ドル/円と高金利通貨を短中期で運用|デイトレ投資&中長期スワップ狙い混合派

家族の将来のために投資を開始

元々は、将来への資産形成のために日本株を取引していたのですが、サラリーマンという職業上、値動きが一番活発な平日の午前中に思うように取引ができず、せっかく利益が出ていても利益確定をするタイミングを逃し悩んでいました。

そこで、投資経験の長い知人に相談したところ、すすめられたのがFXです。FXであれば会社から帰宅後に、食事や入浴、明日の準備を終わらせてからでも値動きの活発なNY時間(日本時間の21時~22時頃から開始)の取引に参加できると知り、本格的にFX取引を開始しました。

取引経験を重ねる中で、段々とNY時間帯の値動きの癖がわかってきたので、現在では取引するのに効率的な米株式市場がオープンする時間帯や、重要指標発表時間だけを狙ってトレードしています。

通貨ペアは米ドル/円とメキシコペソ/円を選択

米ドル/円の値動きは米金利の推移との相関性が高く、値動きの方向性がわりと掴みやすいため選びました。また、スプレッドが広い通貨を選ぶと含み損が広がるスピードも速く、強制ロスカットになってしまったり、短期で何回も取引すると結局はスプレッド負けしてマイナス収支になったりしがちです。その点、米ドル/円はスプレッドが狭いので、コストが少なく利益を最大化できます。

米ドル/円はレンジ相場になる期間が長くトレンドが出なくなる場合もあるので、そのようなときは、メキシコペソ/円が下がった時に押し目買いしています。もちろんこの通貨を選んだ理由は、大きなスワップポイント。大きく値下がりしなければ保有しているだけで利益がプラスになっていくところが気に入っています。

> メキシコペソ/円の特徴と今後の見通し

デイトレード&スワップ狙いで高金利通貨を保有

米ドル/円を取引する際は、15分足~1時間足でトレンドが出ているときにのみ5分足でエントリーし目標利確値は10pips程度。あまり欲を出さないように心がけています。

またロスカットされないよう、ポジション数は最大2つまで。決済できず睡眠時間が減ってしまうと本業に影響がでるので、自分の思惑と動きが違うなら24:00を目処に必ず決済して、その日のトレードを終了することにしています。

テクニカル指標は主に、EMA(Exponential Moving Average:指数平滑移動平均線)を使用しています。期間設定が異なるEMAを3本表示させて3本が同じ方向に向いている場合は、トレンド発生と判断しその方向にトレードしています。また、意識されていそうなレジスタンスや、サポートラインを引いてトレードの優位性を高めています。

メキシコペソ/円を取引する際は、スワップポイント狙いの中長期投資ですので、「高値掴みをせず押し目を買う」というマイ・ルールを設けています。その判断のひとつに使うテクニカル指標がRSI(Relative Strength Index:相対力指数)です。

RSIの数値を14から24に変更し、日足チャートでRSI下限30%ラインを下回ったらロング(買いポジションを持つ)しています。このようなやり方で買いを段階的に入れていけば、ドルコスト平均法によって平均取得単価が有利になり、急な下落に備えられるところが、自身には合っているように思います。

情報収集はTwitterと経済指標アプリがメイン

某専業トレーダーさんのTwitterを毎日欠かさずチェック。仕事の合間にチェックするチャートや、ファンダメンタルズ分析については某専業トレーダーさんのブログを参考にさせてもらっています。10年の取引の中で、10人が発信する情報を見るより、本当に信頼できる2~3人の情報のほうがよいと学びました。また、月間や週間の経済指標を確認しトレード計画を立てるときには、FXアプリの経済指標カレンダーを使っています。

> 経済指標カレンダー

同じような取引がおすすめの方

  • ・1日に何度も市場チェックできる時間のある方
  • ・短期と中長期トレード両方をやっていきたい方
  • ・その日の内に含み損を決済することが苦でない方

※この人物は、FX利用者の声をもとに作成された架空の人物です。
※当サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものです。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。

\その他の取引タイプを確認/

>詳しくはこちら

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。