お役立ち!FX用語集

「サ」から始まるFX用語一覧

サーキットブレーカー制度ウィキペディアにリンクします。
サーキットブレーカー制度

株価指数先物取引や株価指数オプション取引において、先物が一定の価格を超えて上昇(下降)し、かつ、理論価格と一定幅を超えて上方(下方)にかい離した場合に、証券取引所が発動する取引を一時中断する措置のこと。

サイクルウィキペディアにリンクします。
サイクル

チャート作成の際に、見られる2つの動きのうちの1つ。株価の動きを観察する際に見られる上下へ波打つ動きの事。サイクルは、株価の循環的な動きを指し示す短期的に見られる現象。 季節的要因や市場のムードから生まれる動きとも言える。

最終決済ウィキペディアにリンクします。
最終決済

取引最終日まで転売・買戻しにより決済されなかった建玉を、取り決めた値段で取引し、決済することを言う。

最終気配値段ウィキペディアにリンクします。
最終気配値段

最終気配値段とは、取引時間において最後に出された特別気配値段のことをさす。なお、特別気配を表示したまま取引を終了することを「気配引け」と呼ぶ。

最終清算指数ウィキペディアにリンクします。
最終清算指数

取引最終日までに転売又は買戻しが行われなかった建玉については、最終決済期日において、最終決済が行われる。最終決済時の 「現実の指数」 とは, 指数を構成する各現物株の現物市場での始値から算出される特別な指数のことを指し、 これを特別清算指数(SQ値)と言う。

最終利回りウィキペディアにリンクします。
最終利回り

投資者が債券を購入し、償還期日まで保有した場合の利回りのことを言う。償還時に発生する額面と買付価格との差に利息収入を加え、1年あたりで投資金額に対してどれだけの割合になるかを表す指標。

裁定取引ウィキペディアにリンクします。
裁定取引

アービトラージ、鞘(さや)取り。異なる2つの市場の価格差を利用して利益を得ようとする取引。 

債務譲渡ウィキペディアにリンクします。
債務譲渡

デット・アサンプションといい、企業が所有する特定の債務を第三者に引き受けてもらう取引を指す。たとえば金利の上昇による債務の目減り分をこの方法で現金化したり、負債のオフバランス化により実質的な繰上げ償還をはかり財務体質を改善させること。英語ではDebt Assumptionという。 

財務諸表ウィキペディアにリンクします。
財務諸表

有価証券届出書や有価証券報告書に記載される財務計算に関する書類のうち、貸借対照表、損益計算書、利益処分計算書または損失処理計算書および附属明細表を「財務諸表」といい、財務諸表は「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(財務諸表等規則)に則って作成されることが必要とされる。

材料ウィキペディアにリンクします。
材料

相場の判断材料のこと。相場は様々な要因で動くが、その変動原因や変動要因のこと。相場が上がる要因は好材料、下がる要因は悪材料と言われる。外国為替相場の場合、各国の金利、経済指標、株価、紛争、要人発言、自然災害、などが材料となる。 

材料出尽くしウィキペディアにリンクします。
材料出尽くし

かくれていた材料が全部出尽くして、これ以上出ない場合、またはその状態のことをいう。

材料難ウィキペディアにリンクします。
材料難

相場の基調がさほど変わらないときに使われる。売買するだけの「材料」がないため、売買が手控えられている状況をさす。

材料待ちウィキペディアにリンクします。
材料待ち

材料が出るのを待って、売るなりまたは買うなりするため、相場の成り行きを見守り、売買を見送ることを言う。

先物為替取引ウィキペディアにリンクします。
先物為替取引

直物為替と違い、将来のある特定の日付、一定期間後にある一定条件で(受け渡し場所・通過種類・金額・期日など)、為替の受け渡しを行う事。例えば今から1ヵ月後にZ銀行で1,000ドルを1ドルにつき108円で受け渡すなどのこと。 

先物コミットメントウィキペディアにリンクします。
先物コミットメント

一定の期日に先物取引が売りか買いのいずれかに集中したままになった残高のこと。

先物相場(フォワード・レート)ウィキペディアにリンクします。
先物相場(フォワード・レート)

先物為替取引に使われる相場の事。予約レートの事なので、フォワード・レート(foward rate)とも言う。銀行間相場(インターバンク・レート)のうちの1つ。 

先物ディスカウントウィキペディアにリンクします。
先物ディスカウント

直物相場が先物相場がより高い場合を先物ディスカウントと言う。直先スプレッドの表示に使われる。実勢の数字の前にd(小文字)と表記があればディスカウントの意味。 

先物取引ウィキペディアにリンクします。
先物取引

先物取引とは、将来の一定の期日に、今の時点で取り決めた価格で特定の商品を取引する契約のこと。英語では、フューチャーズ取引(FUTURES)という。取引所で行われる定型商品の予約取引。 

