みんなのFX報告書の見方(日次)

    • ①預託証拠金残高
      決済済みで未受渡の金額を含む、取引日基準の証拠金残高です。
    • ②ポジション必要証拠金
      ③の「建玉残高」のポジションを保有するために必要な証拠金です。
    • ③証拠金維持率
      取引内容に対する証拠金の余力の割合を表します。
      (純資産額÷ポジション必要証拠金)×100
    • ④ロスカットライン
      ロスカットが実行されるときの純資産額の目安です。
      ポジション必要証拠金×100%
    • ⑤建玉評価損益
      保有しているポジションを時価により評価したものをいいます。
      また、建玉評価損益に未決済のスワップポイントを加味したものを「3.⑩評価損益」といいます。
      10,000通貨単位未満の取引については、決済取引によって反対売買されるまでは、新規及び決済にかかる取引手数料が評価損益に含まれます。
    • ⑥出金可能額
      出金予約できる金額です。
      純資産額-評価損益のプラス-ポジション必要証拠金-注文証拠金
      ただし、決済済みで未受け渡しの金額のプラス(益)が反映されるのは、取引実行日から通常2営業日後となります。
    • ⑦注文証拠金
      注文中(指値注文等で、未約定の状態)の注文に必要な証拠金です。
    • ⑧純資産額
      その時点で全ての取引を終了した場合のお客様の資産です。
      預託証拠金残高+評価損益-出金予約済みの金額
    • ⑨年間累計損益
      年間の累計売買損益合計となります。評価損益は含みません。(取引日基準)
      前日の年間累計損益[円]+実現スポット損益+スワップ損益
  1. お取引の明細・・・作成基準日の取引内容の明細です。

    • ⑩手数料
      1回の取引数量が10,000 通貨単位未満の場合に、新規及び決済の双方に3銭(1,000通貨あたり30円)かかります。
      (取引手数料は新規の取引が約定した時点で、決済取引にかかる手数料と合わせて評価損益に反映され、実際に決済取引を実施した際に預託証拠金残高より差し引かれます。)
      ※1,000通貨単位の取引手数料は、平成23年11月14日営業日より、無料となりました。
  2. 建玉残高・・・作成基準日のマーケットクローズ時点での未決済のポジション明細です。

    • ⑪評価損益
      建玉評価損益に未決済のスワップポイントを加味したものです。
      10,000通貨単位未満の取引については、決済取引によって反対売買されるまでは、新規及び決済にかかる取引手数料が評価損益に含まれます。
  3. 預託証拠金入出金明細(日次)・・・作成基準日の入金・出金・スワップ受取・決済金額の明細です。


みんなのFXへ口座開設