FXレポート

中国の貿易収支を確認

東京市場
 東京市場ではドルは下落後に下げ渋る。前日にパウエルFRB議長が議会証言でハト派寄りの発言となったことから、7月末の利下げ観測が強まりドル円は一時107.86円まで下落しました。ただその後は日経平均株価が前日比で上昇していたことなどを受け下げ渋る展開となり、東京市場終盤でドル円は108円台を回復しました。

ロンドン市場
 ロンドン市場ではドル買い優勢。6月米消費者物価指数(CPIコア)が前月比+0.3%となり事前予想を上回ったことからドルが優勢の展開となり、ドル円は108.05円付近から一時108.33円まで上昇、ユーロドルは1.1280ドル付近から一時1.1262ドルまで下落しました。なお、英ガーディアン紙が保守党党首選でジョンソン前外相は既に当選するのに十分な表が集まっていると報じましたが、特に材料視されませんでした。

NY市場
 NY市場ではドルが一段高。パウエルFRB議長が議会証言で「貿易摩擦は米国経済見通しの重し」などと発言したものの、目新しい材料としては捉えられず反応は限定的となりました。その後、米長期金利の上昇流れを受けてドル円は上昇し108.53円まで上値を伸ばしました。なお、ダウ平均株価が史上最高値を再び更新して27,000ドル台に乗せたことからクロス円では円安が進行しました。

【今日の主な経済指標】
09:00 SGD 四半期国内総生産(GDP、速報値)[前期比年率] 4-6月期
13:30 JPY 鉱工業生産・確報値[前月比] 5月
13:30 JPY 鉱工業生産・確報値[前年同月比] 5月
13:30 JPY 設備稼働率[前月比] 5月
15:00 DEM 卸売物価指数(WPI)[前月比] 6月
16:00 TRL 鉱工業生産[前月比] 5月
18:00 EUR 鉱工業生産[前月比] 5月
18:00 EUR 鉱工業生産[前年同月比] 5月
21:00 INR 鉱工業生産[前年同月比] 5月
21:30 USD 卸売物価指数(PPI)[前月比] 6月
21:30 USD 卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 6月
21:30 USD 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)[前月比] 6月
21:30 USD 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)[前年同月比] 6月
時間未定  CNY 貿易収支(米ドル) 6月
時間未定  CNY 貿易収支(人民元) 6月

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 本日は中国の貿易収支に注目が集まります。発表時間は決まっていないものの、通常では日本時間12時頃に公表されます。前回5月の貿易収支は輸出が前年同月比で上昇して2ヶ月ぶりの上昇となりましたが、輸出は2016年7月以来の落ち込みとなりました。事前予想では輸出・輸入(米ドルベース)で落ち込むとみられており、輸出の落ち込みが鮮明となれば一転してリスク回避ムードが強まりそうです。
昨日、2日の日程で行われたパウエルFRB議長の議会証言が終了しました。2日目にはパウエル議長が「貿易摩擦は米国経済の見通しの重し」などと発言しましたが反応は限定的となり、米長期金利上昇を受けてドル円はやや買われる展開となりました。ダウ平均は月末の利下げへの期待感から上昇を続けていて、ダウ平均上昇を受けた各国株価動向を睨みながらの展開となりそうです。

知りたい語句を入力して、検索ボタンを押してください

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。