FXレポート

リスク懸念が一斉後退!いったい何が

【本日のトレードポイント】
 昨日は東京市場の引け後、中国の劉鶴副首相の訪米に加え為替操作国の認定解除観測など米中に関する多くのリスク懸念が後退しました。これにより米中第1段階の合意や署名は従前に比べスムーズに消化が進むことが予想されます。株価も堅調に推移しており、ドル高円安基調となっています。
 本日は米消費者物価指数(CPI)の発表が予定されています。昨年10月を境に小幅続伸となっており、本日発表分(12月分)も同様に堅調な数字となるとみられています。
 とはいえマーケットの注目テーマは引き続き米中通商問題と中東情勢の行く末です。ともに楽観的なムードが広がるだけにネガティブサプライズには注意していきたいです。

知りたい語句を入力して、検索ボタンを押してください

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。