FX取引の勝率は重要?利益を上げるために意識したほうがいいこと

FX取引をする上で、勝率は多くのトレーダーが気にするポイントです。自身のトレードでどのようにしたら勝率を上げることができるのだろう、勝率を上げることだけを意識すればよいのか悩んだことがあるのではないでしょうか。ここでは取引を始めたばかりの初心者の方が気にしがちな「勝率」について解説しながら、あわせて知っておきたい「損益比率」の考え方について紹介していきます。

FXの勝率に関する基礎知識

勝率は高いに越したことはありません。しかし勝率が高いからと言って利益が出ているかと言うと、必ずしもそうではありません。

勝率とは?

FX取引の勝率(%)は「勝ったトレードの回数÷全トレード数×100」の計算式でもとめることができ、自身のトレードを振り返る上で注目されることが多いです。自動売買でFX取引をする投資家にとっては、ストラテジーを選ぶ際に収益率や最大損失率などとともに参考にすることもあるのではないでしょうか。

勝率の重要性

毎回のFX取引が勝負だと意識するトレーダーは、勝率が高いほうが良いと考えてしまうかもしれません。確かに取引の勝率が高いほうが良いですが、取引内容もしっかりと振り返る必要があります。極端な例を挙げると、勝率が9割のトレード戦略があって9回の取引で利益確定ができたとしても、1回の取引で全てを損失するようでは好ましくありません。投資金額が多いと、勝率を高めるために損切りが遅れがちになり、結果的に負けた時の大きな損失につながる可能性があります。これを避けるためには、毎回の取引の損失を抑えながら利益を伸ばすことが大切で、勝率にこだわり過ぎずにトレード戦略における損益比率の影響をしっかりと把握しておきたいです。

最短1時間で取引開始!※ 口座開設はこちら

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合。金曜日PM9:00~月曜日AM7:00のお申込および内容に不備があった場合を除く。

FXで勝率と同じく理解しておきたい損益比率とは?

FXをこれから始める方の中には、勝率が一番重要と思っている方もいるでしょう。しかし、勝率と同じくらい重要なのが損益比率です。損益比率とは何か、詳しく見ていきましょう。

損益比率の意味

損益比率とはリスクリワードレシオとも呼ばれており、トレードにおける利益額と損失額の比率を意味します。トレード全体で利益が出ているか、損をしているかを比率で指しており、損益額や勝率とは別の視点から自身のトレードを振り返ることができます。

損益比率の計算方法

損益比率は「利益が出たトレードの平均利益÷損失が出たトレードの平均損失」で計算することができます。損益比率が1以上あれば、利益が損失を上回っていることを示しており、効率の良いトレードができていると考えられます。逆に1未満であれば、損失が利益を上回っていることを示しているため、リスクに見合っていない取引をしている可能性があります。

勝率との関係

FX取引の利益は損益比率と勝率で決まると言えるでしょう。損益比率が高ければ、勝率が低い戦略であっても利益を上げることができます。一方で、損益比率が低かったとしても、勝率が高い戦略であれば利益を上げることができます。このように勝率もしくは損益比率が低いから必ずしもトレード戦略が間違っているわけではなく、自分に合った考え方を基に勝率と損益比率のバランスを考慮しながら、トレード戦略を見直すことが大切です。

FXで勝率を上げ、損失を抑えるためのポイント

では次に、勝率を上げるための具体的な方法を見ていきましょう。いくつかのルールを列挙しますので、取引の参考になさってください。

資金管理の徹底

FX取引をする上で、資金管理を徹底することは非常に重要です。勝率を上げることを考えつつ、総資産額に対してポジションが何倍に達しているかを示す実効レバレッジが数倍程度になるようコントロールしたいです。損失が膨らんだ時に、ポジションを増やすことでレバレッジを上げがちですが、自身のトレードルールをしっかりと守りながらFX取引に臨めるよう、資金管理についても一定のルールを設けるようにするとよいでしょう。

損切りの徹底

自分のトレードルールの中に、損切りルールを設けて徹底することを心がけましょう。損切りポイントは取引する通貨ペアや手法によって異なりますが、一般的には相場予想が自身の思惑から外れた時や、運用資金に対する損失割合が一定水準を超えた時、サポート・レジスタンスラインを突破した時などがタイミングとして挙げられます。損切り額は損益比率に影響するため、致命的な損失を避けるためにも感情的にならずに早い段階で損切りできることが望ましいです。

過剰な取引の制限

勝率を上げつつ損益比率を高めるために、過剰な取引は控えるように心がけたいです。エントリー回数が多いことで利益チャンスが増えると考えがちですが、むやみにポジションを増やしていないか注意しましょう。感情的なトレードは失敗につながることがあるため、冷静さを失わないように1日の損失上限金額を定めるなどして相場から離れるきっかけを作ることも重要だと言えるでしょう。また勝率が低い場合は1日の取引回数を制限することや優位性の高いエントリーポイントに取引を絞ることを検討してみるとよいかもしれません。

成績の振り返り

相場で勝っている投資家が最も重視していることが成績の振り返りです。最初は上述したポイントをおさえ
ながら、相場の分析力を高めることを意識しましょう。過去に勝ったトレード、勝率の高かったトレードを参考にしながら、改善点を探るように振り返ると効率が良いでしょう。特に、その時の相場状況に合わせながらトレードルールを見直すことも忘れないようにしたいです。もし普段の振り返りで限界を感じているのであれば、まだ取り入れていないファンダメンタル・テクニカル分析を使ってみたり、今回取り上げた「勝率と損益比率」の考え方を取り入れてみましょう。

>ファンメンタルズ分析とテクニカル分析について詳しく知る

最短1時間で取引開始!※ 口座開設はこちら

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合。金曜日PM9:00~月曜日AM7:00のお申込および内容に不備があった場合を除く。

「みんなのFX」で自分の勝率を確認する方法

「みんなのFX」では自身の取引を客観的に分析することが可能です。使い方は簡単で、ログイン後のマイページ内にある「My パフォーマンス」から過去の取引成績を参照することができます。これを使うことによって勝率のほかに最大損失率や平均獲得pips、平均証拠金利用率などの約20項目のデータを見ることができ、取引の好不調、得意な通貨ペアを客観的に判断することができます。ぜひ、自身のトレードを振り返るツールの一つとして活用してみてください。

>My パフォーマンスを見てみる

FXの勝率を通じてトレードを振り返ろう

このページではFX取引における「勝率」が何なのか、「損益比率」とあわせて紹介してきました。勝率はとても意識される数字ですが、FX取引を振り返る上で他にもおさえるポイントが存在することを理解することが重要です。トレードの振り返り方をもう一度見直しながら、今回解説した「損益比率」やみんなのFXの「My パフォーマンス」を活用して自身のトレードルールを見直せるようになるとトレード戦略の幅が広がりそうです。トレードが終わったら振り返ることを習慣にすることができれば、自分の得意なパターンを身に着けることができてトレードに臨む姿勢も変わってくるでしょう。

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。