みんなのFXでは、いま最も注目度の高い通貨ペアであるポンド/円の原則固定時間のスプレッドを
2019年6月7日(金)まで期間限定で0.9銭から0.7銭に大幅縮小します。

※AM8:00~翌日AM5:00 原則固定(例外あり)

イギリスのEU離脱期限が3月29日に迫るなか、ポンドは神経質な動きが続いています。メイ首相は「3月29日に離脱する」と明言していますが、英議会の説得やEUとの修正案の議論には時間が必要となるため、実際のところ離脱延期の選択肢が濃厚です。しかし、延長後も具体的なことは何も決まっておらず、以前として先が見えません。混迷するブレグジット!今後の展開として3つの選択肢を考えていきたいと思います。

ブレグジット、3つの シナリオ

1. 合意なき離脱
2. EU再交渉
3. 国民投票やり直し

1. 合意なき離脱

様々な選択肢が想定され、先の読みにくい展開ではありますが、まず合意なき離脱について考えてみます。合意なき離脱はブレグジットのなかでも最悪のシナリオです。金融部門だけを考えても世界一の市場と言われるロンドンはその地位が奪われるかもしれません。なぜならEU全域での営業を可能にしている単一パスポートの権利を奪われ、清算や決済に影響を及ぼすことになるからです。BOE(英中央銀行)によれば、合意なき離脱で影響を受けるデリバティブ取引は約38兆ドル(4,200兆円)にのぼるとの試算が出ています。
事実、日本のホンダは工場閉鎖を決定し、独BMWや米フォードも合意なき離脱になるのであれば、生産を停止するとの報道がありました。さらには英ダイソンまでもがシンガポールに本社移転を発表しており、本当にイギリスが合意なき離脱を選択するのであれば経済的な大混乱が予想されます。ポンド円は一時的に120円~130円付近まで大暴落するのではないでしょうか。

2. EUとの再交渉

前述したように合意なき離脱が実現した場合、イギリスに与えるダメージは計り知れません。英政府も影響が大きすぎるため、この選択肢を選ぶには相当な覚悟が必要なはずです。実際に合意なき離脱の強硬派もトーンダウンしているのが今の状況です。そこでもっとも現実的な選択肢といえばEUとの再交渉になるのではないかと考えます。
現在EU側は離脱再交渉については拒否するスタンスをとっていますが、合意なき離脱ともなればイギリスはもちろんEUも無傷ではすみません。英国のEU離脱によって、EU側は貿易で対英輸出が縮小するほか、世界貿易でEUに対する影響力の低下が懸念されています。そのため、双方にとって再交渉は現実路線といえるのです。再交渉の結果、合意ありの離脱となれば、少なくとも2020年まで移行期間に入ることができます。アイルランド問題など様々な問題に直面しますが、マーケットにとっては一時的な安心感をもたらします。昨年より合意なき離脱を織り込み大きく下落しているポンドは最悪のシナリオを回避したことで買戻しが予想されます。ポンド円は150円台の回復が見込まれます。

3. 国民投票やり直し

国民投票のやり直しをおこなう確率が高いとは言えませんが、混迷を極めるブレグジットをみていると個人的にはもはやEU離脱を断行する必要性はないのではと思っています。EU側からも英議会が何も決められないのであれば「もう一度国民投票をしてみてはどうか」と促しています。英国内でも「もう一度国民投票を行うべき」などの世論の意見が急速に増えていて、事態打開のために再実施すべきとする英議員も与野党を問わず増えています。メイ首相は、国民投票のやり直しについて、「民主主義に反する」と否定していますが、理解が低いまま行われた2016年の国民投票からもう2年以上が過ぎ、ブレグジットに対して理解が深まった今こそ改めて選択することに意味はあると思います。
そして、国民投票のやり直しがあれば、ブレグジット撤回となる可能性は高そうです。世論調査では2度目の国民投票が実施された場合、離脱46%に対して残留54%になるという結果が発表されています。ブレグジット前のポンド円は155~175円前後で取引されていたため、もし再投票でブレクジットが否定されれば、ポンド円は元の鞘に戻りますので160円台回復もあるでしょう。

今後のスケジュールは

3月29日までのスケジュール

イギリスはリスボン条約第50条に基づいて離脱を3月29日までに行う必要があります。このXデーを滞りなく迎えることができるかどうか、それが3月12日に行われる2度目の本採決で決まります。ただこの本採決で下院議員たちを説得できるだけの協定案を示すことができるかどうかは懐疑的で、採決は否決される可能性が高いとされています。ここで否決されると、翌日13日に”合意なき離脱”の採決、さらにこれが否決されれば翌14日にEUとの交渉延長の採決が執り行われます。以上を整理するとともに大勢の予想も付け加えると、

2019/3/12 離脱案の本採決→否決
2019/3/13 合意なき離脱採決→否決
2019/3/14 交渉延長採決→可決
2019/3/29 離脱期限日→延長

となります。ただ、これは英国議会内での採決であり、仮にイギリスが離脱期限の延長を議会採決で可決したとしても、EU側が承認しなければ無意味となります。このように英議会の説得やEU側の承認には時間が必要となるため、実際のところ3月29日の離脱は延長されることになりそうです。

3月29日からのスケジュール

イギリスが離脱交渉期限の延長をEU側から承認された場合、その期限は一体いつになるのでしょうか。ポイントは5月迄に新たな離脱日を設定できるか、6月以降になってしまうかです。まず、5月迄と予想する根拠は5月23日から行われる欧州議会選挙にあります。5月迄の決着は欧州議会選挙を前にして投票を行える最後の期間となっており、選挙の結果が出る前に離脱することができます。もちろん6月以降の可能性も低くはありません。これまでの英議会やEU側のスタンスを見ていると交渉にはもっと時間が必要という結論も十分考えられるからです。このように3月29日以降のスケジュールは全くもって不透明で、向こう数か月間はポンドから目が離せない日々が続くでしょう。

2019年3月8日時点

為替ディーラー 井口喜雄

profile1

米ドル/円や欧州主要通貨を主戦場に、日々マーケットと戦う敏腕為替ディーラーとして活躍中。 ファンダメンタルズから見たマーケットの分析に精通しているほか、行動心理学とテクニカル分析を駆使した短期売買にも定評あり。日経CNBC、FX雑誌、ウェブサイトでのマーケットレポート連載など、各種メディア出演実績も多数。

日銀がある日本橋に生まれ、日銀とともに育った江戸っ子で実家は二代続く焼き鳥屋、神田の隠れた名店。焼き鳥にも独自のこだわりを持っている。

注意事項

  • ・掲載のスプレッドは、FX口座において、2019年3月11日(月)〜2019年6月7日(金)限定で原則固定(例外あり)となります。
  • ・お客様の約定結果による実質的なスプレッドが当社が広告で表示している「みんなのFX」のスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
  • ・本キャンペーンは、当社の都合により予告なく変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。

【原則固定例外あり】

  • ・震災などの天変地異や政変、また大企業の倒産等、市場に大きな影響を与える事象発生時に相場が急変した場合。
  • ・重要な経済指標の結果発表時に相場が急変した場合。
  • ・国内外の金融市場休場日や当社の営業休日明けのマーケットオープン時、マーケットクローズ間際など市場の流動性が低下している場合。

SNS

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。