お役立ち!FX用語集

「キ」から始まるFX用語一覧

キーカレンシーウィキペディアにリンクします。
キーカレンシー

国際間の決済などで用いられたり、外貨準備高として各国が保有している通貨。ドルが基軸通貨として位置している時代が長く続いているが、ユーロ圏の拡大などを背景に、ドル・ユーロの二大基軸通貨となる日も近いかもしれない。

キウイウィキペディアにリンクします。
キウイ

ニュージーランドドルの通称。

期先ウィキペディアにリンクします。
期先

先物取引において受渡期日までが長いもの。

刻みウィキペディアにリンクします。
刻み

相場の価格単位。「1円刻み」といえば、1円ずつ上下することを言う。

基準値ウィキペディアにリンクします。
基準値

前日の取引で成立した最終値段(終値または最終気配値)のこと。

季節調整済みウィキペディアにリンクします。
季節調整済み

経済データの動きには、景気など経済の実勢によって動く部分と季節性によって動く部分がある。このうち、季節変動の影響を取り除いた経済データを、「季節調整済み」と表記する。

期近ウィキペディアにリンクします。
期近

先物取引において受渡期日までが短いもの。期近限月とも言う。

期中ウィキペディアにリンクします。
期中

期先と期近の真ん中のもの。

規模別株価指数ウィキペディアにリンクします。
規模別株価指数

TOPIX(東証株価指数)を補完する指数の一つ。東京証券取引所の市場第1部上場銘柄を、上場株式数の多寡に応じて「大型株」「中型株」「小型株」と分類し、それぞれの株価指数を算出して表す。規模別分類は、上場会社ごとの定款で1単位の株式数が各々異なってくるので、単位株数換算後(上場株式数×1000株/1単位の株式数)の株式数で行われる。また、単位株制度非適用会社については、 1株を1単位の株式数とみなして計算する。

逆イールド・カーブウィキペディアにリンクします。
逆イールド・カーブ

通常、右肩上がりの曲線を描くイールド・カーブが、右肩下がりの曲線になることを逆イールドと言う。"短期金利>長期金利"の関係が成立するときに、このような曲線を描く。イールド・カーブ参照

逆指値注文ウィキペディアにリンクします。
逆指値注文

売買注文の際に、値段の指定を何円以上なれば買う、または何円以下なれば売るといった注文の仕方。「逆指し」とも言う。

逆バリウィキペディアにリンクします。
逆バリ

相場が上昇している時に天井を狙って売り、下降している時に底を狙って買う事。⇔順張り

ギャップウィキペディアにリンクします。
ギャップ

チャートで前日の値段から離れた値段で寄り付き、引けて、前日の価格との間に空白を作った場合、その部分を窓と呼ぶ。

キャピタルゲインウィキペディアにリンクします。
キャピタルゲイン

株式などの有価証券や為替などの価格変動によって発生する売買差益のこと。譲渡益や資本利得、投資収益とも言われる。配当や利子など経常的に発生するものは、インカムゲインと呼ばれる。

キャピタルゲイン課税ウィキペディアにリンクします。
キャピタルゲイン課税

居住者または、国内に恒久的施設を有する非居住者が株式等の譲渡をした場合には、その譲渡にかかる譲渡所得等については、申告分離課税にて確定申告をおこなわなくてはならない。平成13年度の税制改正までは、申告分離課税か源泉分離課税のどちらかの課税方法を選択できたが、平成14年12月31日に廃止された。これに伴い、申告分離課税の税率が、売却益の26%から10%に下がった。(2008年以降は20%)。

旧株ウィキペディアにリンクします。
旧株

株式会社が株式分割や増資、合併・株式交換等により、新しく発行する株式のことを新株というのに対して、すでに発行されている株式のこと。なお、旧株を親株、新株を子株ともいう。

業種別株価指数ウィキペディアにリンクします。
業種別株価指数

TOPIX(東証株価指数)を補完する指数の一つで、東京証券取引所の市場第一部上場銘柄を、総務省統計局の定める「日本標準産業分類」により、建設、化学、電気機器等の33業種に分類し、それぞれの業種の株価指数を算出したもの。

