ロスカットについて

自動ロスカット機能

証拠金維持率が100%以下となった場合、全てのポジションについてシステムが自動的に決済の成行注文を発注します。なお、未約定の新規注文があ る場合は、証拠金維持率が100%以下となっていることを検知したときに、未約定(予約中)の注文を自動的に取消し、当該取消処理をしてもなお証拠金維持率が 100%以下となるとロスカットが行われます。
自動ロスカットの目的は、お預け入れいただいた証拠金以上の損失の発生を防ぐことですが、相場の急変時にはスリッページの発生等の要因により、預託証拠金額を超える損失が発生する場合もございます。
特に、建玉金額が大きいほど、自動ロスカットの約定レートがお客様 にとって不利となるリスクも高くなります。

ロスカットの執行方法について

証拠金維持率が100%以下であると当社システムが検知したときに、発注済の注文を全て取消し、当該注文を実際に約定処理する時点においてお客様向けに配信したレート(※1)を以て執行します。
※1 配信レートが、お客様の画面に表示されるまでにはお客様端末と当社システムの間の通信に伴う時間差が発生します。


証拠金シミュレーションでロスカットラインを計算する

ロスカットを回避するには

ロスカットを回避するには以下の2つの方法がございます。
①追加証拠金を入金する。 純資産額が上昇するため、証拠金維持率が上昇します。
②建玉の一部を決済する。 注文証拠金が減るため、証拠金維持率が上昇します。

ロスカットが発生する事例

50万円の入金から、ポジションを保有し、ロスカットが発生するまでの流れを、みんなのFXの口座情報を用いてご説明します。

ポジションを持つ前

50万円を入金し、取引は一切行っていない状態では、口座情報は以下のようになります。

ポジションを持った場合

米ドル円 10Lot(100,000ドル)を、1ドル=100円の時に買ったとします。レバレッジを25倍にすると、ポジション必要証拠金は1ロットあたり400,000円となります。このときの口座情報は以下のとおりになります。

各項目の計算方法はこちら



レートが変動し、ロスカットされる場合(他のポジション・新規注文は無いものとします)

証拠金維持率が100%以下になった場合にロスカットとなりますので、純資産額がポジション必要証拠金の100%に相当する400,000円以下になった場合にロスカットが発動します。

つまり、建玉評価損益が-100,000円となった時点で、証拠金維持率が100%となります

10ロットのポジションは、1銭の値動きで1,000円の評価損益が上下しますので、評価損益が-100,000円となるには、1円の値下がりがあった ということになります。つまり、1ドル=99円以下になった時点で、証拠金維持率100%以下となった場合ロスカットとなります。

お預け入れ金額以上に損失が発生するケース(米ドル円)の例

仮に、米ドル円が90.000円になった時点でロスカットになるケースの場合、自動ロスカット機能はレートが90.000円になるかそれを割り込んだ時点で発動しますが、相場の急変動などの要因により、この約定が不成立となることもあります。
その場合、再度ロスカット執行のためシステムが自動的に注文を出し直すこととなります。このタイムラグにより、当初の90.000円ではなく、89.950円もしくはより不利なレートでロスカットが執行される場合があり得ます。


みんなのFXへ口座開設