FXのLot(ロット)と1,000通貨単位について

FXのLot(ロット)と1,000通貨単位について

FX初心者の方にとって、いきなり大きな資金で運用を開始するのは勇気がいることと思います。でもご安心ください。FXは少額からはじめられます。「Lot(ロット)」を小さくすれば、数千円から取引を開始することができるのです。
本ページでお話しする「Lot(ロット)」に関する知識を身に着ければ、リスクを抑えるためにどのようにLotを調整すればよいかが理解でき、ご自身の資金力に合わせた無理のない運用の手助けとるはずです。

最短1時間で取引開始!※ 口座開設はこちら

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合。金曜日PM9:00~月曜日AM7:00のお申込および内容に不備があった場合を除く。

Lot(ロット)とは?

FXの取引を開始すると必ず「Lot(ロット)」という単語に出くわします。「Lot」とは何なのか具体的に説明していきます。

Lot(ロット)の意味

FXを取引する際の通貨量の単位を「Lot(ロット)」と表現します。「Lot(ロット)」は通貨の買付けや売付けが可能な最低取引単位を指す意味の用語で、実際のトレードではLot数ごとに外貨を購入したり売却したりします。右図は「みんなのFX」の取引画面です。注文画面の数量の部分に「Lot」と表記されています。発注する際には、買いたい(または売りたい)注文数量をLot単位で入力します。

Lot(ロット)の特徴

では、1 Lot(ロット)とはどのぐらいの取引数量なのでしょうか。実は、1Lotあたりの取引数量はFX会社によって異なります。「みんなのFX」では1 Lot=10,000通貨単位で、米ドル/円を取引する場合だと1 Lot=10,000ドルになります。他のFX会社では、1 Lot=100,000通貨のところもあります。間違えて発注してしまうと、自分が想定していた数量の10倍もの数量を取引することになりますので、FXをはじめる前に、ご自身が利用するFX業者のLotの単位は必ずチェックするようにしましょう。

当然ですが取引数量であるLot数が多くなるほど、利益も大きくなる半面損失額も大きくなります。初心者の方は、少額ではじめられて万が一損失が出た場合でも損失が少なく済むように、少ないLotから取引を開始するのがおすすめです。少ないLot数でトレード経験を多く積み、慣れてきたら少しずつLot数を増やしていきましょう。なお、「みんなのFX」での一度の取引で発注可能なLotの上限は100Lotとなっています。

Lot(ロット)とレバレッジの関係性とLot(ロット)数の決め方

取引しようとするLot数によってリスクの度合いも変わってきます。Lot数をどのように調整すればリスク度合いを調整することができるのか、ここでしっかりと理解しておきましょう。

Lot(ロット)とレバレッジの関係性

Lotとレバレッジは密接に関係しています。下記の必要証拠金の計算式からもわかるように、片方の数字を触れば、もう片方に影響が出ます。

必要証拠金=為替レート×Lot÷レバレッジ

たとえば、米ドル/円が1ドル=100円の時に、レバレッジ25倍で5 Lot(50,000ドル)を買う場合は、20万円の資金が必要となります。仮に同じ20万円で1 Lot(10,000ドル)買う場合は、実効レバレッジは5倍まで下がります。同じ資金でも、Lot数を増やすとレバレッジは高くなり、Lot数を減らすとレバレッジをおさえた取引が可能となります。

Lot(ロット)数の決め方

では、具体的にどのようにLot数を決めるといいのでしょうか。もう一度先ほどの計算式を見てみましょう。この中から、まず、資金はいくら用意できるのかを決めましょう。次に、レバレッジは何倍で取引するのか決めます。するとロット数が大方決まってきます。たとえば、用意できる資金が10万円で、レバレッジ10倍で米ドル/円を取引するとしましょう。為替レートが1ドル=100円だったら、取引可能なロット数は最大1 Lot(10,000ドル)になります。

Lot =必要証拠金÷為替レート×レバレッジ
1 Lot(10,000ドル)=10万円÷100×10

この時のレバレッジを「実効レバレッジ」と言いますが、FX初心者の方は「実効レバレッジ」が3倍程度になるように意識するとよいでしょう。

上記の例で実効レバレッジを3倍にして取引した場合は、取引可能なLot数は最大0.3 Lot(3,000ドル)になります。レバレッジを低くしたことで、Lot数も少なくなりましたが、最初はレバレッジを低くして少額から取引を開始するように心がけましょう。

FXで利益が出ない一つの原因として、資金量に対してポジションが大きすぎる、ということが挙げられます。資金に対してどのぐらいの取引量が妥当なのか、しっかり考えた上で取引するようにしましょう。FXで利益をあげるためには資金管理やリスク管理が欠かせません。

「みんなのFX」では、取引する通貨ペアのレートやLot数、資金をもとに、実効レバレッジが何倍かを計算する 「実効レバレッジシミュレーション」や、指定した実効レバレッジで取引するために必要な資金を計算するのが面倒な場合、実効レバレッジを簡単に計算できるシミュレーション機能をご用意していますので併せてご利用ください。

>実効レバレッジシミュレーションを使ってみる

最短1時間で取引開始!※ 口座開設はこちら

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合。金曜日PM9:00~月曜日AM7:00のお申込および内容に不備があった場合を除く。

少額から始められる1,000通貨(0.1Lot)単位取引

これまで説明してきたとおり、FXをはじめて取引する方は、少額から取引を開始しましょう。「みんなのFX」なら1,000通貨(0.1 Lot)から取引できます1,000通貨(0.1Lot)単位で取引した場合、10,000通貨(1Lot)での取引と比べて、約10分の1の必要証拠金で取引が可能です。また、10,000通貨(1Lot)の取引と比べて損益も10分の1となりますので、FXが初めての方やリスクを抑えたい方におすすめです。1,000通貨(0.1Lot)単位のお取引でポジションを小さくすることで、口座開設したばかりの方でもご自身の投資スタンスに合わせたお取引が可能となり、FX取引がより身近になります。

1ドル=100円のときにレバレッジ25倍で取引した場合

USD/JPYの場合

10,000通貨(1Lot) 1,000通貨(0.1Lot)
維持証拠金 40,000 4,000
手数料 0 0
スプレッド 0.2銭(※原則固定) 0.2銭(※原則固定)
1円の円安 10,000円の利益 1,000円の利益
1円の円高 10,000円の損失 1,000円の損失

※原則固定時間(AM8:00~翌日AM5:00)のスプレッドを表記。(2020年3月31日時点)
※相場の変動時や流動性の低下している状況などによりやむを得ずスプレッドが拡大する場合もございます。

>証拠金シミュレーションを使ってみる

全通貨ペアで1,000通貨(0.1Lot)取引に対応

「みんなのFX」では、すべての取扱通貨ペアが1,000通貨単位(0.1Lot)からお取引いただけます。高金利通貨として人気の高いメキシコペソ/円であれば、1ペソ=5円のときに200円(=5円×1,000ペソ÷レバレッジ25)から取引できます。FXがはじめての方はもちろん、アクティブトレーダーの方であっても、普段あまり取引しない通貨ペアを取引する際には少額から取引するとよいでしょう。

usd/jpy eur/jpy gbp/jpy aud/jpy
nzd/jpy try/jpy mxn/jpy zar/jpy
CNH/jpy chf/jpy cad/jpy HKD/jpy
SGD/jpy PLN/jpy NOK/jpy SEK/jpy
eur/usd gbp/usd aud/usd nzd/usd
eur/gbp EUR/AUD GBP/AUD AUD/NZD
usd/chf eur/chf gbp/chf

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。