銀行間市場ウィキペディアにリンクします。
銀行間市場

銀行間同士で為替の取引をしている市場。

金融緩和ウィキペディアにリンクします。
金融緩和

不況時に日銀が採る金融政策の一つ。一般的に、公定歩合を下げたり、公開市場操作で買いオペを行ったり、また、預金準備率を引き下げることによって市中に出回る資金を増やし、景気の回復を図る。⇔金融引き締め

金融債ウィキペディアにリンクします。
金融債

特定の金融機関が特別の法律に基づいて発行する債券で、利札を付けて発行する"利付金融債"と、利札がなく利子相当額を割り引いて発行する"割引金融債"がある。

金融政策決定会合(日銀)ウィキペディアにリンクします。
金融政策決定会合(日銀)

日銀総裁、同副総裁2人、審議委員6人の計9人で、月に1-2回開かれる会合。金融政策を集中的に話し合うために開催される。政策決定の背景となる景気判断などは、翌営業日に「金融経済月報」で示されるほか、約1ヶ月後には討議した内容が「議事要旨」として公表される。

金融引き締めウィキペディアにリンクします。
金融引き締め

好況時に日銀が採る金融政策の一つ。一般的に、公定歩合を上げたり、公開市場操作で売りオペを行ったり、また、預金準備率を引き上げることによって市中に出回る資金を減らす。⇔金融緩和

キウィウィキペディアにリンクします。
キウィ

ニュージーランド・ドル(NZD)のこと。ニュージーランドの通貨。 

機械受注統計ウィキペディアにリンクします。
機械受注統計

機械受注統計とは、内閣府が毎月発表する指標。主要機械等の製造業者を対象とし、各産業から1ヶ月間にどれだけの受注をしたかを集計した統計。先行指標として代表的なもの。 

機関投資家ウィキペディアにリンクします。
機関投資家

利益獲得を目的とし、株式や債券に大口の運用・投資を行い、資本市場に常に参加している企業や団体の事。主に生命保険会社、損害保険会社、普通銀行、投資信託会社、信用金庫、年金基金、共済組合、農業団体、信託銀行、政府系金融機関など。また外国人投資家(含む、外国人個人投資家)も機関投資家に含まれ、日本国内の外資系企業、アメリカの年金資金や投資信託など、日本の市場に投資している。投資金額の大きさから市場に与える影響は大きいとされる。 

基軸通貨ウィキペディアにリンクします。
基軸通貨

国際通貨の中で中心的な役割を持ち、国際間取引で広く使用している通貨。現在の基軸通貨は米ドル。 

基準線ウィキペディアにリンクします。
基準線

過去26日間の高値と安値の平均値(相場の中期的な均衡点であると同時に、潜在的なトレンドを決定する線であり、相場そのものの「基準」となる線なので均衡表において最重視される)(⇒転換線、遅行線) 

基準相場ウィキペディアにリンクします。
基準相場

1国の通貨の国際通貨に対する為替相場の事で、日本の場合は対米円相場、つまり米ドルと円の相場が基準相場と考えられる。ただし、市場価格に対する自然価格というような名目上の相場を意味する場合と、他の相場をリードする役割を果たす相場の2つの意味に分かれる。 

気象デリバティブウィキペディアにリンクします。
気象デリバティブ

日本でも損保業界を中心に1999年頃から試験的な試みとして登場したデリバティブ商品。オプション料を払ってリスクをヘッジするという構造は保険と似ているが、米国でも保険とデリバティブのリンクが強まった為に登場した。1997年頃からOTC取引として始まっている。欧米では、HDD(ヒーティング・ディグリー・デイズ)やCDD(クーリング・ディグリー・デイズ)と呼ばれる指標を使って、ある一定の数値以上になると補償が始まるというデリバティブになっている。たとえば穀物農家では、栽培シーズンに気温が上がる(または下がる)リスクがあり、そのような気象変動に関するヘッジである。英語ではWeather Derivativesという。 

逆為替(外国為替の)ウィキペディアにリンクします。
逆為替(外国為替の)

内国為替としての逆為替と流れは同じ。A会社はアメリカのB会社を支払人とする貿易手形の振出した場合、受取人は日本のC銀行とする。A会社は船積書類を添えてC銀行に手形を持ち込む。C銀行は外貨相当分の日本円をA会社に支払う。C銀行はコルレス銀行であるD銀行に取立を依頼する。D銀行はB会社に支払いを求め、D銀行経由でC銀行に支払いがされる。商品の売り手が買い手からお金を取り立てる方法である事は、内国為替と同じ。 

