FXレポート

ISM指数に注目

【本日のトレードポイント】
 先週金曜日は弱い結果となったシカゴ購買部協会景気指数やさえない米企業の決算を背景にダウ平均が軟調に推移、ドル円は一時108.31円まで下落しました。


 本日は中国財新製造業PMIやトルコ消費者物価指数(CPI)、ISM製造業景況指数に注目が集まります。特に米国の景気先行指標とされるISM製造業景況指数はドル円のみならずクロス円でも大きな値動きにつながることがあるため注目したいです。事前予想は48.4ポイントと前回数字より改善されることが見込まれます。ただ、引き続き景気の拡大・後退の節目である50ポイントを下回るとみられており、どちらかというとネガティブサプライズに注意したいです。また、アジア時間に発表される中国財新製造業PMIに関しては、中国経済の先行き懸念が強まっていることで、相場がリスクオンになりずらいことから予想を上回る場面でも上値は限られそうです。

知りたい語句を入力して、検索ボタンを押してください

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。