ロスカットについて

ロスカットとは

ロスカットの意味と目的

ロスカットとは、未確定(決済前)の損失である含み損が一定の水準に達したときに、ポジションを自動的に強制決済する仕組みのことです。
一方、FX会社によって強制的に決済されるのではなく、自らポジションを決済することを「損切り」と言います。
ロスカット(または強制ロスカット)と聞くとネガティブな印象を持たれる方もいるかもしれませんが、むしろ逆です。ポジションを自動的に強制決済するロスカットは損失の拡大を防ぎ、投資家の資産を守るための安全装置的な役割を果たしています。

どのような金融商品であっても損失をかかえてしまうリスクがつきまといます。FXも例外ではなく、利益を期待して取引開始したものの為替レートの動き次第では大きな損失になることもあります。お客様の損失額が拡大し不足金が発生してしまう事態を避けるために、ロスカット制度がありますのでしっかりと内容を理解しておきましょう。

>FXのロスカットとは?取引をする上で重要な意味が!

「みんなのFX」のロスカットのルール

FX会社のロスカットルールを比較すると、それぞれ違うことがわかります。当社の「みんなのFX」では、FX口座の証拠金維持率を常に判定しており、証拠金維持率が100%以下になった場合にロスカットが執行され、保有しているすべてのポジションについて、自動的に決済の成行注文が発注されます。FX会社によっては、証拠金維持率が80%や50%以下でロスカットになる会社もあれば、ロスカットのルールの違いによるコースが複数用意されユーザーが選べる会社もあるようです。当社が証拠金維持率100%でのロスカットを採用しているのは、相場が思惑と反対方向に動いてしまった際の損失をできる限り小さくするためです。また、ロスカットになった際に手数料が発生する会社もありますが、「みんなのFX」ではロスカット手数料は無料です。

ロスカットの注意点

さて、ここで注意しておきたいのが、FX口座の証拠金維持率が100%以下になった場合にロスカットは執行されますが、証拠金維持率が100%となる価格での約定や損失額を保証するものではないということです。流動性の低下などにより、ロスカットのための決済注文が約定せずにさらに損失が拡大してしまうリスクがあり、預託された証拠金を上回る損失が発生する可能性もあります。

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率は、お客様の純資産と、保有ポジションにかかる必要証拠金の余力を示すための数字です。証拠金維持率の計算方法は以下のとおりです。

証拠金維持率(%)= 純資産 ÷ 必要証拠金 × 100%

※上記の計算式における「必要証拠金」とは、ポジションを維持するために必要な金額を指します。

ロスカットを回避するには

では、ロスカットを回避するにはどうすればいいでしょうか。2つの方法をご紹介します。

  1. FX口座に追加の資金を入金する
    追加証拠金(追証)を入金すると純資産が増え、証拠金維持率が上昇します。気をつけなければいけないのは、一度生じた相場のトレンドは継続しやすいこともあり、相場のトレンドの流れが反転せず、再びロスカットになるケースがあるということです。ですので、この判断をする際には、今後どのぐらいまで相場が動く可能性があるのか考えたうえで余裕をもった金額を入金するようにしましょう。
  2. ポジションの一部を決済する
    複数のポジションを保有している場合、その一部を決済すれば必要証拠金が減ります。必要証拠金を減らすと、証拠金維持率が上昇しますので、ロスカットを回避することが可能となります。

ロスカットが発生する事例

FX口座に50万円を振替し、ポジションを保有してロスカットが発生するまでの流れを、口座照会を用いてご説明します。

※スプレッド(売値と買値の価格差)やスワップポイント、他のポジションや注文は考えないこととします。
※計算上、おおよその数字となるため、必ずしも記載どおりの数字にならない場合がございます。予めご了承ください。

  • ポジションを保有していない場合
  • 口座照会

    口座残高 500,000 必要証拠金 0
    約定評価損益 0 注文証拠金 0
    建玉評価損益 0 建玉可能額 500,000
    スワップ 0 振替可能額 500,000
    純資産額 500,000 証拠金維持率 -
  • 買いポジションを10Lot保有し、評価損益は0円の場合

