みんなのシストレ
操作マニュアル システムトレーダー アプリ版
目次

取引履歴を見る

約定履歴

過去の取引履歴の詳細を確認することができます。

  1. 「マイトレード」のメニューより「約定履歴」をタップすると、ポジション照会画⾯が表⽰されます。

    ■条件検索

  1. 発注種別
    決済注文した各発注種別を「全て」「LC」「AMO」「MO」「ST」「Other」から選択します。
    • ・全て:決済注文した全ての発注種別を表示します。
    • ・LC(ロスカット):強制ロスカットにより自動決済された注文
    • ・AMO(アセット・マネジメント・オーダー):リスクコントロール設定により合計損益額が設定した金額になった場合に自動決済された注文
    • ・MO(マニュアル・オーダー):お客様自身で手動決済した注文
    • ・ST(システム・トレード):ストラテジーの発注にもとづいて自動決済された注文
    • ・Other(その他):「LC」「AMO」「MO」「ST」以外の条件で決済された注文
  2. 期間
    起点日/終点日を入力します。カレンダーからの選択も可能です。
  3. 並べ替え
    約定履歴に表示させる順番を「約定日時」「決済損益」から選択します。
    初期表示は「約定日時」での並びになっていますが、こちらで選択した項目ごとに変更することができます。

    ■項目詳細

  1. ストラテジー
    システムトレードを行ったストラテジーのアイコンが表示されます。
  2. 通貨ペア
    通貨ペアを表示します。
  3. 売買 新規/決済 発注種別
    売買(売/買)と注文(新規/決済)、発注種別(LC/AMO/MO/ST)を表示します。
  4. 約定価格/数量
    約定価格と注⽂数量を通貨単位で表示します。
  5. 決済損益
    決済損益(スワップポイント含む)を表示します。
  6. 約定日時
    約定日時を表示します。
【運用成績の公開に関する注意事項】
  • ・ストラテジーの取引に依拠したシグナルによりお客様の成行注文が発注されるため、ストラテジーの取引が利益となった場合でも、お客様の取引では損失となることや取引価格と差異が生じることがあります。また、収益率は必ずしも一緒にはなりません。
  • ・ストラテジーには、投資戦略を搭載した自動売買プログラム(以下「プログラム」)および「みんなのFX」にて裁量取引を行う実際のユーザー(以下「トレーダー」)が存在します。「トレーダー」を選択した場合、「プログラム」を選択することに比べ、以下のようなリスクが発生する恐れがあります。
    • 「トレーダー」によるシステムトレードは、実際のユーザーが手動で取引を行うため、合理性に欠く取引が行われることや取引が停止される場合があること。
    • 「トレーダー」が事前に申告した投資戦術と相違する取引を行う可能性があり、お客様の意図とは異なる取引が行われる場合があること。
    • 「トレーダー」は事前告知なく、ランキングの公開を停止すること。
  • ・「みんなのFX」と「みんなのシストレ」ではスプレッドが異なります。お客様がシステムトレードを行うのは「みんなのシストレ」であり、「プログラム」が取引を行うのも「みんなのシストレ」となるため、お客様と「プログラム」のスプレッドは原則同じになります。一方、「トレーダー」が取引を行うのは「みんなのFX」であるため、お客様と「トレーダー」の取引価格やスプレッドは異なり、したがって取引損益や収益率等も異なります。
  • ・発注時に証拠金使用率が90%を上回る場合、ストラテジーがシグナルを出してもお客様の口座では取引が成立しません。
TOPへ戻る