豪ドル/円のチャート、相場の状況と今後の見通し

豪ドル/円のリアルタイム為替チャート

豪ドル/円相場の状況

オーストラリアの概要

日本でも馴染み深い国、オーストラリア。南半球最大の大陸国家で、グレート・バリア・リーフやエアーズロックといった世界遺産も観光地として人気があります。観光産業とともに、オーストラリアはその豊富な鉱物資源による貿易が同国経済を牽引しており、その主な取引先は目覚ましい経済発展を遂げた中国となっています。

エアーズロック

オーストラリアはイギリス連邦加盟国

オーストラリアは、その国旗のデザインからもわかるようにイギリス連邦加盟国であり、イギリスはもちろん隣国のニュージーランドとの結び付きが強いことも特徴のひとつです。そのため、政治や金融政策において似たような態度を示す場面が見受けられます。また、住民の約2割が移民で占められており、そのなかでも中国などアジア系移民が多いことでも有名です。

コロナショックからのいち早い経済回復を成功

さて、オーストラリア経済に目を移すと同国経済は2018年までの28年間にわたり年度単位でのプラス成長を実現してきています。ですが、昨今の新型コロナウイルス感染拡大やドル需給問題などの影響によって2020年の経済成長率はマイナスに転じてしまいました。しかし、新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた初期から財政・金融双方において大胆な支援策を打ち出したことによって同国経済は他国と比べ悪化せず、結果的にオーストラリアドル(以下、豪ドル)は早い段階でコロナショック以前の水準にまで回復しました。

豪ドルの特徴

豪ドルは、米ドル・ユーロ・円・ポンドに次いで世界でも5番目に取引量の多い通貨です。そして先にも述べたように、豊富な鉱物資源を有することから資源国通貨と呼ばれており、その代表格として人気を集めています。

かつては高金利通貨として投資家から人気を集めましたが、現在は0.35%という政策金利の影響から、その注目度は下がっています。しかし、 政治面や経済面での不安要素が少なく、比較的カントリーリスクの低い通貨 としてみることができるのです。

主要国の石油・石炭・天然ガスの生産・輸出シェア(2020年) 主要国の石油・石炭・天然ガスの生産・輸出シェア(2020年)

資源価格の値動きに左右されやすい

資源国通貨としての特色が色濃い豪ドルですが、鉄鉱石やボーキサイトといった鉱物資源に加え、石炭や天然ガスといったエネルギー資源の商品相場に連動して為替相場が影響を受けます。もちろん、同国の経済においてもこれら資源貿易は重要な位置を占めており、商品相場の値動きがオーストラリア経済に与える影響は非常に大きいと言えます。

豪ドル/円 為替レートの遷移グラフ

中国との経済的な結び付きの強さ

また、オーストラリア経済と強い結び付きのある国、中国の経済動向にも豪ドルは影響を受けやすいという特徴があります。世界の工場たる中国が経済的発展を遂げる。その過程で大量の鉱物資源が消費される。鉱物資源が貿易のトップ品目であること、輸出のその多くが中国相手であることなどから、オーストラリアは影響を受けてしまうのです。

政策金利を決めるRBAの動向

豪ドル相場の見通しを予測するうえで、オーストラリア経済の指標チェックは欠かせません。なかでも、オーストラリア準備銀行(Reserve Bank of Australia。以下、RBA)が発表する政策金利や声明文は非常に高い注目度を集めます。

RBAはオーストラリアを見舞ったコロナショックに対応し、その経済支援の一端として政策金利を過去最低の0.10%まで引き下げました。ですが、RBAが注視していたインフレ率や失業率などが改善していることから、2022年後半に向けて利上げ期待が高まっており、年内に実施される利上げ回数は最大の注目ポイントとなっています。

口座開設はこちら

豪ドル/円相場の今後の見通し

コモディティの価格推移に熱視線

世界的に大きなダメージを与えてきた新型コロナウイルスの蔓延による経済活動の停滞。そのコロナショックからいち早く立ち直りつつあるオーストラリア経済を底支えしているのが鉄鉱石に代表される鉱物資源、液化天然ガス(以下、LNG)に代表されるエネルギー資源の輸出にあります。

世界的にコモディティ価格は上昇傾向にありますが、この流れは中長期において各国の金融政策の変化などを受け次第に落ち着いていくと想定されています。したがって、オーストラリア経済の成長見通しが堅持されれば、豪ドル/円相場は比較的落ち着いた値動きとなりそうです。一方、昨今のウクライナ情勢の影響を受けて商品相場のボラティリティが高まっているため、資源価格が下落する局面は豪ドル/円相場の重しとなることに注意したいです。

資源価格と豪ドル/円のグラフ

中国経済・豪中関係の動きに注目

コモディティ価格の上昇による貿易黒字は中国需要に依るところが大きいため、中国国内の経済動向や豪中関係の政治的変化にも気を配る必要があります。

現在の中国経済ですが、その足元は今まさに正念場を迎えているといっても過言ではないでしょう。国を挙げての一大イベント、北京2022オリンピック・パラリンピックも閉幕、終息したかに思われた新型コロナウイルスによる市中感染か急拡大し都市封鎖が繰り返されるなど、景気回復へのマイナス材料が散見されているので注意が必要です。

