豪ドル/円のチャート、相場の状況と今後の見通し

豪ドル/円のリアルタイム為替チャート

リアルタイム為替チャート一覧はこちら

業界最狭水準のスプレッド

みんなのFXは豪ドル円のスプレッドが狭い!

AM8:00~翌日AM5:00 原則固定(例外あり)

※2021年7月1日自社調べ

スプレッドだけじゃない!
約定率も高いので安心してお取引いただけます。

※2020年5月1日(金)~2020年5月29日(金)実績
約定率について詳しくはこちらをご覧ください。

豪ドル/円の基礎知識

オーストラリアの概要

オーストラリアは南半球最大の大陸国家で、グレート・バリア・リーフやエアーズロックといった世界遺産があることで有名です。首都キャンベラは内陸部にありますが、シドニーといった沿岸部の都市が発達しています。オーストラリアは英連邦加盟国であり、イギリスや隣国ニュージーランドとの結びつきが強いことも特徴の一つです。そのため政治や金融政策で似たような姿勢をとる場面が見受けられます。オーストラリア国内では自国通貨であるオーストラリアドル(豪ドル)が流通しており、変動率が高いことからFX取引で人気の高い通貨の一つです。また、鉄鉱石や石炭、金などの資源が豊富であることから、豪ドルは資源国通貨の代表格として認知されています。

image placeholder

オーストラリア経済は2018年までの28年間に渡り、年度単位でのプラス成長を実現してきました。ですが、昨年の新型コロナウイルスの感染拡大やドル需給問題などの影響により、2020年の経済成長率はマイナスに転じました。一方で、新型コロナウイルス感染の拡大防止の面では、オーストラリアは成功国とされています。序盤から財政・金融両方から大胆な支援策を打ち出したことでオーストラリアの経済状況は他国と比べて悪化せず、結果的に豪ドルは早い段階でコロナショック以前の水準に回復しています。

豪ドル/円の特徴

豪ドル/円は資源国通貨の代表的な通貨ペアであり、かつては高金利通貨として個人投資家の人気を集めました。現在はスワップポイントが低いため、変動率の高さを活かしてキャピタルゲインを狙う投資家に人気があります。2020年は新型コロナウイルス感染拡大を受けて大きく下落しましたが、新型コロナ関連のワクチン開発によりマーケットにリスク選好度が戻ると再度反発し、他通貨に比べ大きなボラティリティを見せました。
豪ドル/円は、資源価格や中国の経済指標の影響を受けやすいという特徴があります。オーストラリアの輸出品目は鉱物資源が約6割以上を占めており、国内経済が資源に依存しています。したがって、鉱物資源の価格がオーストラリア経済に及ぼす影響はとても大きいと言えます。また貿易相手国で見てみると、貿易総額のうち中国との貿易がトップの比率を占めています。輸出先でも中国が約3割以上を占めており、中国経済との結びつきが非常に強いと言えます。取引を行う上では、資源価格や中国の経済動向が豪ドル相場を左右することを押さえて取引に臨みたいです。

豪ドル/円を運用するときのチェックポイント

資源価格

一般的に資源価格は世界経済の需給状況が反映される傾向があります。世界経済の成長が見込まれる局面では需要が増えることにより資源価格は上昇します。これにより資源開発への投資が積極的になり、オーストラリアの経済発展の期待につながります。逆に世界経済の成長が鈍化する局面では需要の低下により資源価格は下落し、資源の輸出が減少することによりオーストラリア経済に下押し圧力がかかります。
現在はコロナショックからの景気回復で先行する中国の需要により、鉄鉱石価格などが10年振りの高値圏となっており、豪ドルを大きく支えています。鉄鉱石をはじめ主要輸出品の資源価格には注目してみましょう。

