みんなのFX
操作マニュアル FX トレーダー アプリ版
目次

決済注文 - 選択決済

ポジション照会画面から、複数のポジションを成行注文にて同時に決済できます。
同時に選択できるのは、同一通貨ペア・同一売買方向のポジションとなります。

  1. 画面下部のメニューバーから「ポジション」をタップし、ポジションサマリ画面を表示します。
  1. 「ポジション照会」をタップすると、ポジションの一覧が表示されます。
  1. 決済したいポジションを選択します。
    選択できるのは、同一通貨ペア・同一売買方向のポジションのみとなります。
  2. 「選択ポジション決済」をタップすると、決済注文画面が表示されます。
  1. 決済する建玉の決済可能数量、平均約定価格、評価損益が表示されます。
  2. 決済可能数量
    決済が可能な残数量をLot数で表示します。既に決済注文中の数量は、決済可能数量には含まれません。
  3. 平均約定価格
    新規ポジションが約定した時の価格の平均です。
  4. 評価損益
    建玉の現時点での損益を円単位で表示します。
  5. 「無制限」をタップすると、スリッページの設定切替えができます。(0~999pips)
    詳細は、スリッページ設定をご覧ください。
    ご注意
    • ※「無制限」が有効な状態だと、スリッページが設定されないため、注文価格よりも大きく乖かい離した価格で約定する恐れがございます。
    • ※設定値が「0」の状態の場合は、注文価格と約定価格に差が発生した場合、成行注文が約定しません。その場合、【成立しませんでした】とメッセージを表示いたします。
  6. 「売」または「買」をタップすると、注文確認画面が表示されます。
    ご注意
    • ※「注文設定」の確認画面表示の設定がOFFの場合、注文確認画面は表示されません。
  1. 「注文実行」をタップすると、注文が発注されます。
  1. 「ポジション」をタップすると、ポジション照会画面が表示されます。
ご注意
  • ※選択決済注文は、お客様の注文が当社に到達した後の当社配信レートで約定します。
    このため、約定レートがお客様の注文 レートと比べてお客様に有利または不利なレートとなる場合があります。また、為替レートの変動やカバー取引の可能性、相場の流動性をもとにした当社の判断により成行注文を発注しても取引が不成立となることがあります。取引が不成立となった場合、その後為替レートが大きく変動して損失が発生または拡大する可能性があります。
    ※選択決済で発注する場合、すでに指値注文などで決済注文を設定しているポジションを決済することはできません。
  • ※レバレッジは個人口座、法人口座によって異なります。
    個人:25倍固定です。ただし、RUB/JPYは10倍固定です。
    法人:通貨ペアごとに毎週見直しされたレバレッジが適用されます。 
    既存のポジションの証拠金も、見直しされるレバレッジを用いて再計算されるため、新規注文時に適用されたレバレッジと異なる場合があります。
  • ※法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じ て得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される計算モデルを用い算出されます。
    法人店頭FX取引に係る証拠金規制に関する詳細は、一般社団法人金融先物取引業協会のホームページをご覧ください。
TOPへ戻る