GWはイベント目白押し!

 今週のドル円は111円台まで回復。週末にフランス大統領選挙の第1回投票でマクロン氏が首位で通過したことから、政治リスクの後退を受けて週明けは窓を開けて110.20円で始り110.345円まで上昇しました。また、北朝鮮が朝鮮人民軍創建85周年で核実験やミサイル発射を見送ったほか、米国の税制改革案が好感されたことで111.775円まで上値を拡げました。週末は日本のGW入りや米国の暫定予算案などの審議を控えて、積極的な取引が手控えられたことから、111円中盤での揉み合いとなり111.445円で取引を終えました。



画像20170429.jpg

[image: みんなのFX 日足チャート 一目均衡表]


 来週のドル円はイベントが多く強弱の見極めが必要になりそうです。53日米連邦公開市場委員会(FOMC)、5日米雇用統計が控えているほか、韓国では430日から59日まで韓国大統領選挙が行われ、米軍による北朝鮮に対する軍事行動のタイムリミットとみられています。一旦、北朝鮮への地政学リスクは落ち着いてきましたが、北朝鮮の隣国である日露首相がこのタイミングで会談しており、北朝鮮への外堀を埋めてきているとの見方があります。米国も北朝鮮への圧力を緩めておらず、このまま北朝鮮が話し合いに応じない場合は軍事衝突する可能性は低くないとみられるため、短期的にダウンサイドリスクが高くなりそうです。

20170429画像_R003.jpg             [image: REUTER 北朝鮮と外交的な解決をはかりたいトランプ大統領 ]



2017年4月28日の経済指標とトレードポイント

FX - 本日の経済指標
  
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
28日 23:00USDミシガン大学消費者態度指数・確報値 4月98.098.0
28日 22:45USDシカゴ購買部協会景気指数 4月57.756.2
28日 21:30USD四半期実質国内総生産(GDP、速報値)[前期比年率] 1-3月期2.1%1.0%
28日 21:30CAD原料価格指数[前月比] 3月1.2%-0.5%
28日 21:30CAD鉱工業製品価格[前月比] 3月0.1%0.3%
28日 21:30CAD月次国内総生産(GDP)[前月比] 2月0.6%0.1%
28日 21:00ZAR貿易収支 3月52億ランド62億ランド
28日 19:00JPY外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)--
28日 18:00EUR消費者物価指数(HICP、速報値)[前年同月比] 4月1.5%1.8%
28日 17:30GBP四半期国内総生産(GDP、速報値)[前年同期比] 1-3月期1.9%2.2%
28日 17:30GBP四半期国内総生産(GDP、速報値)[前期比] 1-3月期0.7%0.4%
28日 17:00EURマネーサプライM3[前年同月比] 3月4.7%4.7%
28日 16:00CHFKOF景気先行指数 4月107.6107.5
28日 15:45FRF消費支出[前月比] 3月-0.8%0.5%
28日 15:45FRF卸売物価指数(PPI)[前月比] 3月-0.2%-
28日 15:45FRF消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 4月0.6%0.1%
28日 15:00GBPネーションワイド住宅価格[前月比] 4月-0.3%0.1%
28日 15:00DEM輸入物価指数[前年同月比] 3月7.4%6.5%
28日 15:00DEM輸入物価指数[前月比] 3月0.7%-0.1%
28日 15:00DEM小売売上高指数[前年同月比] 3月-2.1%2.2%
28日 15:00DEM小売売上高指数[前月比] 3月1.8%0.0%
28日 15:00ZARマネーサプライM3[前年同月比] 3月6.63%6.50%
28日 14:30FRF国内総生産(GDP、速報値)[前期比] 1-3月期0.4%0.4%
28日 14:00JPY新設住宅着工戸数[前年同月比] 3月-2.6%-2.6%
28日 11:30SGD四半期失業率(速報値) 1-3月期2.2%2.2%
28日 10:30AUD四半期卸売物価指数(PPI)[前年同期比] 1-3月期0.7%-
28日 10:30AUD四半期卸売物価指数(PPI)[前期比] 1-3月期0.5%-
28日 10:00NZDNBNZ企業信頼感 4月11.3-
28日 08:50JPY百貨店・スーパー販売額(既存店)[前年同月比] 3月-2.7%-1.0%
28日 08:50JPY小売業販売額[前年同月比] 3月0.1%(0.2%)1.5%
28日 08:50JPY鉱工業生産・速報値[前月比] 3月3.2%-0.8%
28日 08:30JPY東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)[前年同月比] 4月-0.4%-0.2%
28日 08:30JPY全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)[前年同月比] 3月0.2%0.2%
28日 08:30JPY全国消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 3月0.3%0.3%
28日 08:30JPY有効求人倍率 3月1.431.43
28日 08:30JPY失業率 3月2.8%2.9%
28日 08:30JPY全世帯家計調査・消費支出[前年同月比] 3月-3.8%-0.5%
28日 08:01GBPGFK消費者信頼感調査 4月-6-7
28日 07:45NZD貿易収支 3月-0.18億NZドル(-0.50億NZドル)3.70億NZドル
28日 07:45NZD住宅建設許可件数[前月比] 3月14.0%(17.2%)-

