お役立ち!FX用語集

「ワ」から始まるFX用語一覧

ワラント債ウィキペディアにリンクします。
ワラント債

ワラント債とは、一定の値段(行使価格)で発行会社の株式を買える権利(新株引受権=ワラント)の付いた社債。ワラント債は、社債部分とワラント部分を分離して販売できない「非分離型」と、社債部分とワラント部分を別々に流通させることのできる「分離型」の二種類の発行があり、現在では「分離型」が一般的。少額の資金で、株式を購入するのと同じ効果が得られ、ハイリスク・ハイリターンの商品。社債として償還まで保有すれば利子を得ることができ、それ以外に決められた株数を決められた価格(権利行使価格)で買う権利がついているので、株価が値上がりした場合、その一定の価格で一定の数量(付与率)の株券を買い付け、時価で売却することによってキャピタル・ゲインを狙うことも可能。 

割引債ウィキペディアにリンクします。
割引債

販売価格を額面から割り引く形で発行する債券。ゼロクーポン債ともいい、クーポン(利子)がない債券。その代わり、額面よりも割り引いた価格で販売されて、償還時に得られる償還差益が収益となる。保有期間中の利払いはないが、払い込み金額が少ない利点がある。 

もっと検索する!


みんなのFXへ口座開設