逆為替(取立為替)ウィキペディアにリンクします。
逆為替(取立為替)

内国為替取引の1つ。簡単には商品の売り手が買い手からお金を取り立てる方法。国内の商取引で、A会社がB会社に対してC銀行を支払人とする小切手を振り出す。受け取ったB会社は小切手を現金化するため自社の取引銀行のD銀行に依頼する。依頼を受けたD銀行は小切手を手形交換所に持ち込み、小切手はC銀行に渡される。C銀行はA会社の口座から代金を引き落とし、C銀行はその代金を日本銀行にあるD銀行の口座に振り込む。それを元にD銀行はB会社に支払いをする。 

逆張りウィキペディアにリンクします。
逆張り

他の投資家たちが弱気になって相場が下落してくる場面を買う手法のこと。他の投資家の裏をかく投資手法という意味合いだが、基本的には下がって行く動きの中で買い、上がってきたところを売るという投資姿勢のこと。 

逆張り投資家ウィキペディアにリンクします。
逆張り投資家

いわゆる逆張りをする投資家のこと。市場で不人気な銘柄や商品に投資する投資家。または強気市場で株などを売ったり、弱気市場で買ったりする投資家のこ

キャッシュ・マネジメントウィキペディアにリンクします。
キャッシュ・マネジメント

余剰資金を効率的に運用するサービスのこと。おもにマスター・トラストによる年金管理などに使われる。取引の未決済などで生まれた余裕資金についてマスター・トラストがその余裕資金を集め、有効に運用し、かつ運用マネージャーに余剰資金の有無を知らせるなどの具体策がある。英語ではCash Managementという。 

キャピタル・ゲインウィキペディアにリンクします。
キャピタル・ゲイン

投資した時の価格よりも、売却時の価格が高いことによる売買差益。 

キャピタル・ロスウィキペディアにリンクします。
キャピタル・ロス

投資した時の価格よりも売却時の価格が低いことによる売買損失。 

キャリー・トレードウィキペディアにリンクします。
キャリー・トレード

異なる通貨間の金利差から利益を受けることを目的にした一種の裁定取引のこと。具体的には、円やフランなどの相対的に金利の低い通貨で資金調達し、豪ドルやNZドルなどの相対的に金利の高い通貨で運用することで利ザヤを稼ぐ投資手法のことを指す。ヘッジファンドの有力な資金調達・運用手法とされている。英語では、Carry Tradeという。 

ギャン理論ウィキペディアにリンクします。
ギャン理論

テクニカル分析の1つの理論。W.D.ギャンがトレーディングに成功した考え方を晩年になって体系化したもの。「相場観測法」「予測法と建玉法」「運用ルール」に大別される。聖書に学んだ投資哲学ともいわれ、また占星術、古代神話等の要素もその理論に反映されているため、一般には理解するのに困難だと言われている。 

協調介入ウィキペディアにリンクします。
協調介入

協調介入(Coordinated Intervention)とは、外国為替相場の流れを変えるため、複数国の中央銀行が共同して行う介入行為。一国のみで行う介入よりも効果が高いと言われる。 

キングストン合意ウィキペディアにリンクします。
キングストン合意

1973年に主要国は変動相場制に移行を開始した。1976年1月、ジャマイカのキングストンで、IMFの暫定委員会が開かれ、変動相場制を正式に承認して、IMFの第2次協定改正を決定をした。これにより金の廃貨が決定した。実際の制度発効は1978年4月1日。 

金融経済月報ウィキペディアにリンクします。
金融経済月報

日銀が毎月1回、金融・経済情勢を分析し公式に発表する資料。金融政策を判断するための基礎となる経済と金融の情勢に関する基本的見解。金融政策の方針を決める金融政策決定会合で内容を審議し、政策決定の基礎資料とする。 

金融工学ウィキペディアにリンクします。
金融工学

キャッシュ・フローを自由に作り変える技術。スワップ取引やオプション取引など、デリバティブズを使いこなす技術。高度な数学・統計学・計量経済学の手法を用い、コンピューターを駆使して金融商品のリスク管理などを行い、さらには新しい金融資産の開発をめざす学問の領域。 

金融先物取引ウィキペディアにリンクします。
金融先物取引

将来の特定された時期に、現時点で決めた価格から特定の金融商品を売買することを約束する取引。為替の変動、および金融の自由化により、通貨および金利が大きく変動するようになった為、このような変動リスクを回避するための、リスクヘッジ手段として開発された。 

