トルコリラ/円(TRY/JPY)のチャート、スワップポイント比較

トルコリラ/円(TRY/JPY)のリアルタイム為替チャート

リアルタイム為替チャート一覧はこちら

高水準のスワップ

image placeholder
image placeholder

少ない資金で取引できる

image placeholder
※各通貨ペアのレートは、2024年1月4日マーケットクローズ時点における当社FX口座のレートの小数点以下を四捨五入した数値です。
※必要証拠金=為替レート×取引数量÷レバレッジで計算しています。
※レバレッジはトルコリラ/円=10倍、米ドル/円と豪ドル/円=25倍です。
※必要証拠金は取引に最低限必要な金額です。証拠金維持率が100%以下となった場合ロスカットが執行されますので、余裕をもった資金管理をお願いいたします。

10万円の証拠金で運用した場合

image placeholder
image placeholder
1Lotあたりのスワップポイントが26円の時に、
トルコリラ/円を20Lot(200,000通貨)買ってポジションを保有し続けると、
10日で5,200円、1ヶ月で15,600円、1年で189,800円の
スワップポイントを受取ることができる計算です。
※各通貨ペアのレートは、2024年1月4日マーケットクローズ時点における当社FX口座のレートの小数点以下を四捨五入した数値であり、保有数量も同レートをもとに算出しています。(必要証拠金=為替レート×取引数量÷レバレッジ)
※レバレッジはトルコリラ/円=10倍、米ドル/円=25倍です。
※必要証拠金は取引に最低限必要な金額です。証拠金維持率が100%以下となった場合ロスカットが執行されますので、余裕をもった資金管理をお願いいたします。
※各通貨ペアのスワップポイントは、2024年1月4日の時点のものです。
※スワップポイントに変動がなかった場合の計算結果です。(1ヶ月=30日、1年=365日で計算しています。)
※スワップ収益に加えて、為替相場の変動による損益も発生する点にご留意ください。
(参考)1年間(2023年1月2日~2023年12月29日)の相場変動による損益は-458,000円でスワップ益(189,800円)と通算するとトータル損益は-268,200円となります(※1)。
また、同期間の最大ドローダウンは-463,000円で、安値をつけた日までのスワップ益(187,720円)と通算するとトータル損益は-275,280円となります(※2)。
(始値7.065円、安値4.75円、終値4.775円で計算)
※1 (終値―始値)×取引量+スワップ益(1年間分)=トータル損益
※2 (安値―始値)×取引量+スワップ益(安値を付けた2023年12月29日まで)=トータル損益

トルコリラ/円の基礎知識

トルコの概要

親日国であると知られるトルコ共和国。トルコはヨーロッパとアジアの中間に位置するイスラム圏の大国です。特に観光業が盛んで観光収入は貴重な外貨獲得手段となっています。現在は停滞気味ですが、EU(欧州連合)加盟を目標として交渉を続けており、主要貿易相手国にはヨーロッパの国々が並びます。2020 年に拡大した新型コロナウイルス感染症の影響によりトルコと海外の往来はほぼ停止したことで、トルコ経済は大きな打撃を受けました。しかし、その後は景気が回復基調となり、新興国の中でも経済成長率は比較的高いことから、将来が期待できる国と言えそうです。
トルコは原油・天然ガス等の資源輸入国ですが、実は隠れた資源国でもあります。第一次世界大戦で敗戦した1923年に締結した「ローザンヌ条約」により、トルコは100年間の地下資源採掘が禁じられました。一説にはこの期限が2023年ついに切れ、国内の資源開発が可能になるとみられています。地下には石炭やクロム鉱石などの鉱物資源が埋蔵されており、採掘コストの低い露天掘りが可能です。また近年、石油の採掘調査も開始されているほか、黒海で大規模な天然ガス田が同国により発見されるなど、資源国としてトルコが注目される日もそう遠くなさそうです。

