注文の成立に関するご注意
成行注文や逆指値注文等において、注文価格と約定価格にかい離が発生し、また、注文が成立しない可能性がございます。その結果、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。

●ロスカットに関するご注意
本来の水準を大幅に下回る価格でロスカットが執行され、預託された証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。また、流動性の低下に伴い、ロスカットの執行に通常以上の時間を要する可能性がございます。

※当社のロスカットは、各取引口座(FX口座・シストレ口座)ごとに計算されます。例えば、お客様の「FX口座」の証拠金維持率が100%以下となった場合には、「FX口座」においてロスカットが執行されます。この場合、入出金口座および他の取引口座にご資金があったとしても、「FX口座」でロスカットが行われますのでご注意ください。

●スワップポイントについて
広告表示の金額を提示できないことや平常時と大きく異なる金額を提示する場合がございます。また、受け払いの方向が逆転することや売り・買い両方の取引で支払いになること、場合によっては、営業日の途中で当日スワップポイントを急遽変更させていただく等の可能性もございます。

お客様におかれましては、何卒ご理解、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

追加情報

  • category 重要
  • source new
続きを読む...

ドル円は荒い値動きもトレンドは出ず

先週、金曜日(10日)のサマリ

東京市場
 東京市場のドル円は小高く始ったものの、日経平均が150円超安となったことをきっかけにリスクオフが強まるなか、トルコリラが史上最安値となる暴落も重なり111.10円から110.68円まで下落しました。

ロンドン市場
 欧州勢参入後は円買いで反応したことで110.70円まで下値を広げたものの、円買いが一巡すると売り戻す展開となり再び111.10円まで上昇したことで「行って来い」になりました。

NY市場
 NY市場ではトルコリラが下げ止まらないなか、トランプ大統領がツイッターでトルコへの経済制裁を指示したことからトルコリラ円はスパイクしながら一時15.90円まで下落し、ドル円もつれて110.51円まで下落しました。もっとも、引けにかけてトランプ米大統領の顧問弁護士ジェイ・セキュロー氏が「トルコについて解決に近づいている」と述べたことから投資家のリスク回避姿勢が後退し三度111円台となる111.10円まで戻し前日比では0.226円高い、110.855円で取引を終えました。

≪2018年8月10日クローズ時点≫
ドル・円:「ブル」   売り31% 買い69%
ユーロ・円:「ブル」    売り45% 買い55%
英ポンド・円:「ブル」 売り23% 買い77%
豪ドル・円:「ブル」  売り9%  買い91%
NZドル・円:「ブル」  売り7%  買い93%
ユーロ・ドル:「ベア」 売り51% 買い49%


【今日の主な経済指標】
9:00 SGD 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前期比年率] 4-6月期

-今日のトレードポイント-
 日米通商協議は2日間の日程を終えたものの、肩透かしにあった印象のある協議になりました。市場では「非関税障壁」のエコカー減税や軽自動車税、安全規制等が懸念されていました。会議後の会見で茂木敏充経済再生相は「次回日米貿易協議は9月を目処に」「日米は貿易拡大で合意」 と述べて議論は持ち越しになりました。為替への影響もトルコリラに市場の注目が集まったことで限定的なものでした。これで直近のリスクイベントを無事に通過したことで金利先高感から再びドル買いが強まるかもしれません。懸念点はトランプ大統領が中間選挙に向けてドル安に誘導するなどのキャンペーンを張ってくる可能性があり、頭の片隅に入れて取引にのぞみたいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円  109.80-111.90
ユーロ・円 125.50-127.50
ポンド・円 140.50-142.50

続きを読む...

お客様のご要望にお応えして、ポンド&オージーFESTIVALの条件変更!



平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

現在、「みんなのFX」ではポンド及び豪ドルの取引高に応じてキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しており、おかげさまで大変ご好評をいただいております。
ポンドFESTIVAL
オージーFESTIVAL

この度、お客様からのご要望にお応えして、両キャンペーンの条件を一部変更することにいたしました。これまでは、1回の取引が30Lotを超えるお取引は対象外とさせていただいておりましたが、1回の取引が50Lot以下の取引まで対象とさせていただくことになりました。また、この変更はキャンペーン開始日である2018年8月6日(月)以降のお取引に適用させていただきます。

【変更前】1回の取引が30Lotを超えるお取引は対象外
【変更後】1回の取引が50Lotを超えるお取引は対象外

この機会にぜひ「みんなのFX」での、お取引をご検討ください。

トレイダーズ証券では、お客様により良い取引環境をご提供できるよう、日々努力して参ります。今後とも、トレイダーズ証券をどうぞよろしくお願いいたします。

追加情報

  • category キャンペーン
  • source new
続きを読む...

鈴木奈々さんがFXに初挑戦!動画「はじめてのFX」最終話公開



平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2018年8月10日(金)にFX初心者向け動画コンテンツ最終話を公開しました。
この動画は、「みんなのFX」のイメージキャラクターである鈴木奈々さんがFXを勉強しながら実際に取引をする映像を通して、FXとはどのような取引なのか、わかりやすく伝える内容となっています。

最終話では、鈴木奈々さんが1話、2話で学んだFXの知識を活かし、一人でFX取引に挑戦する様子をご覧いただけます。マイホームを建てるといった夢に少しでも近づけるのでしょうか。こちらの特設ページにて1話、2話、最終話ともに公開されておりますので、ぜひご覧ください。
特設ページ

なお、動画にて鈴木奈々さんの講師役を務めた当社為替ディーラー井口喜雄による会場セミナーを2018年9月8日(土)に開催します。FXで利益をあげるためのポイントや注意点を現役為替ディーラーがわかりやすく解説します。こちらも詳細は特設ページにてご覧ください。

トレイダーズ証券では、お客様により良い取引環境をご提供できるよう、日々努力して参ります。
今後とも、トレイダーズ証券をどうぞよろしくお願いいたします。

追加情報

  • category お知らせ
  • source new
続きを読む...

トルコリラ/円の相場変動にご注意ください 注目

平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

本日8月10日(金)、トルコリラ/円(TRY/JPY)のレートが過去最安値を更新しました。
今後も、急激な相場変動により取引価格が大きく変動することや、市場の流動性の低下により価格の提示が困難となる可能性がございます。
トルコリラ/円を始めとする新興国通貨をお取引する際には、ポジション管理および資金管理に十分ご注意くださいますようお願い申し上げます。

また、場合によっては、営業日の途中で当日スワップポイントを急遽変更させていただく等の可能性もございます。

お客様におかれましては、何卒ご理解、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

追加情報

  • category 重要
  • source new
続きを読む...
この RSS フィードを購読
トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。