今のところ北朝鮮が核実験を見送っており、朝鮮半島の地政学リスクの緊張感が若干和らいでいることや、ムニューシン米財務長官の「長期的には強いドルが望ましい」、「米史上最大の減税、税制改革になる」などの発言を受け、ドル安の圧力は和らぎ、ドル円は底堅い展開となっています。ただ、トランプ大統領は短期的にドルが強すぎることへの不満を持っているのも事実なので、今後ドルが売られる場面も想定されますが、本日のドル円はドル安の圧力が和らいでいることから底堅い展開が予想されます。ただ、昨日原油相場の下落を受けクロス円を中心に円が売り込まれると、つれるかたちからドル円も下落しているので、原油相場の動向には注意をして取引に臨みたいです。

5月セミナーは「相場を動かす男」志摩力男氏が登場!

5月24日(水)のセミナーのご案内ですnote

■セミナー内容:
5月のセミナーは大人気講師の志摩力男氏が登場!現役プロトレーダーに今回語っていただくのは、もちろん「欧州市場」です!5月の"フランス大統領選"6月の"英総選挙"さらに"G7"や"G20"とビッグイベントが続く、現在注目の「欧州市場」をマーケットの達人に解説していただきましょう!今後の経済イベントのポイントは?志摩氏が思い描くシナリオとは?プロトレーダーの優れた分析力による相場観は必見!きっと今後のトレードに役立つはずです。この貴重な機会をお見逃しなく!


【 講師 】
志摩力男
志摩力男

▼プロフィール
慶応義塾大学経済学部を卒業後、ゴールドマンサックス、ドイツ証券等でプロップトレーダーを歴任。その後香港にてマクロヘッジファンドマネージャーとして活躍。『相場を動かす男』として、同氏の動向やポジションは世界中のトレーダーから常に注目されていた。現在は独立し、現役プロトレーダーとして活躍している。

【 日時 】
5月24日(水)20:00~21:00(アクセス時間:19:00~)

【参加資格】
無料オンラインセミナーです。どなたでもご参加いただけます。
こちらよりご参加ください。(配信ページのリンク先は当日公開予定)

【参加人数】先着200名

※セミナーの内容と関係のない質問及び当社が不適切と判断したコメントにつきましては、削除する場合があります。また、セミナー中全ての質問にお答えできるわけではありません。予めご了承いただきますようお願いいたします。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
※本ブログ記事のコメント欄にて、皆さまからのご質問をお待ちしております。
ご質問はこちらから!
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


present「みんなのFX」キャンペーン情報 present
----------------------------------------------------------------------------

