国内総生産とは?日本の推移と世界との比較、為替市場に与える影響

経済指標の中で必ずチェックしておきたいのが「国内総生産」です。英語表記の「GDP」なら見覚えがあるという方もいるかもしれません。GDPは一言でいうと、各国の経済力を示す経済指標であり、ニュースや新聞でもたびたび取り上げられます。もちろん、マーケットへの影響も大きい指標です。名目GDPと実質GDPの違いや、FXでGDPを参考にする時のポイントなど、わかりやすく解説します。

国内総生産とは?

「国内総生産(GDP)」という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。しかし、その詳細を聞かれると、なかなか答えるのは難しいかもしれません。ここでは、GDPの概要や、名目GDPと実質GDPの違いについて見ていきましょう。

国内総生産の意味

国内総生産とは世界各国で発表される最も代表的な経済指標の一つで、GDP(Gross Domestic Productの略)の略称で広く知られています。国内総生産は国内で一定期間内に生産された財やサービスなどの付加価値の合計を示す指標です。人々が商品やサービスの購入に使ったお金の総計とも言え、国の経済力(国の所得)を示す目安となります。以前は国民総生産(GNP:Gross National Product)がマクロ経済学の生産統計として用いられていましたが、海外で国民が生産した付加価値も含まれてしまうことから、これを含まない国内総生産が広く使われるようになりました。国内総生産は国連によって集計される基準が定められていて、総額や成長率で比較することで一国の景気変動を簡単に知ることができる重要な指標です。

名目GDPと実質GDPの違い

国内総生産(GDP)には「名目GDP」と「実質GDP」の2種類があります。名目GDPはそのときの市場価格で一定期間に生み出された付加価値(経済活動)を評価した額を基に算出します。一方、実質GDPは名目GDPから物価変動の影響を除いた額を基に算出します。一般的に経済成長率は最終的に物価変動による影響を考慮した「実質GDP」で評価されます。また名目GDPを実質GDPで割って算出することができる「GDPデフレーター」は消費者物価指数(CPI)と同様に代表的な物価指数で、経済がインフレなのかデフレなのかを示す指標です。物価の上昇または下落がどれくらい発生したか数値で捉えられ、増加率がプラスであればインフレーション、増加率がマイナスであればデフレーションとなります。

日本の国内総生産の推移と世界との比較

では、日本のGDPはこれまでどのように推移してきたのでしょうか。他国と比較して、日本は経済力がある国と言えるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

日本の国内総生産の推移

日本の国内経済は、バブル崩壊後90年代後半にかけて長らく経済成長率が低迷した後、1999年~2000年にかけて「ITバブル」によって一旦反発したかに見えましたが、ITバブルが崩壊したことで成長率の上昇は続きませんでした。その後2008年にアメリカを発端としたリーマンショックにより、日本国内の経済も深刻な打撃を受けましたが、2011年の東日本大震災を乗り越えて経済成長率はやや持ち直し、1980年代と比較すると依然として低いですが、ここ数年は横ばいが続いています。

出典:国土交通省ホームページ

世界との比較

各国の名目GDPの世界ランキングを見てみると、1位アメリカ、2位中国と続き、日本は3位と順位が高いことがわかります。経済大国であるアメリカのGDPが世界に占める比率が約24%、次いで中国のGDPは約16%となっています。日本のGDPが世界全体に占める割合は5.7%と上位2カ国と比べると低いですが、名目GDPは世界的に見ても大きく、依然として経済力のある国家といえます。

FXで国内総生産を参考にするときのポイント

FX取引において、国内総生産(GDP)は市場を動かす材料として注目されます。GDPは国によって若干異なりますが、基本的に「速報値」、「改定値」、「確報値」が別々に発表されます。為替市場では「速報値」の発表に反応した値動きが大きく、前期比、前期比年率、前年同期比の値に注目したいです。また、事前予想値と結果が大きく異なる場合には注意が必要で、当該国の通貨が急騰・急落することもあります。FX取引で指標発表後の値動きを予測し、事前に狙ってポジションを持つこともできますが、GDP発表直後は上下に荒れた値動きとなることは少ないため、発表国のファンダメンタルに変化がないかを確認することが重要であると言えます。今後の経済見通しに変化があるような内容であれば、中長期ポジションを一部増やす、もしくは整理する機会にするとよいでしょう。

GDPをまずは分析に取り入れよう

国内総生産(GDP)は誰もが知る非常にポピュラーな経済指標であり、数値の見方や用語の意味を知ることは経済がどのように変化しているのか理解することに繋がります。FX取引は2国間の通貨を交換する取引であるため、当該国の経済状況を把握しながらファンダメンタル分析をすることがトレードや戦略を立てる上で重要となります。各国の中央銀行はGDPを含めた様々な経済データを基に金融政策を決定しています。しかし、基本さえ押さえることができれば誰でも経済データを分析することは可能で、取引の幅を広げることができます。まずは取引する通貨の国の国内総生産(GDP)を分析することから始めてはいかがでしょうか。日々の経済指標データや国内総生産も載っている経済指標カレンダーはこちらよりご確認ください。
>経済指標カレンダー
>【関連レポート】2020/05/18 本邦GDPはリセッション入りで円安か
>そのほかの重要な経済指標について確認する

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。