システムトレード(シストレ)とは?

「システムトレード(シストレ)」と聞くと、FX初心者の方は「難しそう」といった印象を持たれるかもしれません。もちろん、自分で専用ツールを使って高度なプログラミングを組み売買ルールやポートフォリオを設定する上級者向けのシステムトレードもあります。しかし当社が提供している「みんなのシストレ」のように、難しいプログラミングや複雑な設定は一切必要がないシステムトレードもあるのです。
ここでは、初めての方にもわかるように、システムトレードについて詳しく解説していきます。

システムトレード(シストレ)とは?

システムトレード(シストレ、自動売買)とは、決められたルールに従って機械的・継続的に行う取引のことをいいます。

IMAGE PLACEHOLDER

たとえば、あなたが「為替レートが前日の安値よりも下がったら買う」というルールに従って取引をしていたとしましょう。あなたは、毎日チャートを見て、為替レートが前日の安値を下回らないかどうかチェックをする必要があります。時には、あなたが寝ている間や仕事をしている間に、為替レートが前日の安値を下回り、買うタイミングを逃してしまうことがあるかもしれません。

しかし、「為替レートが前日の安値よりも下がったら買う」というような一定の取引ルールがあれば、そのルールをシステム化して、自動で注文させることが可能です。これをシステムトレードと言います。システムトレードにより自動で売買ができれば、あなたは24時間パソコンに貼りついて相場の値動きをチェックする必要がないのです。

最短1時間で取引開始!※ 口座開設はこちら

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合。金曜日PM9:00~月曜日AM7:00のお申込および内容に不備があった場合を除く。

システムトレード(シストレ)のメリット・デメリット

次に、システムトレードのメリットとデメリットについて説明します。

システムトレードのメリット

システムトレードには主に3つのメリットがあります。

①24時間利益を狙うことが可能
システムトレードは機械に自動的に売買させますので、あなたが寝ている間も自動で取引が行われます。為替市場で最も値動きが大きくなるのはニューヨーク市場ですが、日本時間の夜~早朝にあたるため、ニューヨーク市場の時間帯に自分で取引をしようとすると、昼夜の生活が逆転してしまいます。その点、システムトレードであれば、24時間収益チャンスを逃すことはありません。

②専門的な知識や分析の必要がない
システムトレードには、プロの投資家が作成した自動売買プログラム(取引ルールをシステム化したもの)を提供する会社があります。(これを「選択型システムトレード」と言います。詳細は後述します。)利用者は、あらかじめ用意されたこれらの自動売買プログラムの中からお気に入りのものを選択し、取引開始ボタンをクリックするだけで取引ができるようになります。自分で相場を分析したり高度な勉強をしたりする必要がありません。 >FXの取引時間の基礎知識

③感情に左右されずに取引ができる
システムトレードは、機械が淡々と取引を行いますので、感情に流されて取引を失敗してしまう、ということがありません。

システムトレードのデメリット

システムトレードのデメリットもしっかりと確認しておきましょう。

①相場が急変したときに対応できないことがある
システムトレードは、1度設定してしまうとあとは自動売買プログラムにお任せになってしまいますので、相場が急変したときなどに柔軟に対応できないことがあります。過去に例がないほどの世界的な不景気による相場変動などに対応できるようなプログラミングがなされていないこともあり、自動売買プログラムの内容によっては自身の意図とは異なる取引になり、不測の損失が生じる場合があります。定期的に自動売買プログラムの設定状況を確認したり、入れ替えたりして不測の事態に備えておきましょう。


②取引ツールによっては設定が難しい
また取引ツールによっては設定が難しいことがあります。特にMT4(メタトレーダー4)と呼ばれる取引ツールは、自動売買プログラムが外付けとなっており設定が複雑なため、開始前に断念してしまう方も少なくないようです。その点、「みんなのシストレ」は「選択型システムトレード」で、自動売買プログラムを選択するだけのシステムトレードなので簡単な設定で取引を始めることができます。