5月ドル円最大100万円キャッシュバックキャンペーン

▼5月米ドル円最大100万円キャッシュバックキャンペーン
キャンペーン期間中、「みんなのFX」において米ドル円をお取引いただいたお客様にキャッシュバックを行います。
詳しくはこちらをご確認ください。


全国うまいもの

全国うまいもの"選べる"キャンペーン第2弾

キャンペーン期間中、「みんなのFX」においてポンド円をお取引いただいたお客様に、全国から取寄せた今が旬の名産品をプレゼントいたします。(要申込)
詳しくはこちらをご確認ください。




2017年4月27日の経済指標とトレードポイント

FX - 本日の経済指標
  
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
27日 23:00USD住宅販売保留指数[前月比] 3月5.5%-1.0%
27日 21:30USD新規失業保険申請件数 前週分24.4万件24.5万件
27日 21:30USD耐久財受注・輸送用機器除く[前月比] 3月0.4%(0.5%)0.4%
27日 21:30USD耐久財受注[前月比] 3月1.7%(1.8%)1.3%
27日 21:30EURドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見--
27日 21:00DEM消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 4月0.2%-0.1%
27日 20:45EUR欧州中央銀行(ECB)政策金利0.00%0.00%
27日 18:00EUR消費者信頼感(確定値) 4月-3.6-3.6
27日 15:30JPY黒田東彦日銀総裁、定例記者会見--
27日 15:00DEMGFK消費者信頼感調査 5月9.89.9
27日 15:00CHF貿易収支 3月31.1億スイスフラン(31.2億スイスフラン)-
27日 10:30AUD四半期輸入物価指数 [前期比] 1-3月期0.2%-0.5%
27日 08:50JPY対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分3152億円-
27日 08:50JPY対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分-7962億円-

昨日のドル円は、ムニューシン米財務長官が「米史上最大の減税、税制改革になる」「目標は税制改革の恒久化」などと述べると、一端はドル買いの流れになりましたが、その一方で、「税制改革の財源は成長によって自ずと賄われる」と述べ、財源についての具体策が示されなかったことが嫌気され、その後はドル売りの流れになりました。本日のドル円は、ムニューシン米財務長官の「米史上最大の減税、税制改革になる」と述べられたことへの期待感に加え、米のファンダメンタルでは、3月の雇用統計に弱さはあったものの、総じて堅調さが伺えることから、基本的にはドル買いのスタンスで臨みたいです。ただ、ムニューシン米財務長官から財源についての具体策が述べられていないことに加え、米議会における予算審議への懐疑的な見方もあるため上値も限定的な展開が予想されます。

2017年4月26日の経済指標とトレードポイント

FX - 本日の経済指標
  
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
26日 21:30CAD小売売上高(除自動車)[前月比] 2月1.7%-0.3%
26日 21:30CAD小売売上高[前月比] 2月2.2%0.0%
26日 20:00USDMBA住宅ローン申請指数[前週比]-1.8%-
26日 18:30ZAR卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 3月5.6%5.5%
26日 18:30ZAR卸売物価指数(PPI)[前月比] 3月0.6%0.6%
26日 15:45FRF消費者信頼感指数 4月100100
26日 13:30JPY全産業活動指数[前月比] 2月0.1%0.6%
26日 10:30AUD四半期消費者物価(CPI)[前年同期比] 1-3月期1.5%2.2%
26日 10:30AUD四半期消費者物価(CPI)[前期比] 1-3月期--

昨日のドル円は26日に発表されるトランプ政権による税制改革実現への期待感が広がりドル買いが優勢となりました。本日のドル円はトランプ政権による税制改革の発表内容に注目が集まっています。仮に内容が市場から信頼されるものであれば、ドル円はさらに一段高の展開になることが予想されるため、ドル買いのスタンスで取引に臨みたいです。

FXの取引は「みんなのFX」で