2017年3月24日の経済指標とト レードポイント

FX - 本日の経済指標
 
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
24日 21:30USD耐久財受注[前月比] 2月1.8%(2.0%)0.013
24日 21:30CAD消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 2月0.0210.021
24日 21:30CAD消費者物価指数(CPI)[前月比] 2月0.0090.002
24日 18:00EURサービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月55.555.3
24日 18:00EUR製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月55.455.3
24日 17:30DEMサービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月54.454.5
24日 17:30DEM製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月56.856.5
24日 17:00FRFサービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月56.456.1
24日 17:00FRF製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月52.252.4
24日 16:45FRF国内総生産(GDP、確定値)[前期比] 10-12月期0.0040.004
24日 14:00JPY景気一致指数(CI)・改定値 1月114.9-
24日 14:00JPY景気先行指数(CI)・改定値 1月105.5-
24日 08:50JPY対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分-7227億円-
24日 08:50JPY対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分-7039億円-
24日 06:45NZD貿易収支 2月-2.85億NZドル(-2.57億NZドル)1.80億NZドル

市場の注目はオバマケア代替法案の採決に集まっておりますが、仮に下院を通過したとしても、上院で承認される可能性は低く、修正を含め法案の成立にはまだ時間を要します。さらに、税制改革案の審議入りにはまだまだ先になることを考慮すると、トランプ氏の手腕への期待が高かっただけに、ここにきて失望へと変わりつつあります。これを受け本日のドル円は上値の重い展開になることが予想されるため、111円台半ば前後では戻り売りを狙い取引に臨みたいです。


4月セミナーは「待つFX」のえつこ氏が初登場!

4月26日(水)のセミナーのご案内ですnote

■セミナー内容:
4月のセミナーは、「待つFX」でおなじみのえつこ氏が「みんなの金トレ」初登場!えつこ氏は専業トレーダーとして独学で学んだ相場の勢いを掴む方法 "えつこ流「待つFX」" で多数の書籍を出版し、雑誌にも連載をしている人気トレーダーです。今回のセミナーでは、その「待つFX」を伝授していただきます。「指標発表」や「要人発言」等の情報だけで動く時間を見極めて、動かない時間の予想の仕方・動いた時のエントリー方法など詳しく語っていただきます。えつこ氏の手法を習得できれば、きっと今後のトレードの参考になるはずです。


【 講師 】
えつこ
えつこ

▼プロフィール
SEとして銀行や証券会社に勤務しソフト開発の会社も経営していた。妊娠を期に、専業主婦になり、今は専業トレーダーとして活躍中。相場の勢いを掴む方法を独学で学び「待つFX」をキーワードに書籍を多数出版、雑誌の連載なども行う。FXの利益で、発展途上国の子供達や貧困層を援助する財団を設立する事が夢。

【 日時 】
4月26日(水)20:00~21:00(アクセス時間:19:00~)

【参加資格】
無料オンラインセミナーです。どなたでもご参加いただけます。
こちらよりご参加ください。(配信ページのリンク先は当日公開予定)

【参加人数】先着200名

※セミナーの内容と関係のない質問及び当社が不適切と判断したコメントにつきましては、削除する場合があります。また、セミナー中全ての質問にお答えできるわけではありません。予めご了承いただきますようお願いいたします。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
※本ブログ記事のコメント欄にて、皆さまからのご質問をお待ちしております。
ご質問はこちらから!
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


present「みんなのFX」キャンペーン情報 present
----------------------------------------------------------------------------

2月ドル円スプレッド実質最大0.2銭キャッシュバックキャンペーン

▼3月米ドル円最大100万円キャッシュバックキャンペーン
キャンペーン期間中、「みんなのFX」において米ドル円をお取引いただいたお客様にキャッシュバックを行います。
詳しくはこちらをご確認ください。


全国うまいもの

新春全国うまいもの"選べる"キャンペーン第1弾

キャンペーン期間中、「みんなのFX」においてポンド円をお取引いただいたお客様に、全国から取寄せた今が旬の名産品をプレゼントいたします。(要申込)
詳しくはこちらをご確認ください。




