スイスフラン/円(CHFJPY)のチャート、相場の状況と今後の見通し

 

スイスフラン/円のリアルタイム為替レート

リアルタイム為替チャート一覧はこちら

 

スイスフラン/円の基礎知識

スイスの概要

スイスは中央ヨーロッパに位置する内陸国で、正式名称はスイス連邦です。国を象徴するアルプス山脈が国土面積のおよそ6割を占め、美しい山岳風景は多くの観光客を魅了します。「金融立国」として確かな地位を確立し、チューリッヒ・ジュネーブなどの国際金融都市を中心に世界の金融産業を牽引しているほか、スイス経済の支柱となっています。高い技術水準から「ものづくり大国」としても知られ、スイス発の時計ブランドは、世界的な人気と知名度を誇ります。また、かつては世界で最も物価の高い国と話題を集め、国内の物価や給与水準の高さに驚かされます。

多くの方がイメージする「永世中立国」の立場も特色でしょう。遡ると1815年のウィーン会議(ウィーン議定書)での永世中立宣言から、国家間の戦争や紛争に参加・関与しない立場であることが国際的に保障されています。こうした公正・中立のスタンスに由来して、「平和の首都」とも称される都市ジュネーブには、国際連合の欧州本部や世界保健機関(WHO)など、国際機関の本部や事務局が多く置かれています。毎年、世界経済など幅広いテーマのもとで著名な政治家や学者らが討論を行う世界経済フォーラム、通称「ダボス会議」の舞台でもあり、世界における独自の存在感につながっています。

NZドル/円(NZDJPY)のチャート、相場の状況と今後の見通し

スイスはEU加盟国ではありませんが、EFTA(欧州自由貿易連合)加盟国です。欧州単一市場形成における一丁目一番地である「人の自由移動」の保障に参画していることから、EU・ユーロ圏の経済発展を支えるとともに、数多くの利益を享受しています。一方で、近年はロシア・ウクライナ情勢の緊迫化から、スイス国防省が北大西洋条約機構(NATO)に接近しているとの報道もみられており、伝統的な中立政策を巡る議論の行方にも注目が集まっています。

スイスフラン(CHF)の特徴

永世中立国・スイスの歴史的背景により、通貨スイスフラン(CHF)は一般的に地政学リスクが低いとされています。加えて、スイスは経常黒字国で対GDP比における政府債務残高が低いなど、財政状況の健全さも特徴です。このことから、米ドルや日本円と並び、ディフェンシブ性の高い通貨として、世界的な経済不安や有事といったリスク回避局面でスイスフランは選好されやすい傾向があります。
スイスフランを取引する上でもっとも注目したい点が、金融政策を運営するSNB(スイス国立銀行)の動向です。SNBの金融政策決定会合は年4回で、世界で最も少ないことが特徴の一つです。一会合における重要性は高くなるため、市場にとってインパクトのある発表になりやすい面はあるでしょう。また、政策運営においても、積極的で大胆な動きが目立ちます。SNBは行き過ぎた通貨変動を抑制するために伝統的に為替介入を行っており、過去には介入を巡る方針転換から相場の急変を招いた歴史があります。この特徴的な政策運営の背景には、国内経済が為替相場による影響を受けやすいために、ある程度相場をコントロールする必要があるとされていることが挙げられます。スイスフラン相場における”サプライズが多い”イメージは日銀と近しいといえるかもしれません。

主要国の金融政策スケジュール(発表当該月に●)

主要国の金融政策スケジュール(発表当該月に★)

地政学リスクを抑えられる一方で、近隣のEU・ユーロ圏加盟国とは経済的・政治的に緊密な関係を築いており、スイス政府や金融当局は、とりわけ対ユーロ相場の動向を重要視しています。そのため、ユーロ圏の経済状況や地政学要因といった点の変化・影響は十分に考慮しておく必要があり、スイスのデータと同程度に注視しておきたいです。

