お役立ち!FX用語集

「ア」から始まるFX用語一覧

アウト・オブ・ザ・マネー(O・T・M)ウィキペディアにリンクします。
アウト・オブ・ザ・マネー(O・T・M)

オプション取引の買い方が権利行使したときに、損失が発生する状態のことを言う。コールオプションでは、権利行使価格が原資産の価格を上回る場合、プットオプションでは、権利行使価格が原資産の価格を下回る場合がその状態となる。

アウトパフォームウィキペディアにリンクします。
アウトパフォーム

運用成績がベンチマークを上回ること。

青天井ウィキペディアにリンクします。
青天井

相場の値段が過去最高値を抜き、際限なく上昇するように思える状況。

悪材料ウィキペディアにリンクします。
悪材料

需要・供給、内部要因、政治的や経済的要因などからくる価格下落要因。⇔好材料

アク抜けウィキペディアにリンクします。
アク抜け

悪材料が出尽くして、相場が落ち着くこと。

悪目買いウィキペディアにリンクします。
悪目買い

一般に相場が下がっている状況で、売り人気であるにもかかわらず買われること。

上げ足ウィキペディアにリンクします。
上げ足

マーケットで使われる用語で、相場が堅調に推移している状態のときに使われる。相場が高くなっていくことを指す。

上げ一服ウィキペディアにリンクします。
上げ一服

相場の上昇が一時停止した状態。天井の場合もあるが、上昇の中断保合いの場合もある。

アジア太平洋経済協力会議ウィキペディアにリンクします。
アジア太平洋経済協力会議

アジア太平洋地域の持続的発展に向けた地域協力の枠組みで、参加国は21カ国。(日本・ASEAN7カ国・韓国・中国・香港・台湾・ロシア・オーストラリア・ニュージーランド・パプアニューギニア・米国・カナダ・メキシコ・チリ・ペルー)。APEC参照

足どりウィキペディアにリンクします。
足どり

マーケットで使われる用語で、過去の相場の動きをさす。ケイ線に用いられ、相場を予測する際の参考となる。足どりには、上げ足、下げ足、保ち合いの3つがある。

アセット・アロケーションウィキペディアにリンクします。
アセット・アロケーション

リスクを回避しつつ安定したリターンを獲得することを目的に、各種の資産をどのような割合で投資すべきかを決定する「資産配分」。

頭打ちウィキペディアにリンクします。
頭打ち

頭打ちとは、上昇基調にあった銘柄の勢いが弱まり、これ以上は上がりそうになくなってきた状態のことをいう。

アット・ザ・マネー(A・T・M)ウィキペディアにリンクします。
アット・ザ・マネー(A・T・M)

原資産の価格とオプションの権利行使価格が等しい(本質的価値がゼロの)状態のことを言う。

アップトレンドウィキペディアにリンクします。
アップトレンド

価格の上昇傾向、上昇トレンド。

アノマリーウィキペディアにリンクします。
アノマリー

市場の変則性のことで、既存の投資理論には証明のつかない価格の規則的な事象で、経験則的な動きのこと。

甘いウィキペディアにリンクします。
甘い

マーケットで使われる用語で、相場が下落している状態のときに使われる。市場価格が多少とも安い状態をさす。

アメリカンタイプオプションウィキペディアにリンクします。
アメリカンタイプオプション

オプション取引の開始日から取引最終日までの期間であれば、いつでも権利行使できるタイプのオプション取引の総称。

アヤウィキペディアにリンクします。
アヤ

相場が一方向に動いた後の、長期的にみて、大勢に影響のない相場の小さな変動のこと。アヤ戻し(呼吸戻し)、アヤ押し

安定操作取引ウィキペディアにリンクします。
安定操作取引

株価が異常な値動きをする恐れがある場合、有価証券の募集・売出を円滑に行う目的で、幹事証券会社などが買い支えなどの売買で相場をくぎ付けし、固定または安定を図る取引のこと。

アービトラージウィキペディアにリンクします。
アービトラージ

裁定取引、鞘(さや)取り。異なる2つの市場の価格差を利用して利益を得ようとする取引。 

相対取引ウィキペディアにリンクします。
相対取引

取引所などを介さず、売り手と買い手が直接に取引すること。OTC(Over The Counter)とも言う。 

アウトライト操作ウィキペディアにリンクします。
アウトライト操作

確定日渡条件の先物為替で売り埋めたり、買い埋めたりすること。金額と引き渡し期日が売り手・買い手の双方で一致して、さらに相場が一致しないと行うのが難しいため、通常は直物操作とスワップ操作を組み合わせる事が多い。 

アウトライト取引ウィキペディアにリンクします。
アウトライト取引

outright transactionsの事。先物為替取引のうちの1つ。先物為替取引で売りまたは買いのどちらか1つだけを行う事。具体的にはスポット(直物)取引やフォワード(先渡)取引のような、一定の時点で通貨を交換して約定する取引のことを指す。 

アゲインストウィキペディアにリンクします。
アゲインスト

保有しているポジションを市場レートで評価した場合に損失となる状態。(⇔フェイバー) 

アジア中銀ウィキペディアにリンクします。
アジア中銀

アジア中央銀行のこと。シンガポール通貨庁(Monetary Authority of Singapore)、インドネシア中銀(Bank Indonesia)、バンク オブ チャイナ(Bank of China : 中央銀行ではないが、中国の外国為替専門の銀行)、バンク・ネガラ・マレーシア(Bank Negara Malaysia)などを指す。市場介入やその他の目的を持ち外国為替市場で活躍することで大きな注目を集めている。 

アジア通貨危機ウィキペディアにリンクします。
アジア通貨危機

1997年夏のタイ・バーツ急落をきっかけに、インドネシア、マレーシア、韓国などで連鎖的に通貨が暴落し、金融機関や企業破たんが相次ぐ経済混乱に陥った。国際通貨基金(IMF)に緊急の金融支援を要請するに至って、経済不安は深刻化するとともにヘッジファンドなど欧米の投機筋が一斉にアジア諸国から短期資金を引き揚げたのが要因とされている。最終的には大量の資金がアジアから流出することとなった。 

アスクウィキペディアにリンクします。
アスク

外国為替取引におけるレート提示側の売り値のこと。オファー(Offer)とも言う。提示された側は、その値段で買うことができる。 

アセットアプローチウィキペディアにリンクします。
アセットアプローチ

為替相場決定理論のうち、近代派と呼ばれるストックアプローチのうち中心となる理論の事。ある一時点の金融資産の保有高に着眼して、為替の需給関係を見るという理論。金融資産の組合せのことをポートフォリオと呼ぶところから、ポートフォリオアプローチとも言う。 

アナウンスメント効果ウィキペディアにリンクします。
アナウンスメント効果

金融政策当局側の意図を経済主体に周知させることにより、経済主体の行動に影響を与えること。たとえば為替相場水準に対して通貨当局が市場介入の意思を表明する事で、それにより市場参加者の予想形成に影響を与え、結果的には為替相場を動かす事も可能である。 

アマウントウィキペディアにリンクします。
アマウント

取引をする際の取引金額。 

もっと検索する!


みんなのFXへ口座開設