image placeholder

通貨トルコリラ

トルコで使用されている通貨は「トルコリラ」と呼ばれ、国内FX投資家の間で非常に人気が高い新興国通貨の一つです。その魅力は何といっても政策金利の高さです。2019年夏のピーク時には、トルコ中央銀行(TCMB)が政策金利を24%まで引き上げ、FX業界に一大ブームを巻き起こしました。近年は一時利下げを行う局面もありましたが、現在は再び利上げ政策に舵を切っています。足元のトルコの政策金利は25.00%に設定されており、金融緩和を継続する日本と比較すると魅力的な高金利と言えます。トルコリラはスワップポイント獲得を狙った長期保有が多い傾向にあり、トルコリラと日本円を組み合わせた「トルコリラ/円」が投資家から選ばれる理由は、ここにあります。
トルコリラ/円のリアルタイム為替チャートはこちら

トルコリラ/円相場の状況と今後の見通し

トルコリラ/円の特徴と近年の相場状況

高いスワップポイントは大きな魅力ですが、取引する上では適切な資金管理が重要です。トルコリラは主要通貨である米ドルやユーロに比べて流動性が低く、荒れた値動きとなる局面がみられます。2018年8月に米国がトルコに対して制裁関税を課したことを発端としたトルコショックは有名です。2021年3月にエルドアン大統領が自身の意向に反して利上げを強行した中銀総裁を解任した際も、トルコリラは急落しました。一方で、2021年12月にエルドアン大統領がリラ建て定期預金の為替差損を保証する「預金保護策」を発表すると、トルコリラ/円は5日間で6.8円から10.5円付近まで約54%暴騰しました。ただ、同政策によるリラ高も長くは続かず、中銀の不十分なインフレ対策などを背景に、結局はリラ安に歯止めはかかりませんでした。
そして、2023年5月にトルコ大統領選挙が行われました。決戦の投票の末、野党統一候補クルチダルオール氏に勝利した現職のエルドアン大統領が引き続きトルコのリーダーを務めています。エルドアン大統領は就任早々、中銀総裁の交代や過去に副首相・財務相を歴任し金融市場でもその手腕が評価される、シムシェキ氏を財務相に登用する人事を行います。マーケットでは金融政策転換への期待感が広がる中で、トルコ中銀は同年6月の金融政策決定会合にて、これまでの異例の緩和政策を終了し、2年3か月ぶりの利上げを決定しました。その後も段階的に金利を引き上げており、市場では更なる利上げが見込まれるほか、正常化路線の政策運営の行方に注目が集まります。このほか、トルコは中東イスラム圏の玄関口であるため、地政学的なリスク注意しながら資金に余裕を持たせて取引することも重要です。

トルコ政策金利

トルコ政策金利

出所:ブルームバーグ

トルコリラ/円の今後の見通し

足元のトルコリラ/円(TRY/JPY)は、おおむね5.0円~7.3円で推移しており、直近は下落基調での値動きとなっています。2023年後半以降は、エルドアン大統領及びトルコ中銀の金融政策運営に絡んだ相場が予想されます。
トルコの相場を大きく動かしうるイベントとして注目されたトルコ大統領選挙は、現職のエルドアン大統領が勝利を収めました。エルドアン大統領については、強力なリーダーシップのもと与党・公正発展党(AKP)を率いて長期政権を築き上げてきた中で、以前から金融政策への介入などが問題視されてきました。2021年後半からはインフレ高進下にもかかわらず、景気浮揚を優先させるため利下げを行う「非伝統的な政策」を推進したことで、対ドルでトルコリラ安を進行させている大きな要因の一つとなりました。しかし、エルドアン新政権の政策修正はトルコ相場にとって明確なポジティブ材料であるほか、歴史的なインフレ水準を背景に市場では30%程度までの政策金利上昇が見込まれている状況です。足元では、引き続き対ドル・対円でのトルコリラへの逆風は依然根強い状況ながら、今後は原点回帰的な政策運営や金利先高観、着実な経済成長の実現などの要因から、リラ相場の回復に期待がかかります。
一方で、エルドアン大統領のスタンスや言動には注意を払いたいです。仮に金融政策の急転換や、中銀の独立性維持が危ぶまれるような事態となれば、リラ売り圧力が強まる可能性は否定できません。また、2023年7月にYCC(イールドカーブ・コントロール)の修正が発表された、日銀の金融政策運営や見通しも押さえておく必要があります。ただ、今回の修正はあくまでも「金融緩和の持続性を高めるため」の対応であり、現時点で根本の政策スタンスに変化はみられていないため、対円では両国の金利差による高いスワップポイントは大きな魅力となっていくでしょう。したがって、トルコリラ/円の取引に際しては、安値更新の展開は考慮してストップを置きつつも、資源開発の開始などトルコ経済の将来性や、トルコ中銀の金融政策運営に期待したいところです。

