ダブルトップとダブルボトムとは?反転パターンの見方と注意点

ダブルトップとダブルボトムは、相場の転換点を示す典型的なチャートパターンでアルファベットの「M」や「W」に似た形をしています。為替レートや株価のチャート分析を行うトレーダーには広く知られており、初心者でも見つけやすい形状をしています。ここでは、ダブルトップとダブルボトムの形や売買シグナルとしての見方、注意点などを詳しく解説します。これからFXを始める方もぜひ習得してトレードに役立ててください。

ダブルトップとダブルボトムとは?

それでは、ダブルトップとダブルボトムの形について詳しく見ていきましょう。

ダブルトップ

ダブルトップとは、上昇トレンドが終わる際に現れる、アルファベットの「M」のような形に見えるチャートパターンです。相場の天井を示し、上昇トレンドが下降トレンドに転換することを示しています。
具体的には上昇トレンドの最中に一旦下落し、その後前回の高値付近まで反発するものの、直近高値を超えられずに再び下落するチャートの形を指します。2度目の下落で直近安値のネックラインを割り込めば、ダブルトップの完成です。

ダブルボトム

一方、ダブルボトムとは、下降トレンドが終わる際に現れる、アルファベットの「W」のような形に見えるチャートパターンのことを言います。相場の底を示し、下降トレンドが上昇トレンドに転換することを示しています。
具体的には下落トレンドの最中に一旦上昇し、その後前回の安値付近まで押し戻されるものの、直近安値を割り込まずに再び上昇するチャートの形を指します。2度目の上昇で直近高値のネックラインを超えれば、ダブルボトムの完成です。

ネックライン

ネックラインとは、ダブルトップの場合は直近安値のサポートライン、ダブルボトムの場合は直近高値のレジスタンスラインを指します。前述の通り、ダブルトップでは2度目の下落がネックラインを割り込んで初めてダブルトップの形状が完成します。同様に、ダブルボトムでは2度目の上昇がネックラインを超えて初めてダブルボトムの形状が完成します。

ダブルトップとダブルボトムの売買シグナルの見方

では次に、ダブルトップとダブルボトムが出現した際に、どのように取引や投資に活かせば良いのかを見ていきましょう。

ダブルトップの売りのシグナル

ダブルトップは、上昇トレンドが下降トレンドに反転するときに現れます。つまり「売り」を示すシグナルとなります。ネックラインを割れたタイミングでダブルトップが完成しますので、ネックラインを下抜けたら下降トレンドの始まり、と判断して良いでしょう。一般的に、直近高値からネックラインまでの値幅と同じ分、ネックラインを割り込んでから下落すると言われているため、その水準が利益確定のポイントとして市場参加者に意識されるでしょう。

ダブルボトムの買いのシグナル

一方、ダブルボトムは下降トレンドが上昇トレンドに反転するときに現れます。つまり「買い」を示すシグナルとなります。ネックラインを超えたタイミングでダブルボトムが完成しますので、ネックラインを超えたら上昇トレンドの始まり、と判断して良いでしょう。一般的に、直近安値からネックラインまでの値幅と同じ分、ネックラインを超えてから上昇すると言われているため、その水準が利益確定のポイントとして市場参加者に意識されるでしょう。

ダブルトップとダブルボトムの注意点

ここまでダブルトップとダブルボトムの形状や売買シグナルについて説明をしてきました。最後にダブルトップとダブルボトムの「ダマシ」と、それを回避する方法について見ていきましょう。

ダマシがある

テクニカル分析には「ダマシ」があります。ダマシとは相場が上がると見せかけて上がらないこと、また下がると見せかけて下がらないことを言います。ダブルトップとダブルボトムにもダマシがあり、これまでに説明したセオリー通りにならないことがあるので注意が必要です。
たとえば下図のように、ダブルトップを形成し今後下がると見せかけて上昇を継続したり、またその逆も起こりえます。

勝率の高いパターンに絞ってエントリーする

では、ダマシを回避するにはどうすれば良いでしょうか。完全に回避できる方法と言うのは残念ながらありません。しかし、ダブルトップとダブルボトムが発生している位置を見て、できるだけ勝率の高いパターンでエントリーすることで、ダマシに引っかかってしまう可能性を低くすることができます。
具体的には、レジスタンスライン付近に出現したダブルトップと、サポートライン付近に出現したダブルボトムはセオリー通りになる傾向があります。レジスタンスラインは上値抵抗線とも呼ばれ、この付近は売りの勢力が強いゾーンです。ここでダブルトップを形成した時は、上値を抑えられて下落する可能性がより高くなります。一方、サポートラインは下値支持線とも呼ばれ、この付近は買いの勢力が強いゾーンです。ここでダブルボトムを形成した時は、下値を支えられて上昇する可能性がより高くなります。

ダブルトップとダブルボトムを実際のチャートで探してみよう

この章では有名なチャートパターンの1つであるダブルトップとダブルボトムをご紹介しました。アルファベットの「M」と「W」に似た形状がないかどうか、実際のローソク足チャートで探してみてください。また、ダブルトップとダブルボトムの応用版として、トリプルトップ(三尊天井)やトリプルボトム(逆三尊)といった形状もあります。「M」の山、「W」の谷がダブルトップやダブルボトムに比べて1つ多く、これらがマーケットの高値圏や安値圏で出現すると、さらに勢いの強い相場転換点であることを示します。これら二つもチャートで探してみましょう。

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。