FXレポート

BOEは利下げ実施か

【本日のトレードポイント】
 昨日のFOMCでは政策金利が据え置かれ、超過準備への付利(IOER)が1.6%に引き上げられました。現在FRBが実施している月額600億ドル相当の米財務省短期証券(Tビル)の買い入れについて、新たなガイダンスは公表されませんでした。発表直後のドル円は小動きとなりましたが、パウエル議長の記者会見を受けて長期金利が低下したことで、109.05円付近まで下落しました。

 本日は英中銀政策金利発表や独消費者物価指数(CPI)、米第4四半期GDP(速報値)が注目されます。英中銀政策金利を巡っては利下げと据置き予想がほぼ拮抗しており、29日NYクローズ時点のCME-BoEWatch Toolでは利下げ45.0%、据置き55.0%となっています。また、四半期に一度公表されるインフレ報告の内容にも注目が集まることから、発表直後は荒い値動きとなりそうです。ただ仮に利下げが行われたとしても、継続的ではないとの見方が市場で広がればポンドが安値から切り返す展開も十分にあるため、突っ込み売りには注意したいです。米第4四半期GDP(速報値)は前期比年率+2.1%と予想されており、FRBのインフレ指標としても注目される米個人消費の結果も含めて確認したいです。昨日FOMC後のパウエル議長の会見を受けて、米長期金利が低下、ドル円も長期金利を意識する形で下落したことから米指標発表後の金利推移にも注目してみたいです。

知りたい語句を入力して、検索ボタンを押してください

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。