FXとは?

「今さら、面と向かっては誰にも聞けない……」というFXに関する初歩的な質問や素朴な疑問に、投資経験ゼロの超初心者でもすぐ理解できるようにわかりやすく説明します。

そもそもFXとは何をどのように取引するものですか?

FX取引とは、世界の主要な通貨を買ったり売ったりする取引のことです。たとえば、「日本円を売って米ドルを買う」または「米ドルを売って日本円を買う」、「ユーロを売って米ドルを買う」などといった注文を出すことができます。

取引口座に預けておくのは日本円ですが、様々な外貨を取引できるのがFXの魅力の一つです。その場合、「日本円売り/米ドル買い」や「ユーロ売り/スイスフラン買い」のようなパターンで、必ず2カ国の通貨がセットになったかたちで取引を行うようになっています。こうした組み合わせを通貨ペアと呼んでいます。

FXの正式名称は「外国為替証拠金取引」で、日本円で証拠金(担保に充てる資金)を預けると、前述したように様々な通貨ペアを売買することができます。しかも、預けた資金の最大25倍もの取引が可能です。

これがレバレッジという仕組みで、「テコの原理」を利かせた運用とも言われています。その理由を説明しましょう。

通常の投資の場合、たとえば1万通貨の米ドルを買いたいならそのための資金(1米ドル=100円であれば100万円)を用意しなければなりません。しかし、FXならその25分の1に相当する4万円の証拠金を預ければ、1万通貨の米ドルを買えます。

その後、米ドルの価値が日本円に対して高くなり、為替レートが1米ドル=110円に変動した(従来よりも10円上積みしないと1米ドルを手に入れられなくなった)と仮定しましょう。もしもその時点で保有していた1万通貨の米ドルを売ったら、「1米ドル当たり10円×1万通貨=10万円」の利益が発生します。

通常の投資で100万円を全額用意して得られる10万円の利益と、FX取引で4万円の証拠金で得た10万円、どちらも利益の金額は同じですが、FXのほうが圧倒的に効率的であり、少額から始められることがわかります。

FXではどんな利益を期待できますか?

FXの取引で期待できる利益には為替差益とスワップポイントの2つがあります。以下では、それぞれについてわかりやすく説明していきます。

為替差益とは、為替レートの変動によってもたらされる利益です。先程と同じ例で見てみれば、1米ドル=100円の時点で米ドルを1万通貨購入し、為替レートが1米ドル=110円に変動したタイミングで売ったら、「1米ドル当たり10円×1万通貨=10万円」の為替差益が得られます。

1米ドル=100円から1米ドル=110円に為替レートが変動したのは、その分だけ米ドルの価値が高くなって日本円の価値が低くなったということを意味しています。つまり、為替相場で米ドル高/円安が進んだわけです。

こうして外貨を買った時点よりも円安が進むと得られるのが為替差益です。逆から言えば、円高が進んだ場合には為替差損が発生し、たとえば1米ドル=100円から1米ドル=90円になったとすれば、1米ドル当たり10円の損失が出ることになります。

一方、スワップポイントは2カ国(ペアになっている通貨の発行国)間の金利差に応じて得られる利益です。金利が高い国の通貨を買って金利が低い国の通貨を売り、そのポジションを日々持ち越す度に得られるようになっています。

たとえば、2019年4月時点における日本の政策金利が0.1%程度であるのに対し、トルコは24.00%にまで達しています。その結果、トルコリラ買い/日本円売りというポジションを建てると、1万通貨につき110円(2019年5月16日時点)のスワップポイントが毎日得られます。

気をつけたいのは、金利が高い国の通貨を売って金利が低い国の通貨を買うという反対のポジションを建てると、逆にスワップポイントを支払わなければならないことです。トルコリラ売り/日本円買いの場合は、毎日110円ずつスワップポイントの支払いが発生します。

FXならではのメリットとは?

