日銀会合で追加緩和実施なるか

【本日のトレードポイント】
 昨日のドル円はFOMCを控えて東京市場~ロンドン市場では手控えムードが強く、昨日とほぼ変わらない15銭程度のレンジ内推移となりました。注目のFOMCではFRBが政策金利を0.25%引き下げ、FFレート誘導目標を1.75%-2.00%としました。今回示された経済・金利見通しではメンバーの予想中央値が年内~来年に利下げを見込んでいなかったことから追加緩和期待が後退、ドル円はクローズにかけて上値を伸ばす展開となり一時108.47円付近まで上昇しました。なお、FOMC後の記者会見でパウエル議長からサプライズ的な発言は特になく、以前と変わらず「政策方針は経済次第」というスタンスも維持しました。
 本日は日銀政策決定会合や南ア中銀政策金利など注目度の高い指標が多く発表されます。日銀会合では現状の金融政策が維持される公算ですが、9月上旬に黒田総裁が追加緩和を示唆したことで徐々に緩和への期待度が高まっています。仮に政策変更があった場合でもフォワードガイダンス強化などに留まるとみられており、日銀会合終了が遅くなった場合は追加緩和への思惑から円売りが強まる可能性もありそうです。また日銀の今後の金融政策見通しを見極めたいことから、午後に行われる黒田総裁の会見にも注目したいです。
 南ア中銀政策金利は利下げと据置きで見方が分かれているものの、据置きとの見方が強いです。南アフリカ経済は景気後退を避けたものの国内経済の成長見通しは依然として弱く、年内には中銀が利下げに動く可能性が高いです。今後の政策見通しを含め、声明文から何らかのヒントを探りたいです。

続きを読む...

iOS13へのアップデートについて 注目

平素より、「みんなのFX」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

iOSの最新バージョンとなる「iOS13」が近日中にリリースされる見込みとなっております。

新しいバージョンへアップデートされますと、「みんなのシストレ」におけるアプリ画面での操作に不具合が発生する可能性がございます。
現在、「iOS13」への対応を早急に進めておりますが、対応が完了するまで「iOS13」へのアップデート、および「iOS13」搭載機種での操作はお控えいただきますようお願いいたします。

確認事象について
1.口座開設はこちら画面が表示されない。
2.IDとPWをお忘れの方はこちらが表示されない。
3.約款承諾画面、一部お知らせ画面が表示されない。

※2・3に関しましては「みんなのFX」のアプリ画面にて操作が可能となっております。

■ご注意
Wi-Fi接続を「オン」にしていると自動的にアップデートされてしまう場合があります。端末の自動アップデート機能をオフにしていただくことで、自動アップデートを回避できます。

なお、「みんなのFX」のアプリは現時点ではご利用可能かとは思われますが、アップデート後に予期せぬ不具合が発生する可能性があるため、何卒ご理解ご了承いただきますようお願い申し上げます。

お客様には、大変ご不便ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解ご了承いただきますようお願い申し上げます。

追加情報

  • category 重要
  • source new
続きを読む...

いよいよFOMC、土壇場で据置き予想が強まる

【本日のトレードポイント】
 昨日のドル円はFOMCを控えて動きづらい中、108円10銭~25銭でのもみ合い相場となりました。下値を試す場面では米長期金利が下支えとなった一方、上にも抜け切れない展開となりました。一方、ポンド円は堅調に推移しました。「離脱延期法」が承認されたことで、「合意なき離脱」への懸念が緩和されたことからポンドを買い戻す動きに繋がり、一時7月26日以来の高値135.42円付近まで上昇しました。
 本日は米FOMC政策金利発表に特に注目が集まります。今会合でFRBは政策金利を0.25%引き下げる見通しです。足元、米中貿易摩擦が緩和したことにより0.5%の利下げ観測が後退した一方で、FRBが政策金利を据置くとの見通しが急速に強まっています。CMEの「Fedwatch」が示す政策金利に対する市場の期待度は、今会合で5割近くの確率で金利が据置かれるとしています。こうしたことから発表直後は荒れた値動きとなる可能性が高そうです。事前予想通り利下げとなった場合でも、年末・年始に向けた政策見通しで利下げ打ち止め感が出ればドル買いに繋がるとみられ、声明文やFOMC後に行われるパウエルFRB議長の記者会見からそのヒントを探りたいです。また前回同様、政策を受けてのトランプ大統領のツイートにも注意する必要がありそうです。

続きを読む...