    1米ドル=100円の時に買いポジションを10Lot(100,000通貨)保有したと仮定します。個人口座の場合レバレッジは25倍なので、必要証拠金は10Lotで400,000円となります。

  • 証拠金維持率125.00%

    口座照会

    口座残高 500,000 必要証拠金 400,000
    約定評価損益 0 注文証拠金 0
    建玉評価損益 0 建玉可能額 100,000
    スワップ 0 振替可能額 100,000
    純資産額 500,000 証拠金維持率 125.00%
  • 買いポジションを10Lot保有し、相場が下落し、評価損が50,000円発生した場合

    1米ドル=99.500円になると、50,000円の評価損が発生し、ロスカットに近づきます。

  • 証拠金維持率113.06%

    口座照会

    口座残高 500,000 必要証拠金 398,000
    約定評価損益 -50,000 注文証拠金 0
    建玉評価損益 -50,000 建玉可能額 52,000
    スワップ 0 振替可能額 52,000
    純資産額 450,000 証拠金維持率 113.06%
  • 買いポジションを10Lot保有し、相場がさらに下落し、ロスカットが発生する場合

    1米ドル=98.9583円になると、104,170円の評価損が発生し、ロスカットが行われます。

  • 証拠金維持率100%

    口座照会

    口座残高 500,000 必要証拠金 395,830
    約定評価損益 -104,170 注文証拠金 0
    建玉評価損益 -104,170 建玉可能額 0
    スワップ 0 振替可能額 0
    純資産額 395,830 証拠金維持率 100.00%

通常、上記の例の場合、ロスカット機能はレートが98.9583円になった時点で発動しますが、急激な相場状況等により98.9583円からかい離する場合もございます。必ずしも証拠金維持率が100%時点のレートでロスカットが執行されるわけではありません。予めご了承ください。

ロスカットの執行を防ぐために必要な心得

実効レバレッジは低くする

ロスカットは損失の拡大を防ぐ安全装置と冒頭で述べましたが、強制的に決済されてしまうロスカットはなるべく避けたいものです。ここではロスカットを防ぐために有効な心得を2つご紹介します。

一つ目は、実効レバレッジを低くすることです。「実効レバレッジ」という言葉は初めて聞く方はこちらのページ「レバレッジとは?」で詳細を解説していますのでご覧ください。保有中のポジションに対してギリギリの資金で取引すると(実効レバレッジが高い状態)、相場が予測と反対方向に動いたときにすぐにロスカットになってしまいます。目安として実効レバレッジを3倍程度に抑えると良いでしょう。なるべくロスカットに陥らないよう、実効レバレッジを確認しながらポジションを管理することが大切です。
ポジションを持った場合の実効レバレッジを算出できる「実効レバレッジシミュレーション」もぜひ活用してみてください。

あらかじめ損切りの注文を入れておく

二つ目は、ポジションを建てるときに、あらかじめ損切りの逆指値注文も入れておくことでロスカットが執行される前に、早期にポジションを解消する方法です。自分で損切の値幅を決めるので、想定外の損失は防げるようにもなります。また、強制ロスカットではすべてのポジションが一斉に決済されてしまいますが、あらかじめ注文時に損切りの逆指値注文も入れておけば、ポジションごとに損切り決済されるので、利益が出ているポジションまで決済されてしまう心配もありません。
注文時には「証拠金シミュレーション」を活用するのもよいでしょう。どのくらい相場が動いたら強制ロスカットになるのか、簡単にシミュレーションする計算ツールです。

  • ロスカットは各取引口座ごとに計算されます。他の口座にご資金があったとしても、FX口座のご資金によってはロスカットが発生する場合があります。
  • FX口座の必要証拠金は、リアルタイムレートで常に計算されるので、レートが変動すれば必要証拠金も変動します。シストレ口座の計算方法とは異なりますのでご注意ください。
  • みんなのオプションでは単独で建玉の評価を行う仕組みを用いるため、ロスカット取引は生じません。
  • FX口座の口座照会項目の詳細はこちらをご確認ください。

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。