電力エネルギーを担う石炭や天然ガスのニーズ

世界各国のロシアに対する経済制裁強化により、ロシア産エネルギー資源禁輸の懸念が資源価格上昇を引き起こし、電力といった我々にも身近なところで影響が現れつつあります。オーストラリアは液化天然ガス(LNG)の輸出シェアが産油国カタールを押さえ第1位(2020年度)であり、世界情勢がより一層の“脱ロシア”へと加速した場合、ロシアに代わる新たな調達先としてのニーズを満たすかもしれません。

足元の状況では、オーストラリアの主要資源である鉄鉱石や石炭、LNGなどの価格上昇が顕著ななか、ある程度相関性のある値動きをする豪ドル相場が乖離している状況が続いていることにも注目したいところです。

RBAの動向

豪ドルの上値余地を探る上では、RBAによる政策金利動向が最大の焦点となりそうです。RBAは2020年11月に政策金利を同国史上最低値となる0.10%に引き下げてましたが、2022年5月の会合で利上げに踏み切りました。その他の政策に目を移すと、債券購入プログラムについては正常化に向けた第一歩として2021年9月に週当たりの購入額を50億豪ドルから40億豪ドルへと減額しています。加えて、11月には3年国債の利回り目標とイールドカーブコントロールの撤廃を表明しています。また、3年物金利誘導目標0.1%を上回る国債利回りの上昇を容認したことで、早期利上げ観測が意識される場面もありました。

オーストラリアの金利と為替グラフ

〈完全雇用への復帰〉と〈目標と一致するインフレ達成〉への道筋に目処

RBAのロウ総裁は「RBAは〈完全雇用への復帰〉と〈目標と一致するインフレ達成〉のために非常に緩和的な金融環境を維持することにコミットしており、その条件が2024年までに満たされることはない」という見通しを示していました。しかし、直近では利上げ前倒しに含みを持たせていることから、RBAが重点を置く〈雇用とインフレ〉の内容を注視していく必要がありそうです。

オーストラリアの雇用・物価指数グラフ

雇用状況については、コロナショックで一時は7.4%にまで悪化した失業率も2022年2月時点で4.0%(豪政府統計局発表)にまで改善。インフレについては、世界的にインフレ高進圧力が高まる中で、昨年第2四半期の豪消費者物価指数(総合)は前年同期比+3.8%に急騰、RBA物価目標である年2~3%のレンジを上回っています。

金利引き上げ時期の見通しは不透明ながらも、早期利上げ期待につながる材料は散見されているので、年内に何度利上げされるか注目していくべきでしょう。

経済指標カレンダー(2022年09月)

オーストラリアの経済指標カレンダーです。今後の予定を抑えておきましょう。

豪ドル/円の取引なら、みんなのFX!

かつては高金利通貨の代名詞であった豪ドルですが、最近ではトルコリラやメキシコペソにその座を奪われています。とはいえ、今でも個人投資家からの人気は高く、2019年の国内の個人投資家における取引金額割合では5位の人気を誇っています。「みんなのFX」では、豪ドル/円のスプレッドが0.6銭(AM8:00~翌日AM5:00 原則固定(例外あり))と低コストでお取引いただけます。また、オーストラリアの政治経済や、チャートのテクニカルポイントに関するニュース配信も豊富ですので、豪ドル/円のお取引は「みんなのFX」のご利用をぜひご検討ください。
なお、先述の通り、豪ドル/円の値動きやスワップポイントの変動は、鉱物資源の需要に左右される傾向が強いため、世界経済や中国経済の動きに影響されます。また国内景気や、インフレ動向を判断するオーストラリア準備銀行(RBA:Reserve Bank of Australia)の政策金利・声明文もしっかりウォッチしながら取引すると良いでしょう。
(2022年5月時点 トレイダーズ証券 市場部)

>最新のマーケットニュースをチェックする
>動画でマーケットポイントをチェックする
>為替ディーラーが相場の「今」を呟くツイッターをチェックする

トレイダーズ証券市場部為替ディーラー

日々、海外のニュースやチャートをチェックし、インターバンク市場にて外国為替の取引をしている、トレイダーズ証券 市場部所属の為替ディーラーが、この記事を執筆しました。
記事の執筆のほかにも平日は毎日FXレポートの配信やTwitterでリアルタイムに相場の「今」を呟いています。
さらにみんなのFXの公式YouTubeチャンネルでは FX初心者の方から中上級者の方まで、取引の役に立つ様々な情報を配信しています。

現役為替ディーラーによる為替相場予想を毎週配信!
>井口喜雄のディーラーズアイ
毎週掲載!現在の相場観とFXトレード戦略
>羊飼いのFXブログ

約5分で申込完了!最短当日取引可能

※「スマホで本人認証(免許証のみ)」をご利用の場合

今なら新規口座開設で
最大50,000円キャッシュバック

SNS

line icon

APP

トレイダーズ証券

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。