スイスフラン・ショックを振り返る

2015年1月、スイスフランの急変動から市場が大混乱に陥った、いわゆる「スイスフランショック」が発生しました。SNB(スイス中銀)が金融政策の変更・転換を発表したことが直接的な原因となりますが、そこまでの流れを振り返ってみましょう。
2008年に発生した「リーマンショック」の混乱に追い打ちをかけるように、翌2009年に「ギリシャ危機」が表面化し、ギリシャの財政破綻懸念が欧州・ヨーロッパ全体の経済危機へと波及しました。これらを背景に市場ではユーロ売り圧力が拡大した一方で、ディフェンシブ性の高さや財政の優位性からスイスフラン買いの動きが強まっていきます。
そして2011年9月、SNBは行き過ぎた自国通貨高は経済への脅威であるとして、対ユーロ相場での高騰を防ぐため、ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)の為替レートが〈1ユーロ=1.20CHF〉水準を割り込まないよう、ユーロ買い・フラン売りでの無制限為替介入を開始しました。
その後3年以上に渡って本防衛ラインを保ってきましたが、2015年の年明け間もない1月15日、SNBが突如として〈1ユーロ=1.20CHF〉防衛ラインを撤廃したことで、スイスフランが暴騰、CHF/JPY(スイスフラン/円)は115円付近から140円台に迫る30%超の暴騰をみせるなど、マーケット・取引参加者に大きな影響と衝撃を与えました。

スイスフランショック前後のCHFJPYの動き(日足)

スイスフランショック前後のCHFJPYの動き(日足)

出所:ブルームバーグ

 

スイスフラン/円の相場状況と今後の見通し

スイスフラン/円の相場状況

近年のマーケットは、アフターコロナにおける経済再開、そのさなかのロシアによるウクライナ軍事侵攻の発生による、歴史的なインフレを受けた中央銀行の対応がメインテーマとなりました。
ウクライナ情勢の緊迫化や対露制裁によって、特にロシアとの経済的な結びつきの強い欧州・ユーロ圏各国では、原油・天然ガスなどのエネルギー価格の上昇からインフレ懸念が深刻化しました。これにより、スイスでもインフレ上昇が確認されると、2022年6月にSNBはおよそ15年ぶりの利上げに踏み切ります。同年9月の追加利上げにより、2014年12月から長らく続いたマイナス金利を解除すると、主要国の利上げムードに相反する日銀のスタンスが際立つ結果となりました。その後は、直近の2023年6月会合まで5会合連続で利上げを実施、政策金利は2008年ぶりの高水準で1.75%に達しています。
急速な利上げによって、信用力の高いスイスフランの投資対象としての魅力が高まったことなどの要因からフランが選好されるなかで、スイスフラン/円相場では円安も大きな下支えとなり、足元では164円付近まで史上最高値を更新しています。尚も上値追いムードを維持して堅調な推移をみせており、コロナショック以後の中期での上昇トレンド形成の行方に注目が集まります。一方で、スイスの消費者物価指数(CPI・前年比)は、2022年8月の3.5%をピークに伸び率は鈍化傾向、2023年6月は1.7%まで低下しており、金融引き締めの効果が確認されています。

みんなのFX(TradingView) スイスフラン/円相場の推移

みんなのFX(TradingView) NDドル/円相場の推移

スイスフラン/円の今後の見通し

2023年後半にかけてのCHF/JPY(スイスフラン/円)相場は、引き続きSNBと日銀の金融政策運営がカギとなりそうです。
スイスのインフレ率は、SNBの目標レンジ(0%-2%)に収まる水準ながらも、引き続きインフレ・物価上昇圧力に警戒感を保っています。6月会合の声明では、中期的なインフレ圧力の高まりを指摘したうえで、追加利上げの可能性に言及しているほか、当局者は「インフレ率が中期的に2%を超えて定着するリスクはある」としています。実際に市場では、次回9月会合での「利上げ継続」を織込む動きがフラン買いを後押ししており、年内が12月会合のみと考えると、2023年内の利下げを含む政策転換のシナリオは考えにくいと考えられそうです。
対して日銀は、7月の金融政策決定会合にて、昨年12月に続きYCC(イールドカーブ・コントロール)の修正を発表しました。しかしながら、声明及び植田日銀総裁からは、今回の修正はあくまでも「金融緩和の持続性を高めるため」の対応としており、政策スタンスは何ら変わっておらず、その後の円相場でも目立った地合いの変化は現時点ではみられていません。したがって、当面は両国の金融政策の違いそのままに、対円ではフラン高優勢の地合いで底堅さを維持するとみています。ただ、歴史的な高値圏であることから、トレンドに沿う場合は水準を見定めつつ、深追いしすぎないスタンスが効果的かもしれません。
一方で、2022年度中、SNBはインフレ抑制を最優先にフラン買い介入を実施しており、直近も為替介入の用意があると表明しています。介入を含めた政策運営や方針からフラン相場が変動する可能性も否定できないため、サプライズ運営に警戒しつつ、SNBの動向は常に注視しておきましょう。

