初心者にもわかる!FXの始め方

特にビギナーはハードルがかなり高そうだという先入観を抱きがちですが、意外と気軽に始められるのがFX取引です。その手順について、詳しく説明しましょう。

まずは、為替相場で儲けるためのキホンのキを再確認!

FXの始め方について説明する前に「どうすればFXで利益を得られるのか?」という大前提について確認しましょう。利益を得る仕組みを理解する前に手を出すと、失敗してしまう可能性が高いからです。
たとえば、1米ドル=110円の時点で「米ドル/日本円」の通貨ペアに対して、1万米ドルの買いポジションを建てたとしましょう。これは、「110円×1万通貨=110万円」の取引を行ったことを意味しています(※FXは個人口座の場合、最大25倍のレバレッジを効かせられるので、実際に口座に入れる資金はもっと少額で済みます)。

そして、1米ドル=112円になったタイミングでこのポジションを決済したら、「112円×1万通貨=112万円」が入ってくるので、投じた110万円との間に2万円の差額が発生します。これが為替差益と呼ばれるものです。

それまでは110円で1米ドルを手に入れられたのに、2円を上乗せした112円が必要になったのは、米ドルに対して円の価値が下がった(円安が進んだ)ということを意味します。つまり、為替差益は買いポジションを建てた時点よりも円安が進んだタイミングで決済すると得られるものなのです。

逆に、1米ドル=108円になったタイミングでこのポジションを決済したら、「108円×1万通貨=108万円」となって、投じた110万円よりも2万円の差損が出てしまいます。こちらは為替差損と呼ばれるもので、買いポジションを建てた時点よりも円の価値が上がった(円高が進んだ)タイミングで決済すると発生します。

FX を始めるうえでは、最低限、この為替相場の変動で利益が出る仕組みのことを理解しておきましょう。

FX取引を始めるために必要なもの

FXを始めるには、まず取引口座を開設する必要があります。そして、口座開設の手続きを行う際には、所定の申込フォームより個人情報を入力することに加えて、本人確認書類・マイナンバーを提出する必要があります。

また、FXはオンライン上での取引となるため、インターネットに接続できる通信環境、所定のスペックを満たした情報通信端末やOS(オペレーティングシステム)も必需品となります。ただ、通信環境やスペックなどの向上に伴って、最近はスマートフォンにダウンロードした取引アプリでも本格的なトレードを行えますし、「みんなのFX」ではそちらを選ぶ人のウエートのほうが高くなっています。

口座開設のための準備が整い、トレードに必要となるスマートフォンを手元に用意したら、あとはさっそく手続きを進めていきたいところでしょう。ただ、その前にもう1つ、きちんと済ませておきたいことがあります。

FX取引をする会社の選び方

手続きを始める前に済ませておくべきこととは、より有利な条件で取引でき、不明点などが出てきた場合の対応も万全なFX会社を見つけ出すというステップです。スワップポイント(通貨間の金利差収益)やスプレッド(為替手数料に相当)は会社ごとに設定が異なっていますし、取引アプリの使いやすさなどにも差があるからです。

その点、「みんなのFX」では業界最高水準のスワップポイントをつねに提示するように努めていますし、業界最狭水準のスプレッドによって投資家のコスト負担を抑えて利益を最大化するというスタンスに徹しています。

さらに、自社開発の高性能システムによって、社内バックテストで99.9%という高い約定率を記録しています。(※)約定率とは、自分が希望した通りのレートで取引が成立する確率のことで、こちらも会社によって差があるのが実情です。
(※)2018年4月2日~2018年4月30日に自社で行った約定率調査。

しかも、24時間対応のコールセンターが設けられているので、万が一の際にも安心です。取引上で何らかのトラブルが発生したり、わからないことが出てきたりした場合には、いつでも気軽に問い合わせることが可能です。

FXのお取引までの流れ

自分が口座を開く会社も決まったら、いよいよ具体的な手続きのスタートです。「みんなのFX」では、ホームページ上に設けている申込フォームにおいて必要事項を入力していくことになります。

そして、入力が完了したら、本人確認書類およびマイナンバー書類を、①アップロードフォームからの送信(オンライン上アップロード)、②FAXで送信、③郵送のいずれかの手段で送ります。本人確認書類およびマイナンバー書類とは、申込フォームに入力した「氏名・住所・生年月日」を確認できるものです。

写真付きの「個人番号カード」をすでに入手している人なら、その両面をコピーして添付すれば、表面が本人確認書類、裏面がマイナンバー書類となるので手間要らずです。マイナンバー書類が「通知カード」の場合は、運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなどといった本人確認書類が別途必要になります。

なお、法人口座もしくは未成年者(満18歳以上20歳未満)による個人口座を開設する際には別途書類が必要で、未成年者の場合は郵送のみの受付となっています。

手続きが完了した後に口座開設が認められたら、FX会社からログイン情報(IDとパスワード)を記載した書類が転送不要の簡易書留郵便にて郵送されてきます。それらをもとに自分の口座にログインし、ダイレクト入金(提携金融機関のインターネットバンキングによる即時入金)か、銀行振込のいずれかの方法で入金を終えれば、すぐに取引をスタートできます。

「みんなのFX」の場合、口座申込の手続きはわずか5分程度で完了します。そして、最短のケースなら翌日から取引を始められます。

実は高くない「口座開設」というハードル

さて、口座開設から取引を開始するまでの流れを見てきて、どのように感じたでしょうか? 作業自体は特に難しくなさそうでも、投資経験ゼロの人にとっては不安がつきまとうかもしれません。

しかし、申込手続き上でわからないことが出てきてもコールセンターに問い合わせれば教えてもらえますし、口座自体は無料で開設できるので、「まずはとりあえず作ってみる」という気楽なスタンスで臨むのもいいでしょう。

何事も初めてのことにチャレンジするにはそれなりの勇気が求められるものですが、口座を開くだけでは特にコストも発生しないので、現実にはハードルがさほど高くないのです。しかも、スマホからでも口座開設申込手続きを済ませられます。

まだ実際に取引を始める自信がなかったとしても、とにかく口座を作っておき、最初のうちは資金を投入せず、取引アプリを一通り操作してみながら、使い方を体感によって覚えていくのも一考です。チャート画面で為替相場の動きも観察していれば、次第に取引のコツも掴めてくるでしょう。

約5分で申込完了!最短翌日取引可能

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。