レバレッジとは?

FXの最大のメリットは、他の外国為替取引とは違い、レバレッジ(leverage)効果で効率的に利益を追求できることにあります。レバレッジは重いものを容易に持ち上げられる「てこの作用」に似ていると言われますが、いったいどんなメカニズムなのでしょうか?

てこの原理を利かせてFXを取引できるレバレッジとは?

てこを用いると、自力では動かせなかった重いものを持ち上げることが可能となります。なぜなら、自分の加えた力がてこによって何倍にも増幅されているからです。

FXのレバレッジ(leverage)にも、てことよく似た働きがあります。レバレッジという言葉が「てこの力」や「てこの作用」といった意味を有しており、担保として預けた証拠金の何十倍にも相当する資金を動かして取引できるからです。少ない資金で大きな金額の取引ができる仕組みを「レバレッジ効果」と呼びます。(株式投資では信用取引においてレバレッジが用いられます。)

たとえば、1ドル=100円の時点において2.5万ドル分(250万円)の投資を行うには、外貨預金のような商品であれば、当然ながら2.5万ドル分(250万円)の資金が必要になります。これに対し、FXであれば10万円分の証拠金で2.5万ドルのポジションを建てることができます。この場合、250万円相当÷10万円で「25倍のレバレッジを利かせている」ことになります。

そして、為替相場で円安が進み、1ドル=110円に達したと仮定しましょう。この時点でポジションを決済すれば、1ドル当たり10円の為替差益が発生した計算になり、2.5万ドルを投じていたので25万円(2.5万ドル×10円)が得られます。
つまり、10万円の元手(証拠金)で25万円のリターンを達成したのです。これに対し、同じタイミングで売買していても、外貨預金なら250万円の元手で25万円の利益となり、レバレッジを利かせることにより効率的に資金を増やせることがわかります。

レバレッジの倍率を上げるほど、効率的にリターンを狙える!

日本国内で登録を受けているFX会社は日本の金融庁が定めたルールや規制に基づいたサービスを展開しており、かけられるレバレッジは個人名義の口座の場合25倍が上限となっています。先程の具体例は、この最大レバレッジで行ったシミュレーションです。

同じケースでレバレッジを10倍にとどめると、1ドル=100円の時点で10万円の証拠金で1万ドルのポジションを建てられます。ポジションとは、自分が買いや売りで保有している外貨の持ち高のことです。その後、やはり1ドル=110円の時点で決済すれば、1ドル当たり10円の為替差益が発生し、10万円のリターンが得られます。

ならば、5倍のケースではどうなるのか?1ドル=100円の時点において10万円の証拠金で5,000ドルのポジションを建てられます。そして、1ドル=110円の時点で決済すれば、1ドル当たり10円の為替差益が発生し、5万円のリターンとなります。

同じ10万円の証拠金でもレバレッジの利かせ方次第で、このようにリターンが異なってくるわけです。言い換えれば、レバレッジの倍率を高めるほど、効率的に増やすことが可能となります。

>レバレッジに関するよくある質問

レバレッジを利かせた取引のポイント

ポジションの持ちすぎには要注意!

メリットの大きいレバレッジにも、注意すべきポイントがあります。レバレッジを最大限まで高める(少ない証拠金で目一杯のポジションを建てる)ということは、大きな利益を期待できる一方で、危うさを秘めているのです。

たとえば100万円の資金を用意して、その資金に対して100万円全額でポジションをとってしまうトレーダーもいます。このような取引をすれば当然ながらリスクは高まります。
ただし、現実には “安全装置”(ロスカットルール)が設けられており、ここまで損失が膨らむ前に取引が自動的に強制終了するようになっています。とにかく、レバレッジの倍率をいたずらに高くすると、それだけリスクも高くなるということをより具体的にイメージしていただきたかったのです。

>FXのロスカットとは?取引をする上で重要な意味が!

証拠金は多めに預ける

FXでレバレッジを利かせた取引を行う際には、必要証拠金、証拠金維持率、ロスカットという3つのキーワードが重要な意味を持ってきます。必要証拠金とは、25倍のレバレッジ(個人口座の場合)を利かせたポジションを維持するために担保として最低限必要となる資金のことです。

1米ドル=100円の時点で2.5万ドルの買いポジションを建てる(25倍のレバレッジを利かせる)なら、必要証拠金は「25,000×100÷25=10万円」となります。ただし、ポジションを建てた後に為替相場が変動して為替差損(評価損)が発生すれば、その分だけ純資産額が減少します。

必要証拠金しか預けていなかった場合は、即座に証拠金不足に陥るわけです。したがって、実際には必要証拠金よりも多めの資金を口座に入れておき、一定範囲内の為替差損に耐えられるような体制で取引を行うのが鉄則となっています。

たとえば、必要証拠金は10万円であっても、口座に50万円を預けておけば、その後に1ドル=99円の円高になって2万5千円の評価損が発生しても 、純資産額はまだ47万5千円です。 さらに47万5千円の相場変動が出るまで、証拠金不足には陥りません。

こうして為替差損が発生した際に、証拠金不足になる危険性がどれだけ高まっているのかを示すバロメーターが証拠金維持率と呼ばれるものです。「純資産(その時点で全ての取引を終了した場合の資産)÷必要証拠金×100 」という計算式で算出されており、「みんなのFX」の場合はこの数値が100%超で推移していれば証拠金不足となりません。

しかし、証拠金維持率が100%以下になると証拠金不足が発生します。すると、「みんなのFX」ではすべてのポジションが自動的に決済されるルールになっています。
これがロスカットと呼ばれるものです。口座の証拠金維持率が100%以下となった時点で自動的に決済が行われ、さらなる損失の拡大を防ぎます。

>みんなのFXのロスカットのルールについて

むやみに大きなポジションを持たず、実効レバレッジを抑えよう!

FXにおいて心がけたいのは、最大で証拠金の25倍の資金を動かせるからといって、むやみに大きなポジションを建てないようにすることです。それはけっして難しいことではなく、実効レバレッジを意識していれば簡単に実践できます。

実効レバレッジとは、純資産額に対して現在のポジションが何倍に達しているのかを示した数値です。つまり、実際の運用レバレッジです。

実効レバレッジがあまり高くなりすぎないように気をつければ、おのずとリスクも抑えられるということです。「みんなのFX」では「実効レバレッジシミュレーション」というツールを用意しており、取引する通貨ペアのレートや数量、純資産額を入力すれば、自分が建てようとしているポジションの実効レバレッジが何倍なのかを簡単に計算でき、自分で実効レバレッジを変更することができます。

一般的には、実効レバレッジを3倍程度にとどめておけば、簡単には証拠金不足に追い込まれるおそれがないとされています。最初のうちはこの程度の倍率で感触を確かめ、慣れてきたら次第に実効レバレッジを引き上げていくというやり方が良いでしょう。

また、トレードでは損失を極力小さく抑えながら(読みが外れても粘りすぎない)、利益はできるだけ伸ばす(読みが当たれば強気で粘る)という“損小利大”が有効だと言われています。その観点から、ロスカットが発生する前に自分の判断でストップロス(損失拡大を食い止める見切り売り)の注文を設定するのも一考でしょう。

>実効レバレッジをシミュレーションしてみる

>FXで注文する際のポイント

>FXの注文の種類

>実際に取引してみよう

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。