政策金利と消費者物価指数

政策金利と消費者物価指数

出所:ブルームバーグ

 

経済指標カレンダー(2024年02月)

スイスの経済指標カレンダーです。今後の予定を抑えておきましょう。

 

スイスフラン/円の取引なら、みんなのFX!

世界の基軸通貨・米ドルや日本円と並び、市場のリスク回避局面で選好されてきたスイスフラン、スイスフラン/円は中長期では上昇トレンドを形成し、現在は史上最高圏で推移しています。みんなのFXでは取引コストにあたるスプレッドを業界最低水準に引き下げ、お取引しやすい環境をご提供しています。またスイスは長らく続けてきたマイナス金利政策を脱却しました。政策金利は2008年ぶりの高水準にあり、両国の金利差にあたるスワップポイントも上昇傾向です。もちろん、みんなのFXでは1,000通貨から取引が可能で、約6,400円の証拠金を預けることで取引を始められます(1フラン=160円で計算した場合)。FX取引を初めたばかり方も、少ない資金から取引が始められます。ぜひ、みんなのFXでスイスフラン/円の取引をご検討ください!

(2023年7月時点 トレイダーズ証券 市場部)

>最新のマーケットニュースをチェックする
>動画でマーケットポイントをチェックする
>為替ディーラーが相場の「今」を呟くツイッターをチェックする

スワップポイントに関する注意事項

※掲載のスワップポイントは、FX口座において買ポジションを保有し翌営業日まで持ち越した場合に付与されます。

※0.1Lot単位の場合は1Lotあたりのスワップポイントの10分の1の金額となります。
なお、1円未満のスワップポイントは、受取り支払いともに日々積み立てられますが、取引画面の累計スワップおよびスワップポイントの決済時(ポジションの決済またはスワップ受取)においては、受取りの場合は小数点以下を切捨て、支払いの場合は切上げて反映されます。

※スワップポイントは、各国の景気や政策などの様々な要因による金利情勢を反映した市場金利の変化に応じて日々変化します。

※各国の金利水準によってスワップポイントの受取又は支払いの金額が変動することや、場合によっては受け払いの方向が逆転する可能性があります。また、これに伴い追加の資金が必要になることや、ロスカット値が近くなること、場合によってはロスカット取引が行われる可能性があります。

※本ページの内容は掲載日時点の情報であり、将来およびお取引に際して掲載の数値や金額等を保証するものではありません。

スプレッドに関する注意事項

※掲載のスプレッドは、FX口座において、AM8:00~翌日AM5:00まで原則固定となります。(例外あり)

※お客様の約定結果による実質的なスプレッドが当社が広告で表示している「みんなのFX」のスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。

【原則固定例外あり】

・震災などの天変地異や政変、また大企業の倒産等、市場に大きな影響を与える事象発生時に相場が急変した場合。

・重要な経済指標の結果発表時に相場が急変した場合。

・国内外の金融市場休場日や当社の営業休日明けのマーケットオープン時、マーケットクローズ間際など市場の流動性が低下している場合。

トレイダーズ証券市場部為替ディーラー

日々、海外のニュースやチャートをチェックし、インターバンク市場にて外国為替の取引をしている、トレイダーズ証券 市場部所属の為替ディーラーが、この記事を執筆しました。
記事の執筆のほかにも平日は毎日FXレポートの配信やTwitterでリアルタイムに相場の「今」を呟いています。
さらにみんなのFXの公式YouTubeチャンネルでは FX初心者の方から中上級者の方まで、取引の役に立つ様々な情報を配信しています。

現役為替ディーラーによる為替相場予想を毎週配信!
>井口喜雄のディーラーズアイ
毎週掲載!現在の相場観とFXトレード戦略
>羊飼いのFXブログ

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大100万円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。