主なFXの魅力としては、①手持ちの資金の最大25倍(個人口座の場合)もの取引ができる、②相場の値動きに関係なくいつでも利益を狙える、③海外の高金利を享受できる、④他の外貨商品よりも取引コストが安いという4つが挙げられます。順を追って、簡単に説明していきましょう。

①「手持ちの資金の最大25倍もの取引ができる」については、「レバレッジ」を利かせられるからです。外貨預金や外国債券、外貨MMFなどといったように外貨に投資する手段はいろいろありますが、レバレッジ取引が可能なのはFXだけです。

他の手段を利用するケースと比べて、最大25倍に及ぶ規模の取引が可能です。裏返せば、それらの25分の1の元手で同じ成果を得られるということでもあります。

次に②「相場の値動きに関係なくいつでも利益を狙える」ですが、ここで「円高が進んだ場合には為替差損が発生する」と述べたことを思い出してください。たとえば1米ドル=100円から1米ドル=90円になったら、1米ドル当たり10円の損失が出ますが、FXならこうした局面で利益を得られます。

1米ドル=100円の時点で米ドル売り/日本円買いのポジションを建て、1米ドル=90円になったタイミングで決済すると、「円高に(価値が高く)なる前の日本円を買って、円高になってから日本円を売る」というパターンになるからです。結果的に、このケースでは1米ドル当たり10円の利益が発生します。

続く③「海外の高金利を享受できる」については、先述したように海外の高金利通貨を買って日本円のような低金利通貨を売るというポジションを建てれば、2カ国間の金利差に相当するスワップポイントを得られることを意味しています。

残る④「他の外貨商品よりも取引コストが安い」としては、スプレッドと呼ばれる買値と売値の差が外貨預金などと比べて圧倒的に安いことが挙げられます。

たとえば、「みんなのFX」では米ドル/日本円の買いが109円48.9銭である場合、売りが109円48.6銭と提示されるように、それぞれの差額はわずか0.3銭にすぎません(※AM8:00〜翌日AM5:00 原則固定。例外あり)。 

ところが、外貨預金の場合は買いの110円48銭に対して売りが108円48銭といった具合に2円ものスプレッドが設けられているケースも見受けられます。もっと安く設定している金融機関もありますが、それでもFXと比べればはるかに高いのが現実です。

レバレッジをかけるのは怖くない?

FX取引で損失を出した人の話を耳にして、「レバレッジ=怖い」という印象を抱いている人もいるようですが、やみくもに恐れる必要はないと言えるでしょう。乗り方を知らない人からすれば自転車でさえ危ない乗り物ですが、わかっている人にとっては素早く移動できる手段として重宝するのと似ています。

適切なレバレッジの利かせ方を知らないまま手を出してしまい、自分の予算(投資に充てられる資金)に見合わない過剰な取引をしているというのが失敗する人にありがちな傾向です。予算に対して妥当な実効レバレッジにとどめていれば、おのずと損失も抑えられます。

では、自分にとって適度な倍率とはどの程度なのか? 「みんなのFX」では「実効レバレッジシミュレーション」というツールを用意しており、これを用いれば目安を把握できます。

売買したい通貨や数量、自分の予算などを入力すると、どの程度の実効レバレッジ になるのかが自動計算されるようになっています。これを用いて、実効レバレッジの倍率が3倍前後になるよう調整することで、過度にリスクを負うこともなさそうです。

FX取引を始める前に、知っておいたほうがいいこととは何ですか?

FX取引を始める前に知っておくべきこととして、主に3つが挙げられるでしょう。具体的には、①スプレッド(手数料に相当するコスト)がかかること、②取引できる通貨単位が決まっていること、③通貨ペアによって金利水準や値動きの特徴が異なることです。

先に述べたように、①「スプレッドというコストがかかること」は他の外貨商品よりも負担がはるかに軽いのですが、それでも利益に影響を与えるものであることも確かであるため、きちんと認識しておきましょう。②「取引できる通貨単位が決まっていること」の通貨単位については1万通貨単位が基本ですが、「みんなのFX」では全23通貨ペアにおいて1,000通貨からの取引にも対応しています。

③「通貨によって金利水準や値動きの特徴が異なること」に関しては、主要国の政策金利や為替チャートの推移を調べる、あるいは「みんなのFX」が配信している為替ニュースをチェックして、地道に知見を広めていくのが一番です。口座開設は無料ですから、まずは手続きを済ませて情報収集からスタートさせるとよいでしょう。

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。