注目は豪住宅価格指数

【本日のトレードポイント】
 週明けの為替市場ではドル円・クロス円が下窓を開ける形でスタートしました。週末にサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの施設がドローンで攻撃され、ポンペオ米国務長官が攻撃にイランが関与していることを示唆、これを受けて週初のWTI原油先物相場は4ヶ月ぶり高値まで急騰しました。為替相場では中東情勢悪化懸念から円が買われやすい地合いとなり、東京市場休場の中、ドル円は一時107円50銭付近まで下落しました。ただその後は下げ渋る展開となり、NY時間には先週末の終値108.10円付近まで窓埋めする形で上値を伸ばす展開となりました。
 本日は豪4-6月期四半期住宅価格指数やRBA議事要旨、独・ユーロ圏9月ZEW景況感調査に注目が集まります。特に豪四半期住宅価格指数は8月豪住宅価格指数(住宅情報会社コアロジック調査)が1年10カ月ぶり上昇となったことで、期待が高まりそうです。事前予想値は前期比-1.0%が見込まれているものの、ポジティブサプライズとなれば豪ドルの上値を伸ばしそうです。また、同時刻公表されるRBA議事要旨は追加利下げに含みを持たせた9月3日分開催分ということもあり警戒したいです。
 先週ECB(欧州中央銀行)は追加金融緩和を発表し、ドラギ総裁はユーロ圏の経済成長の鈍化について言及しました。ドイツやユーロ圏の経済指標が事前予想値を下回る場面ではユーロが散発的に売られる傾向がここ数か月続いており、週明け相場でユーロ売り優勢だったことからも欧州系指標時は注意したいです。

続きを読む...

リスクオンは続くのか

【本日のトレードポイント】
 先週は米中摩擦懸念が大幅に後退したことなどからリスクオン。積み重なっていた円のショートが買い戻され全般的に円安に振れました。ただ週末のサウジ石油施設攻撃を受けて再度リスクオフになりました。
 本日は敬老の日で東京市場が休場です。そんな中、注目すべき指標は中国小売売上高です。米中貿易の影響を受け先月の発表から大きく勢いを落としています。結果次第では人民元はもとより豪ドル、また限定的ではあるものの米ドルで反応がある可能性があり注意が必要です。
 ただ、火曜日から米FOMC、水曜日からは日銀金融政策決定会合、木曜日には英BOE金融政策委員会が行われます。先週のECBを含め、世界的な緩和競争が繰り広げられている中での各国金融政策発表のマーケットの注目度は従来の比ではありません。そのため週半ばまで様子見ムードは否めないかもしれません。
 加えて先述したサウジ石油施設攻撃が新たに中長期的な地政学リスクとなり得る可能性もあります。トランプ米大統領のツイートやヘッドラインには要注視です。

続きを読む...

週末のシステムメンテナンス延長のお知らせ 注目

平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2019年9月14日(土)のシステムメンテナンスにおきまして、臨時のシステムメンテナンス作業を実施するため、メンテナンス時間を下記のとおり、延長させていただきますのでご案内申し上げます。

【臨時システムメンテナンス時間】
日時:2019年9月14日(土) 12時00分から23時00分頃まで
(通常は、毎週(土) 12時00分から18時00分)

※システムメンテナンス中はログインできません。
※メンテナンス時間は当社の都合により、予告なく延長する場合がございますのでご了承ください。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

トレイダーズ証券では、お客様により良い取引環境をご提供できますよう、日々努力してまいります。
今後とも、トレイダーズ証券をどうぞよろしくお願いいたします。

追加情報

  • category メンテナンス
  • source new
続きを読む...

