FXレポート

米利下げ観測強まる

東京市場
 東京市場では豪ドルが売り一巡後に値を戻す展開。RBA(豪中銀)政策金利で0.25%の利下げが見込まれていたことや4月小売売上高が結果-0.1%(事前予想+0.2%)だったことを受け、午前中の豪ドル円は一時75.05円付近まで下落しました。その後、RBA(豪中銀)が政策金利の0.25%引き下げを発表したものの、材料出尽くし感や声明文の内容から追加利上げへの思惑が後退したことから、豪ドルを売りは限定的となり、豪ドル円は75円30銭付近での推移となりました。またドル円は昨日からの上値の重さが意識されたほか、午後に入ると108円付近で上値を抑えられる格好となり、約5ヶ月ぶりの安値107.85円付近まで一時下落しました。

ロンドン市場
 ロンドン市場では南アランドが軟調。南ア第1四半期GDPが前期比年率-3.2%(事前予想-1.6%)となり、市場予想を大幅に下回ったことから南アランド円は7.47円から一時7.37円まで急落しました。また南ア与党のアフリカ民族会議(ANC)が中銀に目標拡大を促していることを受けて中銀の独立性に対する懸念や、次回の会合でのSARB(南ア準備銀行)の利下げ観測が強まったことなどを背景に、徐々に下値を広げる展開となり一時7.34円付近まで下落しました。

NY市場
 NY市場ではドル円が上昇するもその後上値の重い展開に。パウエルFRB議長が「景気拡大の維持のため適切に行動する」と発言すると年内利下げ観測が強まり、ドル円は108.10円付近から107.99円付近まで下押ししました。その後は米国株の上昇を背景に底堅く推移し、一転108.35円まで上昇しました。しかしNY市場終盤にかけては利下げの思惑がドルの上値を抑える格好となり、108円ちょうど付近までじり安に推移しました。また、ユーロドルは1.1230ドル付近では底堅く推移し、一時1.1266ドルまで上値を伸ばしました。

【今日の主な経済指標】
10:30 AUD 四半期国内総生産(GDP)[前期比] 1-3月期
10:30 AUD 四半期国内総生産(GDP)[前年同期比] 1-3月期
10:45 CNY Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI) 5月
16:50 FRF サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 5月
16:55 DEM サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 5月
17:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 5月
17:30 GBP サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 5月
18:00 EUR 卸売物価指数(PPI)[前月比] 4月
18:00 EUR 卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 4月
18:00 EUR 小売売上高[前月比] 4月
18:00 EUR 小売売上高[前年同月比] 4月
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
21:15 USD ADP雇用統計[前月比] 5月
21:30 CAD 四半期労働生産性指数[前期比] 1-3月期
22:45 USD サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 5月
22:45 USD 総合購買担当者景気指数(PMI、改定値) 5月
23:00 USD ISM非製造業景況指数(総合) 5月
         SGD 休場
         INR 休場
         PLZ ポーランド中銀、政策金利
         TRL 休場
03:00 USD 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

売買比率についてはこちら

-今日のトレードポイント-
 本日は豪第1四半期GDPや米ADP雇用統計、ISM非製造業景況指数ほか、多数の指標が発表されます。足元ではFRBの年内利下げ観測が強まっています。昨日パウエルFRB議長が「景気拡大の維持のため適切に行動する」と述べたほか、3日にはブラード・セントルイス連銀総裁が「近く利下げが適切になる可能性がある」と発言しており、年内利下げ確率は約97%となっています。パウエル議長の発言が利下げへの期待感を高めたことから昨日のNYダウ平均株価は500ドル超の上昇となりました。しばらくはドルの上値が重い展開が続きそうで、仮に指標結果が良好となったとしても一時的な反応となるかもしれません。
 また、米国を中心とした貿易問題の先行きも引き続き大きな材料です。本日はメキシコのエブラルド外相とポンペオ米国務長官が協議する予定で、市場参加者の期待が徐々に強まっています。昨日メキシコのオブラドール大統領が「明日の協議は重要だが、私は楽観視している」、「10日の関税発動前に米国と合意するだろう」と発言しており、メキシコペソ相場回復の起爆剤となるか協議の動向をチェックしたいです。

知りたい語句を入力して、検索ボタンを押してください

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。