FX初心者は少額から始めよう! 失敗しないための運用方法を解説

FXはレバレッジを効かせられる取引だということは、投資経験ゼロの人でも知っているかもしれません。それは、少額から気軽にチャレンジできるということを意味しています。

少額からでもFXは始められるの?

FX取引は個人口座においては最大25倍のレバレッジを効かせることが可能です。たとえば、1米ドル100円として25倍のレバレッジで米ドルを1万通貨(1Lot)購入し、1米ドルにつき1円の為替差益が発生したとしたら、4万円((1万米ドル×100)÷25)の証拠金で「1万通貨×1円=1万円」の成果が得られたことになります。

もしも、同じタイミングで外貨預金への預け入れと換金を行ったとしたら、同じく1万円の利益を得られます(実際には、為替手数料に相当するコストがFXよりも割高なので、その分だけ手取りは減る)。ただ、外貨預金はレバレッジを効かせられないため、100万円を用意しなければこの取引は行えません。

このように、レバレッジを効かせると、少ない証拠金で効率的に利益を追求できるわけです。たとえ手元にある余裕資金が少額であっても、もっと大きな金額の取引を行えるので、他の外貨運用商品と比べてもFXはチャレンジしやすいと言えます。

しかし、「高い倍率のレバレッジだと、リスクも高くなって怖い」というイメージを抱いている人が多いかもしれません。果たして、本当にそうなのでしょうか?

初心者の場合、実効レバレッジ3倍が「制限速度」!?

「みんなのFX」の個人口座ではレバレッジが25倍に固定されており、その点について誤解しているケースが少なくありません。あくまでこの25倍とは、預けている証拠金で可能となる最大限のポジションを建てた場合の数値です。

先程の例は、4万円の証拠金でその25倍に相当する1万通貨(1Lot)の米ドルを購入し、1米ドルにつき1円の為替差益で1万円の利益を上げたというものでした。もしも、10万円の証拠金で1万通貨(1Lot)の米ドルを購入し、やはり1万円の利益を得ていたなら、実際のレバレッジはどうなるでしょうか?

10万円の証拠金に対し、建てたポジションは1万通貨なので、このケースの実際のレバレッジは10倍((100円×1万通貨)÷10万円)にとどまっています。これが実効レバレッジと呼ばれるもので、むやみに大きなポジションを建てなければ、その倍率を抑えることができます。

為替相場が自分の予想とは逆に動くと為替差損が発生し、その分だけ純資産額(預けている証拠金+評価損益+未決済のスワップポイント)は減ります。そして、為替差損の拡大が続くと証拠金不足に陥るケースが出てくるのですが、証拠金に対して大きなポジションを持ちすぎて(実効レバレッジを高くして)いなければ、そのリスクも低くなってきます。

一般的に初心者の場合は、実効レバレッジを3倍程度にとどめておけば、そう容易く証拠金不足に追い込まれることはないと言われています。まずは実効レバレッジが3倍程度になるようにポジションを控え気味に建てておき、慣れてくるにつれて次第に引き上げていくというのも一考でしょう。

「実効レバレッジシミュレーション」を活用しよう!

では、実効レバレッジが3倍程度になるようにコントロールするには、具体的にどうすればよいのでしょうか? 「みんなのFX」では、ホームページ上に「実効レバレッジシミュレーション」というツールを用意しています。

これを用いて、自分が投資したい通貨ペア、レート、数量(Lot)、買と売の区別、純資産額を入力すれば、瞬時にそのケースの実効レバレッジが判明します。ちなみに、1ドル=100円で米ドル/円に1万通貨の買いポジションを建てて、純資産額が10万円だった場合、実効レバレッジは10 倍でした。

また、同じページに用意されている「資産シミュレーション」なら、通貨ペア、レート、数量(Lot)、買と売の区別、希望する実効レバレッジを入力すると、そのトレードを行うために必要となる純資産額が計算されます。たとえば、1米ドル=100円のときに1万通貨の米ドル/円の買いポジションを実効レバレッジ3倍で建てる際には、33万3,333円の純資産があればいいということがわかりました。

利益確定、ストップロスはどう考えればいいの?

自分の予想が外れて為替差損が生じると口座残高から評価損失分が引かれ、その状況が悪化すると証拠金不足に陥る恐れが出てきます。実際には、口座残高の評価額が最低限必要となる証拠金額を割り込むような事態になると、ロスカットと呼ばれる強制決済が行われて、さらなる損失の拡大が食い止められるようになっているので安心です。

いわば、ロスカットは自動ブレーキのような役割を果たしているわけですが、本来はそこまで追い込まれる前に、自分自身の意思でストップロス(損切り)の注文を入れておくのが賢明です。

ストップロスとは、損が生じている状況下で、潔く諦めて決済し、それ以上のマイナスを被るのを阻止することです。FXでは、ストップロスの徹底によって損失はできるだけ小さく抑え、読みが的中して利益が出ているケースでは性急に決済せずにできるだけ大きく増やすという“損小利大”のスタンスが成功の秘訣だと言われています。

誰しも、損失を確定させることには抵抗を感じるでしょうが、さらに大きな痛手はもっと嫌なはずです。しかも、一度でも大敗を喫すると、それを挽回するために実効レバレッジを高め、さらに痛い目に遭うという悪循環に陥りかねません。

直近の下限を割り込むなど、自分なりの目安を定めて、ストップロスの注文を入れておくことは、大きく転ばないための杖となります。

焦らずに、リスクを抑えた少額取引からスタート

冒頭でも触れたように、FXの取引なら4万円の証拠金で1万円の利益を上げるようなことが可能です。しかし、それは実効レバレッジが25倍に達している場合のことであり、損失が出た場合には一気にロスカットに追い込まれかねません。

わずかな元手でスタートして、それを倍々ゲームで増やしていきたいと考える人も少なくありませんが、そのようなギャンブル的発想には大きなリスクが伴ってくるものです。「早く大きく増やしていきたい」と逸る気持ちを抑えて、まずは少額からリスクを取りすぎないかたちでスタートし、経験値を重ねていったほうが着実な成果を期待できそうです。

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。