台風第15号の影響による停電によりお困りのお客様へ 注目

今般、台風第15号による被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

災害救助法が適用された千葉県25市15町1村内にお住まいの当社サービスをご利用中のお客様につきまして、ログイン情報の喪失等、お困りの点がございましたら可能な限り便宜措置を講じますので、下記までお問合せくださいますようご案内申し上げます。

■災害救助法適用地域
千葉市中央区、千葉市花見川区、千葉市稲毛区、千葉市若葉区、千葉市緑区、銚子市、館山市、木更津市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、勝浦市、市原市、鴨川市、君津市、富津市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、印旛郡酒々井町、印旛郡栄町、香取郡神崎町、香取郡多古町、香取郡東庄町、山武郡九十九里町、山武郡芝山町、山武郡横芝光町、長生郡一宮町、長生郡睦沢町、長生郡長生村、長生郡白子町、長生郡長柄町、長生郡長南町、夷隅郡大多喜町、安房郡鋸南町

役職員一同、一日も早い復旧を祈念いたしております。

--------------------------------------------------------------------------------

■「みんなのFX」「みんなのシストレ」「みんなのオプション」に関するお問合せ
電話:0120-637-104
お問合せフォーム:https://min-fx.jp/support/form/

-------------------------------------------------------------------------------

追加情報

  • category 重要
  • source new
続きを読む...

米小売売上高、サプライズも?

【本日のトレードポイント】
 昨日はニューヨーク時間にかけてECB理事会、米消費者物価指数の発表、一部報道やそれに伴う要人発言で、各通貨ともに値動きが激しい1日となりました。特に米中貿易問題についての一部報道では直後に政府関係者によって否定され、ドル円では数十分の間に107.65→108.07→107.68円の往って来い相場となりました。
 本日は8月の米小売売上高発表が予定されています。コンセンサスは+0.2%と、前回の+0.7%からかなり減速した結果が予想されています。一方、先日発表された平均時給の伸びを見ると、所得は底堅く推移しており本日の結果がポジティブサプライズとなる可能性もあり注意が必要です。

続きを読む...

ECB理事会が打ち出す緩和パッケージ、その中身とは

【本日のトレードポイント】
 昨日は米中貿易摩擦に関して中国側の譲歩によりリスクオン。ドル円では3日連続陽線とドル高が進行しています。ただ各通貨ともに今週来週に控える主要各国金融政策イベント待ちといった面もあり、値動きは限定的となっています。
 本日はECB理事会が予定されています。今回の理事会では①政策金利の引き下げ②資産の買入の2つからなる金融緩和パッケージが予想されています。
 ①の政策金利引き下げでは、3つあるEUの政策金利のうち、中銀預金金利(預金ファシリティ金利)が対象となっています。現在の-0.4%から-0.5(~0.6)%に引き下げることが予想されており、利下げ幅は0.1(~0.2)%でおよそ3年半ぶりの利下げです。マイナス金利の対象となる預金を限定するなど利下げによる副作用を防ぐ階層的な政策が同時に導入されるのではないかと予想されています。
 ②資産の買入は、12月末に終了した資産購入プログラムの再開が一部では予想されています。マーケットのコンセンサスでは再開されるかされないか7:3ほどで割れており、最も注目が集まる点でもあります。ただ、昨年行われていたような大規模な資産の買入は法的ハードルが高く、今回は小規模なものに限定されると思われます。
 今回の緩和では、外需の景況悪化を相殺し得るだけの内需に対する刺激を行う必要があり、コンセンサスを上回るサプライズには注意したいです。
 合わせてドラギ総裁会見やフォワードガイダンス、理事会スタッフによる経済見通しなどにも要注目です。
 また、本日は米消費者物価指数の発表も予定されています。中国による対米関税の影響もあり、前月比+0.2%の増加が予想されています。こちらも来週のFOMC会合に向けて重要な材料となるため要注目です。

続きを読む...

米国債入札に注目

【本日のトレードポイント】
 昨日は米中通商協議に対する期待の高まりから全体的にリスクオン相場となりました。円はほぼ全通貨に対し売られ、ドル円やポンド円ではともに7月末以来の高値(107.57/132.89)を付けました。
 本日は米PPI(生産者物価指数)や米10年債入札が予定されています。10年債入札では前回2016年ぶりの低利回りを記録しました。しかし大きなネックとして捉えられていた米長短期債の逆イールドは解消され、長期金利の利回りも1.7%台と上昇を続けてリスクオンの様相を呈しています。ドルに大きな影響力を持つ米国債なだけに、本日の入札結果での需給動向とその利回り水準に注目が集まります。
 ユーロ圏では明日ECB理事会が予定されています。マーケットは利下げなどの追加緩和に期待をしておりユーロもそれを織り込んでいます。そのためユーロに関しては大きな材料が投下されない限りは、明日のECB理事会待ちとなるかもしれません。

続きを読む...
この RSS フィードを購読

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。