金融先物取引法ウィキペディアにリンクします。
金融先物取引法

外国為替証拠金取引(FX)や通貨オプションなどの金融商品が規制の対象。外国為替証拠金取引(FX)について、公設の取引所(東京金融先物取引所)を設け、取引を行わせるとともに、取引所外の取引についても、業者の登録制、自己資本規制比率の報告、広告表示義務、不招請勧誘禁止等の規制を行い、顧客保護と取扱業者の適格性維持が主目的。2005年7月1日改正施行。 

金融商品販売法ウィキペディアにリンクします。
金融商品販売法

金融商品の取引に関するトラブルから消費者を保護するため、金融商品販売業社に対して、販売する金融商品のリスクなど重要事項を消費者に説明する義務などを定めた法律。2001年4月1日施行。 

金融政策ウィキペディアにリンクします。
金融政策

金利や通貨供給量を調節することで、物価の安定をはかり経済の動きを調整する、中央銀行の政策。金利政策、公開市場操作、支払準備率操作(預金準備率操作)という3つの代表的な手段がある。

金融政策決定会合ウィキペディアにリンクします。
金融政策決定会合

日本銀行の政策委員会が毎月2回行う金融政策を審議するための定例的な会合のこと。会合での決定内容は会合終了後に直ちに公開される。また「金融経済月報」として、文書化されて公開されている。 

金融政策決定会合(NZ)ウィキペディアにリンクします。
金融政策決定会合(NZ)

NZ中央銀行(RBNZ)が行う会合で、外部識者からの政策評価(Monetary Policy Review)も受け、政策金利(オフィシャルキャッシュレート)の決定を行う。 

金融政策決定会合(豪)ウィキペディアにリンクします。
金融政策決定会合(豪)

豪中央銀行(RBA)が行う会合で、政策金利に該当するオフィシャルキャッシュレートをはじめとする金融政策を決定する。政策金利の変更がない場合は公式な記者会見は開かれない。 

金融相場ウィキペディアにリンクします。
金融相場

金融緩和や余った資金などを背景に上昇する相場のこと。景気後退期などの不況期において、企業の設備投資の減退により、企業財務に余剰資金が生じる。この余剰資金の投資先として、低金利を反映し、魅力が増した株式投資が選ばれることになり市場が活性化するような相場局面のことを金融相場という。 

金融派生商品ウィキペディアにリンクします。
金融派生商品

デリバティブ。既存の金融商品(株式、債券、為替)から派生してできた取引に付けられた総称。先物取引(フューチャー)、スワップ取引、オプション取引の総称。取引に大きな元手を必要とせず、決済も差額のみとなる。少ない資金で大きな取引ができる。 

金利ウィキペディアにリンクします。
金利

俗に公定歩合と言われる規制金利(政府が決定する金利)と、市場の需要に応じて決定される自由金利の2種類がある。 

金利裁定取引ウィキペディアにリンクします。
金利裁定取引

直先スプレッド(直物と先物の為替レートの差)と2国間の金利差を利用した取引の事。直先スプレッドと金利は、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)のほか、金融不安、国際政治問題、投機などの影響を受けて変化するため、2国間に金利差があっても、金利差分だけの収益が生まれるとは限らない。 

金利先渡し契約ウィキペディアにリンクします。
金利先渡し契約

将来の金利をあらかじめ予約する先渡し契約のこと。たとえば売り手と買い手の間で、金利が上昇して市場金利が約定金利を上回った場合は、売り手が買い手に上昇分を支払い、反対に金利が低下した場合は、買い手が売り手に金利の下降部分を支払う契約のこと。FRA (Forward Rate Agreement)とも言う。 

金利政策ウィキペディアにリンクします。
金利政策

公定歩合政策の事。具体的には公定歩合を上げ下げする操作の事を指す。好景気ならば公定歩合を上げる事によって、金融引締めを行う。不景気ならば公定歩合を下げる事によって、金融緩和をはかる一連の政策。 

金利平価ウィキペディアにリンクします。
金利平価

金利差から計算される直先スプレッドを指す。金利差と直先スプレッドが一致している状態を「金利平価が成立している」と言う。 

もっと検索する!


みんなのFXへ口座開設