FXレポートの最近のブログ記事

昨日のドル円は、東京市場では仲値後に国内輸出企業からのドル売りが観測されたほか、日経平均株価が引けにかけて100円超下落するとリスク回避的な売りに押され98.50円付近まで下落しました。
 欧州市場では、いったんは98.70円付近まで買い戻されたものの、欧州株が安く始まったことも重しとなり再びドル売り地合いとなり、98.40円付近まで下げ幅を広げました。注目された経済指標の米MBA住宅ローン申請指数、8月米耐久財受注、8月米新築住宅販売件数が予想を上回る結果となり98.80円付近まで上昇しました。

9月24日、米国では政治の機能不全により、政府のデフォルト(債務不履行)という「考えられない」事態が実現するのではないかとの不安が増しつつある。16日撮影(2013年 ロイター/Jason Reed)

 NY市場では、米経済指標の結果が予想より強い結果となったものの市場では米財政問題に対する不透明感が広がっており、NYダウが5日連続の下落となったことを背景に投資家のリスク志向低下を意識した売りが加速し前日比-0.288円安い98.440円で取引を終えました。

★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村
昨日のドル円は、3連休明けの日本株安を見越した売りが先行し、一時98.70円付近まで値を下げました。売り一巡後は、国内輸入企業からの買いが観測されたほか、日経平均株価が130円超安からプラス圏に戻したことで、投資家心理の改善を意識したドル買いが広がり99.10円付近まで上昇しました。
 欧州市場では、クロス円が全面安となった影響から徐々に下げ足を速めたほか、ロンドンフィックスにかけては、9月米リッチモンド連銀製造業景気指数と9月米消費者信頼感指数がいずれも市場予想を下回ったため、米長期金利が低下。日米金利差縮小への思惑から売りが優勢となり、一時98.50円付近まで値を下げました。

「出典:ロイター通信」

NY市場では、一時60ドル超下落したダウ平均が30ドル超高まで持ち直したことで、投資家のリスク回避姿勢が後退しドルを買い戻す展開となりました。ただ、99.00円付近で戻りの鈍さを確認すると次第に売りに押され、ダウ平均が再びマイナス圏に沈んだことも重しとり前日比-0.061円安い98.728円で取引を終えました。

★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村


昨日のドル円は、3連休明けの日本株安を見越した売りが先行し、一時98.70円付近まで値を下げました。売り一巡後は、国内輸入企業からの買いが観測されたほか、日経平均株価が130円超安からプラス圏に戻したことで、投資家心理の改善を意識したドル買いが広がり99.10円付近まで上昇しました。
 欧州市場では、クロス円が全面安となった影響から徐々に下げ足を速めたほか、ロンドンフィックスにかけては、9月米リッチモンド連銀製造業景気指数と9月米消費者信頼感指数がいずれも市場予想を下回ったため、米長期金利が低下。日米金利差縮小への思惑から売りが優勢となり、一時98.50円付近まで値を下げました。

「出典:ロイター通信」

NY市場では、一時60ドル超下落したダウ平均が30ドル超高まで持ち直したことで、投資家のリスク回避姿勢が後退しドルを買い戻す展開となりました。ただ、99.00円付近で戻りの鈍さを確認すると次第に売りに押され、ダウ平均が再びマイナス圏に沈んだことも重しとり前日比-0.061円安い98.728円で取引を終えました。

★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村


昨日のドル円は、東京市場が3連休の3日目で休場となったことから市場参加者が少なく、99円前後で小幅な値動きとなりました。その後の欧米市場では、米10年債利回りが低下に転じたことで、日米金利差縮小からドル売りが強まった。
NY市場では材料のない中、NYダウが大幅下落したことで円買い・ドル売りが優勢となり前日比-0.553円安い98.789円で取引を終えました。

9月23日、米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は、前週の連邦公開市場委員会で緩和縮小を見送ったことで、FRBの信認は著しく傷ついたと述べた。写真はワシントンのFRB本部。7月撮影(2013年 ロイター/Jonathan Ernst)

★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村
昨日のドル円は序盤、日経平均が前日比250円超の上昇を見せたものの、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を控え、値動きは限定的でドル円は99円台前半を静かに推移しました。欧米市場では、注目されていたFOMCで金融政策が維持され、金融緩和縮小が見送られたことを受けて、ドルは全面安となり97円台まで急落。その後もバーナンキFRB議長の会見内容がハト派寄りの内容だったことから、失望売りが散発的に入り前日比-1.253円安い97.877円まで下落し取引を終えました。

