FXの両建てとは?具体的な使い方と取引に推奨されていない理由

FX取引は「買い」からも「売り」からも始めることができるため、初心者にとっては「両建て」の意味を理解することが難しいかもしれません。知らず知らずのうちに売り・買い両方のポジションを持ってしまった経験がある個人投資家の方も多いのではないでしょうか。このページでは、「両建て」の基礎知識やデメリット、みんなのFXではどのように設定すればよいのか、具体的な実例を挙げながら解説していきます。

両建ての基礎知識

まず、「両建て」がどのような状況を指しているのか、またどのような場面で「両建て」にするのか見ていきましょう。

両建ての意味

両建てとは同じ通貨ペアの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有することです。たとえば、米ドル/円(USD/JPY)の買いポジション(米ドルを買って円を売る)と売りポジション(円を買って米ドルを売る)を持つことで、一時的な損失の拡大やつなぎ売買をすることができます。同一通貨ペアで売り・買い同じ数量のポジションを保有していれば、理論上は決済している状態と同じで、数量に差がある場合にはその数量分のポジションを保有していることになります。

両建ての使い方

両建てには様々な使い方があります。一つは年末に含み益のあるポジションを保有している時、そのポジションを決済してしまうと年間の収支がプラスとなって税金が発生することがあります。この利益を翌年に持ち越したいけど為替リスクを避けたいと考えた場合に、両建てという形で反対のポジションを同時に保有することで、含み益という形で翌年に持越しが可能になります。もう一つは長期と短期のトレード戦略を同じ口座で取引する場合です。長期的には米ドル円が上昇すると予測して買いポジションを保有しながら、短期的には米ドルが下落すると考え、一時的にそれぞれのポジションが口座内で両建てになるということがあります。ただ、両建て取引は経済合理性を欠く取引であるため、そのデメリットをしっかりと理解した上でトレードに取り入れるか判断することが重要です。

最短1時間で取引開始!※ 口座開設はこちら

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合。金曜日PM9:00~月曜日AM7:00のお申込および内容に不備があった場合を除く。

FXで両建てが推奨されていない理由

冒頭でも述べた通り、「両建て」にはデメリットがあります。そのため、当社でも積極的には推奨していません。「両建て」をする場合でも、これから説明するデメリットをしっかり認識したうえで取引しましょう。

損をしやすい

両建て取引を行う際にかかるコストが、売り・買いどちらか片方だけ取引よりも多くなってしまうことが理由の一つに挙げられます。たとえば、売り・買い両方のポジションを保有すると、FX業者によってはスワップポイントが売り・買いで同額ではないため、その差額分のコストを毎日払う必要があります。長期的にポジションを保有するとトータルのコストが大きくなる点に注意したいです。また、取引をする際にかかるスプレッドコスト(為替レートの売値と買値の差)も両建て取引の場合は通常の2倍かかるため、取引回数を重ねるにつれて取引の損益に影響を及ぼします。

ロスカットになるおそれがある

新規注文時には取引数量に応じた必要証拠金が必要となるため、証拠金の余力がないタイミングでは希望の数量を発注できない場合があります。また、みんなのFXではMAX方式といって同じ通貨ペアの売りポジションと買ポジションの合計を比べて高い方のみの証拠金でお取引が可能ですが、FX業者によっては両建てする際に売り・買いのポジションそれぞれに証拠金が必要となる場合があるため、事前に確認しておきたいです。為替市場では値動きが大きくなるとスプレッドが拡大することがあります。口座資金に余裕があっても、早朝の流動性の低い時間や相場急変時にはスプレッドが拡大して評価損が増えてしまうことがあり、両建て取引は相場変動による影響が大きくなる場合があることに注意したいです。

「みんなのFX」は両建てを設定できる?

「みんなのFX」では、発注画面にある注文設定で「両建」を設定することができます。この設定をOFFにすると同一通貨ペアの売り・買いポジションを同時に保有することはできません。つまり、OFFの状態で保有しているポジションの反対売買をすると、約定日時の古い建玉から順番に決済注文として注文が執行されます。たとえば、米ドル/円の買いポジションを10Lot保有している状態で、新規注文画面から米ドル/円を5Lot売った場合、自動的に買いポジション10Lotのうち5Lotが売り決済となります。この注文方式はFIFO注文(First in First out、先入れ先出し注文)とも呼ばれています。

逆に「両建」をONにすることで同一通貨ペアの売り・買いポジションを同時に保有することができるようになります。先と同じ例で、米ドル/円の買いポジションを10Lot保有している状態で、新規注文画面から米ドル/円を5Lot売った場合、新規買いの10Lotと新規売りの5Lotを同時に保有することになります。「みんなのFX」の証拠金計算には「MAX方式」が採用されており、必要証拠金は各通貨ペアの売ポジションの合計と買ポジションの合計、それぞれに対して算出した額のうち高いほうが採用される仕組みになっています。また売り・買いともに「高水準のスワップポイント」を提供できる体制を整えており、両建てしたことによるスワップの差額が比較的小さくなるよう努力しています。なお、「みんなのFX」では両建て取引が可能となっていますが、経済合理性を欠くおそれがある取引であるため推奨はしていません。

最短1時間で取引開始!※ 口座開設はこちら

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合。金曜日PM9:00~月曜日AM7:00のお申込および内容に不備があった場合を除く。

両建ては知識として覚えておこう

このページでは両建て取引が何なのか、使い方の実例を挙げながら紹介してきました。初心者がFX取引をする時に、なぜ両建てが可能なのか初めは理解することが難しいかもしれません。両建ては必ず使わなければいけない手法ではないため、デメリットを理解した上で自身のトレードに使うのかを判断する必要があります。FX業者ごとにルールが異なるため、利用する前に忘れずにチェックしましょう。両建てだけでなく、様々な知識を増やしてFX取引に生かしていきましょう。

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。