経済指標

豪ドル相場の先行きを予測する上で、オーストラリアの経済指標のチェックを欠かすことはできません。なかでもオーストラリア準備銀行(RBA:Reserve Bank of Australia)が発表する政策金利・声明文は非常に注目度が高いです。一般的に為替市場では金利が低い通貨から高い通貨に資金が流れることから、中央銀行が発表する政策金利は為替レートを大きく動かす要因となります。現在オーストラリア準備銀行はコロナショックに対応した経済支援のため、政策金利を過去最低の0.10%としています。2024年まで政策金利を据え置く可能性があるとの見通しを示していますが、テーパリングなどの話題が出てくると豪ドル円の上昇にもつながりそうです。オーストラリア準備銀行は金利を決めるにあたり、豪雇用統計や消費者物価指数(CPI)も参考指標としているため、これらのデータも併せて確認したいです。そして、オーストラリア経済と結びつきの強い中国の経済データも押さえておくと豪ドル相場のヒントが見つかるかもしれません。特に中国の国内総生産(GDP)や鉱工業生産、製造業PMIといったデータは「世界の工場」中国の経済状況を把握するのに重要です。

>経済指標の発表予定を確認する

豪ドル/円相場の状況と今後の見通し

近年の豪ドル/円相場の状況

2020年前半は新型コロナウイルスの感染拡大とドル需給問題などを受けて、2009年以来の安値となる59.85円付近まで大幅に下落しました。その後は各国中銀による金融緩和策や新型コロナウイルスのワクチン開発の進展によってマーケットにリスク選好度が戻ったことが影響し反発に転じました。結果コロナショック以前の水準までの回復も比較的早く、2020年の豪ドル円は値幅にして15円以上の大きなボラティリティを見せました。
2021年も順調に景気回復を続けており、足元の豪ドル円は資源価格の上昇などを支えとして堅調に推移しています。5月には85円台後半までの上昇を見せ、およそ3年ぶりの高値を付けています。

image placeholder

豪ドル/円の今後の見通し

2021年の豪ドルは新型コロナウイルスのワクチン普及に伴うリスク選好度の更なる改善が期待されます。世界的な資源高も追い風に一段と豪ドル高が進行すると予想しています。ただ資源高による貿易黒字は中国需要によるところが大きいため、資源価格の推移と最大の貿易相手国である中国との関係性には注視しておきたいところです。
またオーストラリア国内の失業率の高さやインフレ率の低迷を受けて、オーストラリア準備銀行は金融緩和姿勢を徹底して維持しています。今後、量的緩和策の延長や金融緩和の更なる強化への姿勢が観測されれば上値を重くする展開も予想されます。

image placeholder

豪ドル/円の取引なら、みんなのFX!

かつては高金利通貨の代名詞であった豪ドルですが、最近ではトルコリラやメキシコペソにその座を奪われています。とはいえ、今でも個人投資家からの人気は高く、2019年の国内の個人投資家における取引金額割合では5位の人気を誇っています。「みんなのFX」では、豪ドル/円のスプレッドが0.6銭(AM8:00~翌日AM5:00 原則固定(例外あり))と低コストでお取引いただけます。また、オーストラリアの政治経済や、チャートのテクニカルポイントに関するニュース配信も豊富ですので、豪ドル/円のお取引は「みんなのFX」のご利用をぜひご検討ください。
なお、先述の通り、豪ドル/円の値動きやスワップポイントの変動は、鉱物資源の需要に左右される傾向が強いため、世界経済や中国経済の動きに影響されます。また国内景気や、インフレ動向を判断するオーストラリア準備銀行(RBA:Reserve Bank of Australia)の政策金利・声明文もしっかりウォッチしながら取引すると良いでしょう。
(2021年7月時点 トレイダーズ証券 市場部)

>最新のマーケットニュースをチェックする
>動画でマーケットポイントをチェックする
>為替ディーラーが相場の「今」を呟くツイッターをチェックする

スプレッドに関する注意事項

  • ※掲載のスプレッドは、FX口座において、AM8:00~翌日AM5:00まで原則固定となります。(例外あり)
  • ※お客様の約定結果による実質的なスプレッドが当社が広告で表示している「みんなのFX」のスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
  • 【原則固定例外あり】
    • ・震災などの天変地異や政変、また大企業の倒産等、市場に大きな影響を与える事象発生時に相場が急変した場合。
    • ・重要な経済指標の結果発表時に相場が急変した場合。
    • ・国内外の金融市場休場日や当社の営業休日明けのマーケットオープン時、マーケットクローズ間際など市場の流動性が低下している場合。

トレイダーズ証券 市場部

トレイダーズ証券における為替ディーラー所属部門。日々、海外のニュースやチャートをチェックし、インターバンクと外国為替の取引をしている為替ディーラーが、この記事を執筆しました。

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ:8704)の100%子会社です。