みんなのFX(TradingView) トルコ/円相場の推移

みんなのFX(TradingView)  トルコ/円相場の推移

トルコリラ/円の取引なら、みんなのFX!

みんなのFXは少額取引もスワップが高水準

みんなのFXでは高水準のスワップポイントという魅力的な環境でトルコリラ/円をお取引できます。お客様に魅力的なスワップをご提供するためにカバー取引先との交渉を重ねており、常に高水準を提供することにこだわり続けています。みんなのFXが提供する「スワップシミュレーション」では、1か月~35年の期間でスワップ収益を簡単に計算することができます。
もちろん、みんなのFXでは1,000通貨から取引が可能で、約500円の証拠金を預けることで取引を始められます(1トルコリラ=5.0円で計算した場合)。米ドルやユーロといった通貨と比べて価格が低く、少ない資金から取引が始められます。
ぜひ、みんなのFXでトルコリラ/円の取引をご検討ください!
(2023年8月時点 トレイダーズ証券 市場部)

>最新のマーケットニュースをチェックする
>動画でマーケットポイントをチェックする
>為替ディーラーが相場の「今」を呟くツイッターをチェックする

スワップポイントに関する注意事項

※掲載のスワップポイントは、FX口座において買ポジションを保有し翌営業日まで持ち越した場合に付与されます。

※0.1Lot単位の場合は1Lotあたりのスワップポイントの10分の1の金額となります。
なお、1円未満のスワップポイントは、受取り支払いともに日々積み立てられますが、取引画面の累計スワップおよびスワップポイントの決済時(ポジションの決済またはスワップ受取)においては、受取りの場合は小数点以下を切捨て、支払いの場合は切上げて反映されます。

※スワップポイントは、各国の景気や政策などの様々な要因による金利情勢を反映した市場金利の変化に応じて日々変化します。

※各国の金利水準によってスワップポイントの受取又は支払いの金額が変動することや、場合によっては受け払いの方向が逆転する可能性があります。また、これに伴い追加の資金が必要になることや、ロスカット値が近くなること、場合によってはロスカット取引が行われる可能性があります。

※本ページの内容は掲載日時点の情報であり、将来およびお取引に際して掲載の数値や金額等を保証するものではありません。

トレイダーズ証券市場部為替ディーラー

日々、海外のニュースやチャートをチェックし、インターバンク市場にて外国為替の取引をしている、トレイダーズ証券 市場部所属の為替ディーラーが、この記事を執筆しました。
記事の執筆のほかにも平日は毎日FXレポートの配信やTwitterでリアルタイムに相場の「今」を呟いています。
さらにみんなのFXの公式YouTubeチャンネルでは FX初心者の方から中上級者の方まで、取引の役に立つ様々な情報を配信しています。

現役為替ディーラーによる為替相場予想を毎週配信!
>井口喜雄のディーラーズアイ
毎週掲載!現在の相場観とFXトレード戦略
>羊飼いのFXブログ

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大100万円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。