9月18日、米FRBは、米FOMC後の声明で、これまで行ってきた月額850億ドルの資産買い入れを当面継続する方針を表明した。写真はバーナンキ議長。ワシントンで7月撮影(2013年 ロイター/Kevin Lamarque)

東京市場のユーロ円は、日経平均の株高を受けて小幅に上昇したものの、FOMCを控えて明確な方向感は出ませんでした。しかし、欧米市場に入ると、英金融政策委員会(MPC)で、資産買い入れ枠の据え置きが9対0で決定されると、対ポンドでのユーロ売りが強まり131.864円まで急ピッチに下落しました。その後、FOMCで金融緩和縮小が見送られたことをきっかけに、対ドルでのユーロ買い圧力が強まり前日比-0.020円安い132.389円まで上昇し取引を終えました。

★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村
昨日のドル円は序盤、祝日明けとなった東京市場では19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見ムードが強く99円台前半での小動きとなりました。その後、欧米市場に入っても、米消費者物価指数が0.1%と市場予想の0.2%を下回ったものの、ドル円への影響は限定的で前日比+0.006円高い99.130円で取引を終えました。


東京市場のユーロ円は、目立った取引材料のないなか、ポジション調整目的の買いが散発的に入り132.420円までジリ上げとなりました。欧米市場では、ドル円と同様に明日のFOMCを前に積極的な取引が控えられたことから、明確な方向感には欠ける展開となり前日比+0.208円高い132.409円で取引を終えました。

★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村
昨日のドル円は序盤、来年1月に任期満了を迎えるバーナンキFRB議長の後任人事で、最有力候補の一人とされていたサマーズ元財務長官が候補の辞任を表明したことが伝わると、金融緩和観測が後退しドル売りが強まり98.70円付近まで下落しました。欧米市場では、米経済指標のニューヨーク連銀製造業景気指数や鉱工業生産が市場予想から悪化したことを受けて、ドル安の流れが継続したものの、引けにかけて、19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での緩和観測が意識されると、ドルの巻き戻しが優勢となり前日比0.186円安い99.124円まで回復し取引を終えました。

9月16日、バーナンキ米FRB議長の後継の有力候補とみられていたサマーズ元財務長官が候補を辞退し、もう一人の有力候補、イエレンFRB副議長が昇格する可能性が高まった。写真はワシントンのFRB本部。7月撮影(2013年 ロイター/Jonathan Ernst)

東京市場のユーロ円は、バーナンキFRB議長の後任人事を巡り、金融緩和観測が後退したことから、ユーロドルの上昇に伴って、ユーロ円も132.391円まで上昇しました。もっとも、買いが一巡すると、短期筋の利益確定の売りが入り131円台まで押し下げられました。その後の欧米市場では、新規取引材料不足から方向感に欠く展開となり前日比0.150円高い132.201円で取引を終えました。

★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村
昨日のドル円は、取引開始直後、日経平均株価の続伸もあり、やや円安気味に推移し99.753円まで上昇するも、シリアへの軍事介入懸念が払拭されず方向感に欠ける展開となりました。欧米市場では、甘利明経済再生担当相と麻生太郎副総理兼財務・金融相による「安倍首相は経済政策のパッケージ取りまとめを指示した」との発言を受け、海外勢を中心にドル買い優勢の展開へ。シリア外相の見解として「シリアは化学兵器を国際社会の管理下に置くとのロシアの提案を受け入れる」とのニュースが伝わると、シリア情勢への懸念が後退。さらに米長期金利の上昇幅拡大や欧米の株高を背景に100.458円の高値を付けました。前日比では0.858円高い100.443円で取引を終えました。

9月10日、シリアはロシアが前日提案していた化学兵器の国際管理を受け入れる意向を示した。写真はブエノスアイレスで米国の対シリア攻撃に反対する人たち(2013年 ロイター/Marcos Brindicci)

東京市場のユーロ円は、131.923円まで値を下げましたが、日経平均株価の底堅い推移やドル円の上昇につれて132円台前半での推移となりました。欧米市場では、安倍首相が指示した経済政策パッケージへの期待や、シリア情勢の緊張緩和を背景にリスクオンの動きが強まり133.304円まで上昇。前日比では1.294円高い133.269円で取引を終えました。

★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村
昨日のドル円は、2020年の東京五輪開催決定を受けてドル買い円売りが先行し、100.103円まで反発。4-6月期GDP改定値が事前予想の下限に留まったことを受けて99円台半ばまで売り戻された後は伸び悩む展開となり99円台後半での推移となりました。欧米市場では、米長期金利の低下や欧州勢の参入を受け99.337円まで売りが先行。シリア情勢への懸念が後退するなか、NYダウ平均の大幅上昇とともにクロス円が買い戻され99.644円まで買い戻されました。前日比では0.476円高い99.585円で取引を終えました。