システムトレード(シストレ)の2つのタイプ

システムトレードには「開発型システムトレード」と「選択型システムトレード」の2つのタイプがあります。

開発型システムトレード

「開発型システムトレード」は、自動売買プログラムを自分で用意して、取引ツールに設定する必要があるため、上級者向けのシステムトレードです。代表格として「MT4(メタトレーダー4)」という取引ツールがあります。「EA(エキスパート・アドバイザー)」と呼ばれる自動売買プログラムは外付けになっており、自分で取引ルールをプログラミング化してEAを作成するか、販売されているEAを購入して自分でMT4に設定をしなければなりません。設定方法が複雑なため、初めてシステムトレードを行う方にはハードルが高いでしょう。また、せっかく開発または購入したEAが思ったような成績が出ない場合は、別のEAを新たに開発または購入し設定し直す必要があります。一方で、EAの編集機能やパラメーターの設定機能がついているため、自動売買プログラムを書き換えたり一部を変更したり融通がきく点は魅力です。たとえば、「移動平均線がゴールデンクロスになったら買う」というEAにおいて、移動平均線の期間(短期5日、長期75日など)の数字を変更することができます。 >移動平均線とゴールデンクロスについて詳しく知る

選択型システムトレード

「選択型システムトレード」は、あらかじめ自動売買プログラムが取引ツールに搭載されています。そのため、複雑な設定は一切不要で、初心者向けのシステムトレードです。当社が提供する「みんなのシストレ」も選択型システムトレードにあたります。たとえば「みんなのシストレ」では数百の自動売買プログラム(「みんなのシストレ」ではこれを「ストラテジー」と呼びます)が用意されていて、収益や勝率など様々なカテゴリでランキングされています。その中から気に入ったものを選び、取引開始ボタンをクリックするだけで、すぐにシステムトレードをはじめることができます。しかし、開発型システムトレードのように、自動売買プログラムの中身を編集したり変更したりすることはできません。 >「みんなのシストレ」のストラテジーランキングをチェックする

開発型システムトレード 選択型システムトレード
タイプ 上級者向け 初心者・中級者向け
始め方 自分でプログラムを開発するか、開発されたプログラムを購入し、取引画面に自分で設定して稼働させる必要がある。 あらかじめ用意されたストラテジーの中から一つを選択するだけで、システムトレードを始められる。
料金 プログラムは無料のものもダウンロードできるが、通常は1本あたり数万円~数十万円するものもある。 無料でたくさんのストラテジーの中から選択して取引できる。

洋服にたとえるなら、「開発型システムトレード」はオーダーメイド、「選択型システムトレード」は既製品と言えるかもしれません。オーダーメイドだと、自分の思い通りのデザインの洋服が作れるものの完成までに時間がかかり、値段も敷居も高いです。既製品だと、店頭に並べられたたくさんの洋服の中から自分の好みのものを選ぶだけですぐに着ることができますが、素材やデザインなどの細部を変更することはできません。ご自分のレベルや投資スタイルにあわせて、「開発型システムトレード」か「選択型システムトレード」を選ぶと良いでしょう。

最短1時間で取引開始!※ 口座開設はこちら

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合。金曜日PM9:00~月曜日AM7:00のお申込および内容に不備があった場合を除く。

システムトレード(シストレ)と裁量トレードの違い

「システムトレード vs 裁量トレード」という見出しをネット上でよく見かけますが、FX取引において、どちらが有利なのでしょうか。

裁量トレードとは?

裁量トレードとは、手動売買のことで、トレーダー自身の判断で取引を行うことを言います。ファンダメンタルズ分析テクニカル分析を行い、自分で売買のタイミングを決める取引です。もちろん発注も自分で行います。FXを取引している多くの方が裁量トレードで取引しています。 >ファンメンタルズ分析とテクニカル分析について詳しく知る

裁量トレードのメリット・デメリット

裁量トレードのメリット・デメリットは、先述したシステムトレードのメリット・デメリットの裏返しとも言えます。メリットは、相場の状況に臨機応変に柔軟な対応ができることです。突発的なニュースにより相場が大きく動いたときに、チャンスと捉えて売買数量を増やしたり、逆に取引を手控えたりすることができます。デメリットは、相場の分析能力や運用手法を身に着けるにはそれなりに時間がかかること、チャートや取引画面を見る時間に限りがあることが挙げられます。また、自身の感情をコントロールするのは非常に難しく、潜在的な欲求にも左右されやすいので注意が必要です。

システムトレードと裁量トレード、どちらが有利?