2017年3月23日の経済指標とト レードポイント

FX - 本日の経済指標
  
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
24日 00:00EUR消費者信頼感(速報値) 3月-6.2-5.9
23日 23:00USD新築住宅販売件数[前月比] 2月0.0370.016
23日 23:00USD新築住宅販売件数[年率換算件数] 2月55.5万件56.4万件
23日 21:45USDイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言--
23日 21:30USD新規失業保険申請件数 前週分24.1万件24.0万件
23日 18:30GBP小売売上高指数[前月比] 2月-0.0030.004
23日 18:00EUR欧州中央銀行(ECB)月報--
23日 16:45FRF企業景況感指数 3月104104
23日 16:00DEMGFK消費者信頼感調査 4月1010
23日 14:00SGD消費者物価指数(CPI)[前年比] 2月0.0060.007

オバマケア代替法案を巡り与党共和党内で調整が難航していることが相場の重しとなり、ドル売りが続いております。トランプ政権の先行き不透明感に加え、本日予定されているイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言は、FOMCの結果を再確認する内容であることが予想されているため、ドル売りは継続しそうです。本日のドル円は、下値模索を想定し、111円台半ばから後半においては戻り売りのスタンスで取引に臨みたいです。


2017年3月22日の経済指標とト レードポイント

FX - 本日の経済指標
  
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
23日 05:00NZDニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利0.01750.0175
22日 23:00USD中古住宅販売件数[前月比] 2月0.033-0.025
22日 23:00USD中古住宅販売件数[年率換算件数] 2月569万件555万件
22日 22:00USD住宅価格指数[前月比] 1月0.0040.004
22日 20:00USDMBA住宅ローン申請指数[前週比]0.031-
22日 18:00EUR経常収支 1月310億ユーロ-
22日 17:00ZAR四半期経常収支 10-12月期-1760億ランド-1470億ランド
22日 17:00ZAR消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 2月0.0660.063
22日 17:00ZAR消費者物価指数(CPI)[前月比] 2月0.0060.012
22日 13:30JPY全産業活動指数[前月比] 1月-0.0030
22日 08:50JPY貿易統計(通関ベース) 2月-1兆869億円(-1兆876億円)8072億円
22日 08:50JPY日銀・金融政策決定会合議事要旨--

先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)や週末のG20後にドル安の流れが続き、ドル円は3週間ぶりに111円台に突入しました。FOMC後、メンバーからのタカ派的な発言はあまり見受けられず、米利上げペース拡大期待が後退していることや、米議会がオバマケアの廃止と新たなヘルスケア法案策定に時間を要しており、ここにきてトランプ大統領の経済政策への期待にも一服感が出ております。このような状況下では積極的にドルは買い進みにくいと思われます。本日のイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長発言はサプライズの期待もなく、FOMCの結果を再確認する内容であることが予想されており、ドルの上値の重さは継続することが予想されるため、112円台前半ではドル売りのスタンスで取引に臨みたいです。


2017年3月21日の経済指標とト レードポイント

FX - 本日の経済指標
  
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
21日 21:30CAD小売売上高(除自動車)[前月比] 1月-0.0030.013
21日 21:30CAD小売売上高[前月比] 1月-0.0050.015
21日 21:30USD四半期経常収支 10-12月期-1130億ドル-1290億ドル
21日 19:35GBPカーニー英中銀(BOE)総裁、発言--
21日 18:30GBP卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)[前年同月比] 2月0.0240.025
21日 18:30GBP小売物価指数(RPI)[前年同月比] 2月0.0260.029
21日 18:30GBP小売物価指数(RPI)[前月比] 2月-0.0060.008
21日 18:30GBP消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 2月0.0180.021
21日 18:30GBP消費者物価指数(CPI)[前月比] 2月-0.0050.005
21日 17:30HKD消費者物価指数(CPI)[前年比] 2月0.0130.007
21日 16:00CHF貿易収支 2月47.3億スイスフラン-
21日 09:30AUD豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表--
21日 09:30AUD四半期住宅価格指数[前年同期比] 10-12月期0.0350.063
21日 09:30AUD四半期住宅価格指数[前期比] 10-12月期0.0150.025

18日に閉幕した20か国財務大臣・中央銀行総裁会議(G20)の声明における、「成長は依然として望ましいペースよりも弱く、世界経済の下方リスクが残存している」の内容や、23日にイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言を控えていることなどを受け、本日のドル円は、ドル買いの材料を欠くため上値の重い展開が予想されます。基本的なスタンスとしては、米10年債利回りの動向を見極めながら、112円台後半ではドル売りのスタンスで取引に臨みたいです。

FXの取引は「みんなのFX」で