お役立ち!FX用語集

「ロ」から始まるFX用語一覧

ローウィキペディアにリンクします。
ロー

オプションのリスク指標のひとつで、金利変化に対するオプション価格の変化額を表す。

ローソク足ウィキペディアにリンクします。
ローソク足

チャートのグラフ形の1つ。1本の足に始値、高値、安値、終値の4本値と、終値が始値よりも高く終わったか(白抜き)、安く終わったか(塗りつぶし)を表している。明治30年頃に日本で開発された。 

ロールオーバーウィキペディアにリンクします。
ロールオーバー

二つの通貨間の金利差に基づいて、取引の決済日を他の決済日に先送りする取引。 ポジションの繰越し・先延ばしのこと。本来、外国為替市場での決済は取引の2営業日後だが、店頭外国為替証拠金取引では顧客が決済するまで自動的にロールオーバーが行われる。

ロスカットウィキペディアにリンクします。
ロスカット

保有している評価損の出ているポジションを、反対売買することによって損失を確定すること。損切り。 

ロングウィキペディアにリンクします。
ロング

買い付けること及び買いのポジションを保有することをいう。⇔ショート

ロング(ロングポジション)ウィキペディアにリンクします。
ロング(ロングポジション)

買いポジションを維持した状態。(⇔ショート) 

ロンドン外国為替市場ウィキペディアにリンクします。
ロンドン外国為替市場

ロンドンの銀行を中心とした取引が活発になる午後5時から午前1時(日本時間)くらいまでのこと。またその時間帯の取引と市場参加者全体を指して「ロンドン外国為替市場」と呼ぶ。 

ロンドンフィキシングウィキペディアにリンクします。
ロンドンフィキシング

LDN市場の16時。東京市場での仲値公示時間のように相場の動意が見られやすい。ニューヨークオプションカット参照

もっと検索する!


みんなのFXへ口座開設