先物プレミアムウィキペディアにリンクします。
先物プレミアム

先物相場が直物相場より高い場合を先物プレミアムと言う。直先スプレッドの表示に使われる。実勢の数字の前にp(小文字)と表記があればプレミアムの意味です。 

先物予約の締結ウィキペディアにリンクします。
先物予約の締結

為替の受け渡し場所、通過種類と金額、為替相場、受渡期日などの先物為替取引の契約を結ぶ事。forward exchange contract。 

先渡取引ウィキペディアにリンクします。
先渡取引

フォワード取引とも言う。外国為替の取引成立後、3営業日以降に受渡を行う取引。相対で行われる予約取引で取引・受渡条件は自由に決める事ができる。先物取引とは違い、先渡取引は店頭取引で現物決済を行う。また実際に現物の商品の受け渡しを行うため、取引の時点でその代価となる資金が必要となる。 

差金決済ウィキペディアにリンクします。
差金決済

現物の受渡しを行わず、反対売買による差額の授受で決済を行うこと。外国為替証拠金取引のほとんどはこの方法により決済を行う。 

下げ足ウィキペディアにリンクします。
下げ足

相場が軟調である状態のときに使われる。相場が安くなっていくことを指す。

指値注文ウィキペディアにリンクします。
指値注文

○○円で買い(売り)など、売買価格を明示して注文をすること。買いの場合には指値以下で、売りの場合は指値以上で取引される。この注文は、希望どおりの値段で売買できるが、反面わずかな値段の差で約定できないこともある。

指値出来ずば引け成行注文ウィキペディアにリンクします。
指値出来ずば引け成行注文

立会終了時までは指値注文として有効な注文で、ザラバで売買が成立しなかった場合には、前引けまたは大引けの時点において、引け成行注文に変更して執行することを条件とする注文のこと。

サスペンドウィキペディアにリンクします。
サスペンド

市場連動制に切り替わった後に更に相場が動いて、当初の仲値より2円以上スポット・レートが乖離した時には、当初の仲値の適用が停止され、新たに新しい仲値が公示される。市場連動制が10万ドル以上の取引を対象としているのに対し、サスペンドは対顧客市場で10万ドル未満の取引でも対象となる。仲値、市場連動性参照

サプライズウィキペディアにリンクします。
サプライズ

企業の合併や新製品開発ニュース、各種経済データの発表、日銀総裁などの要人発言など、為替や株価などの相場を大きく動かすような驚くべきニュースや材料が出ること。 

サポートウィキペディアにリンクします。
サポート

為替市場介入の用語。市場価格が下がりそうになり、商品を買ってその下落を阻止して、元の状態に出来るだけ近づけること。supportの事。 

サポート水準ウィキペディアにリンクします。
サポート水準

テクニカル分析用語でレジスタンス(抵抗線)の逆の意味。その値段に達すると買い注文が出てくるであろうという水準。相場の支持線。 

サマータイムウィキペディアにリンクします。
サマータイム

4月の第1日曜日から10月の最終日曜日までの期間(米国の場合)。この間、時計の針が1時間進められる。

サムライ・ボンドウィキペディアにリンクします。
サムライ・ボンド

円建て外債の1つ。サムライ債のこと。外国の政府や法人が、日本国内で発行する円貨建て債券のこと。利払い、償還とも円貨建てで行われ、為替リスクは無い。公募債として発行される。公募債とは、不特定多数の一般投資家に対して有価証券の募集を行うもの。 

ザラ場ウィキペディアにリンクします。
ザラ場

ザラ場とは、板寄せ売買を除いた寄付と引けの間の時間、およびその間の売買方法を総称して指す。「ザラにある普通の場」という意味。

三角保ち合い(Triangle)ウィキペディアにリンクします。
三角保ち合い(Triangle)

チャート・パターン。相場がレンジ(上昇トレンドと下降トレンドのどちらにも当てはまらない状態=保ち合い)を形成し始めると、チャートの上値の抵抗線と下値の支持線が徐々に近づき、形状が三角形のようになる状態をいう。

三番底ウィキペディアにリンクします。
三番底

下落相場の過程で急激に大底をつける場合は少なく、数度にわたって底をつける。その際の三番底をいう。

もっと検索する!


みんなのFXへ口座開設