お役立ち!FX用語集

「レ」から始まるFX用語一覧

レーガノミクスウィキペディアにリンクします。
レーガノミクス

レーガン元米大統領が掲げた経済政策。大幅減税と軍事費を除く歳出削減により、米経済の再生実現に努めた政策。1990年代後半からの好景気の土台を築いたと評価される一方、「双子の赤字」を招き貧富の差を拡大したとの批判も受けている。

レーティングウィキペディアにリンクします。
レーティング

ファンドアナリストが、個々の企業を分析してつけた投資判断評価のこと。

レートチェックウィキペディアにリンクします。
レートチェック

中央銀行が民間銀行に「いまのレートはいくら?」と聞くことをレートチェックと言う。一般的に、中央銀行が望ましくないと思う水準に相場があるとき、レートチェックはされやすい。レートチェックの実施が伝わると、市場では介入に対する警戒心が強まる。つまり、レートチェックは、口先介入と同じような意味合いを持っていると言える。

レジスタンスウィキペディアにリンクします。
レジスタンス

ある価格帯を越えて相場が上がりにくいと見られる場合に、その価格帯を示す用語。(⇔サポート) 

レパトリウィキペディアにリンクします。
レパトリ

レパトリとは、レパトリエーション(Repatriation)の略で、資金の国内への還流。外貨建て資産を売り、さらに自国通貨に交換し、国内に送金すること。 「機関投資家などが、海外に投下している資本を自国に戻す」等の意味で使われる。

レパトリエーションウィキペディアにリンクします。
レパトリエーション

略してレパトリ。為替市場においては、海外で投資していた自国の資金を本国通貨に買い戻すことを言う。すなわち、日本の場合は、円を買い戻すこと(円転)を言う。

レバレッジウィキペディアにリンクします。
レバレッジ

デリバティブを活用すれば、実際の投資金額以上の組入れを行って投資成果を上げることが可能になるが、この運用をレバレッジ(てこの力)と言う。ハイリスク・ハイリターンの投資手法となる。

レバレッジ効果ウィキペディアにリンクします。
レバレッジ効果

てこの原理。少ない資金で大きな取引を行うことにより、投資した資金に対する損益の比率が大きくなること。 

レンジ相場ウィキペディアにリンクします。
レンジ相場

レンジ(Range)は範囲・領域・射程距離の意。ある一定の範囲内で、上下動を繰り返す相場のこと。ボックス相場とも言う。 

連邦公開市場委員会ウィキペディアにリンクします。
連邦公開市場委員会

米国連邦準備理事会の政策決定委員会。米国の公定歩合や金融政策を決定する。公開市場操作の決定などを行う。FRBの理事7名、ニューヨーク連銀総裁1名、地区連銀総裁4名の合計12名で構成。 年8回、約6週間ごとの火曜日(2日間の場合は水曜日を含む)にワシントンで開催され、委員会終了後、米国政策金利であるFFレート(フェデラル・ファンドレート)の誘導目標と景況判断および運営方針などが発表される。 

連邦準備銀行ウィキペディアにリンクします。
連邦準備銀行

連邦準備制度で、政策を実行する機関。ニューヨーク連銀、アトランタ連銀、ボストン連銀、シカゴ連銀、クリーブランド連銀、ダラス連銀、カンザス連銀、ミネアポリス連銀、フィラデルフィア連銀、リッチモンド連銀、サンフランシスコ連銀、セント・ルイス連銀の12地区連銀。 

連邦準備制度ウィキペディアにリンクします。
連邦準備制度

連邦準備制度理事会・連邦公開市場委員会・連邦準備銀行の総称。Fed(フェッド)あるいはFRS。 

連邦準備制度理事会ウィキペディアにリンクします。
連邦準備制度理事会

米国の中央銀行。公定歩合・支払準備率・公開市場操作などの金融政策を行う。 

連邦準備理事会ウィキペディアにリンクします。
連邦準備理事会

。FRSにおける最高意思決定機関。議長以下7人の理事で構成される。FRBともいうFRS参照。

もっと検索する!


みんなのFXへ口座開設