これまで見てきたように、システムトレードと裁量トレードにはそれぞれにメリットとデメリットがあります。FXを取引するにあたり、どちらのトレードが有利ということはありません。人によりシステムトレードが向いている人、裁量トレードが向いている人、どちらも併用している人に分かれます。たとえば、何年も裁量トレードをしているものの、自分で分析することが苦手で売買のタイミングがわからないというトレーダーが、システムトレードではうまくいくというケースがあります。反対に、相場分析に自信があり独自の売買手法を身に着けているトレーダーが、システムトレードでは利益をあげられないというケースもあります。また、裁量トレードとシステムトレードの資金を分けて、値が動きやすい主要通貨は裁量トレード、スワップ狙いの高金利通貨はシステムトレードのリピート注文、というように分散投資するトレーダーもいます。
システムトレードも裁量トレードも、FX取引の1つの手法です。ご自分の投資スタイルにどちらがあっているか考えて試してみると良いでしょう。

システムトレード(シストレ)の利用がおすすめの人

では、どのようなトレーダーがシステムトレード向きなのでしょうか。

希望的観測や恐れなどの感情が先行し、自分の取引ルールを途中で変更してしまい取引があまりうまくいっていない人は、一度、裁量取引から距離を置きシステムトレードを行ってみるのも良いかもしれません。また、専門的な知識を身に着けるのが億劫な人や、仕事が忙しくてFX取引との両立が難しい人なども、時間がかからないシステムトレードのメリットを享受できるかもしれません。

最短1時間で取引開始!※ 口座開設はこちら

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合。金曜日PM9:00~月曜日AM7:00のお申込および内容に不備があった場合を除く。

みんなのシストレなら、選ぶだけで簡単にシステムトレード

最後に、当社トレイダーズ証券株式会社が提供しているサービス「みんなのシストレ」の特長について簡単にご紹介します。

みんなのシストレとは?

「みんなのシストレ」は、自動売買プログラム(ストラテジー)を選ぶだけの「選択型システムトレード」です。
特別なソフトのインストールや難しい設定は不要で、口座開設者であれば誰でも利用料等無料で利用できます。気に入ったストラテジーを選び、投資数量を決めるだけでスタートできる初心者向けのシステムトレードです。 >「みんなのシストレ」について詳しく見る

みんなのシストレの特長

「みんなのシストレ」のストラテジーには、「プログラム(機械)」と「トレーダー(人)」の2種類が存在します。
「プログラム(機械)」は、これまで説明してきたような自動売買プログラムです。膨大なデータを使い複数のパターンでバックテスト検証した、厳しい審査を通過したものだけをご提供しています。
「トレーダー(人)」は、「みんなのFX」で実際に取引しているお客様の取引をもとに売買のシグナルを出すものです。初心者の方でも上級者の取引と同じような売買をすることが可能になります。

これらのストラテジーはすべて、ストラテジーランキングで順位付けされています。実際の実現損益など運用パフォーマンスが好調なものを見つけやすいため、ご自身の好みに合ったストラテジーを選ぶことができます。
取引できる通貨ペアの種類は、米ドル/円をはじめ、トルコリラ/円やメキシコペソ/円といった人気の高金利通貨ペアも揃っているので、スワップ収益を自動売買で増やしていくことも可能です。もちろん、パソコンだけでなくスマートフォンからでもお取引できいただけます。 >「みんなのシストレ」のストラテジーランキングをチェックする

最短1時間で取引開始!※ 口座開設はこちら

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合。金曜日PM9:00~月曜日AM7:00のお申込および内容に不備があった場合を除く。

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。