9月7日、国際オリンピック委員会(IOC)総会は、2020年夏季五輪の開催都市を東京に決定した。写真はIOCロゲ会長。代表撮影(2013年 ロイター)


東京市場のユーロ円は、2020年の東京五輪開催決定を受けて、全般に円売りが進んだ流れに沿い、一時131.840円まで値を上げました。買い一巡後はドル円の下げにつれた売りが出て131.037円まで下落。欧米市場では、ドル円の下値が限られた流れに沿いもみ合いが続いた後は、131.30円近辺まで値を戻しました。NYダウ平均の上げ幅拡大やユーロドルの上昇を手掛かりに買い戻しが優勢となり132.205円まで上昇。その後は高値圏での推移となり、前日比では1.346円高い131.975円で取引を終えました。

★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村
昨日のドル円は序盤、本日より開催されるG20首脳会議に明日の米雇用統計を控えて、様子見ムードが強く積極的な取引が見送られたことから99円台後半を小動きしました。欧米市場では、米経済指標の新規失業保険申請件数やISM非製造業景況指数が市場予想を上回ったことで、リスク選好的な円売りから心理的な節目である100円の大台を突破し前日比+0.392円高い100.128円で取引を終えました。

9月5日、ロシアのサンクトペテルブルクで開幕したG20首脳会議では、米量的緩和縮小観測の高まりに伴う世界的な金融市場の動揺への対応について、先進国と新興国は立場の相違から共通認識の醸成に苦慮している。代表撮影(2013年 ロイター)

東京市場のユーロ円は、ドル円と同様にイベント待ちから様子見ムードが強まり、131.50円付近を軟調に推移しました。欧米市場に入ると、ドラギECB総裁が「回復の芽生えはまだ青々しい」「弱い経済情勢からすれば、利下げの協議が排除されないのは必然」と発言し追加利下げが意識されたことから、ユーロ売りが強まり前日比-0.386円安い131.351円まで下落し取引を終えました。

★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村

昨日のドル円は序盤、日経平均がプラス圏に転じたことをきっかけに、円売りが優勢となり99.80円まで緩やかに上昇しました。その後、欧米市場では、円売りの動きが一服して99.30円付近まで軟化していたものの、底堅い動きになると切り返し99.810円まで持ち直す展開に。引けにかけては、米地区連銀経済報告(ベージュブック)が発表されたものの、影響は限定的で前日比+0.136円高い99.736円で取引を終えました。

2013095ベージュブック.jpg

東京市場のユーロ円は、日経平均が8月14日以来となる1万4千円台を回復したことを受けて、リスク選好的な円売りから131.45円付近まで上昇しました。その後、欧米市場では、週末の米雇用統計が意識され積極的な売買が手控えられていたものの、ロンドンフィックスを前に仕掛け的なユーロ買いが入ると131.808円まで急ピッチに上昇し前日比+0.551円高い131.737円で取引を終えました。

★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村
昨日のドル円は序盤、シリア情勢への懸念が緩和したことを背景としたリスク回避の巻き戻しの流れが継続し、99.70円付近まで堅調に推移しました。欧米市場では、米経済指標のISM製造業景況指数が55.7と市場予想の54.0を上回ったことを受けて、ドル買いが先行し99.860円まで強含む展開になりました。ただ、引けにかけて、ベイナー米下院議長がシリアへの軍事介入を支持したことで、再びシリア情勢への懸念が高まると、リスク回避から米長期国債利回りが低下するなど、日米金利差縮小を意識したドル売り円買いが入り、ドル円は前日比:+0.256円高い99.600円まで上げ幅を縮小し取引を終えました。

20130904画像.jpg


東京市場のユーロ円は、仲値に向けて外貨不足からユーロ買いが強まり131.480円まで上昇したものの、仲値を過ぎると買いが一服し131.00円付近まで反落しました。欧米市場では、ロシアの一部通信社が「ミサイル2発が中央地中海から東地中海に向かったのを探知した」と報じたことで、一時的にリスクオフとなり130.649円まで急落。その後、イスラエルと米軍との合同ミサイル実験だったことが明らかになると「往って来い」の展開となり前日比+0.108円高い131.186円で取引を終えました。


★☆「みんなのFX」キャンペーン情報 ☆★

-----------------------------------------------------------

present新規口座開設キャッシュバックキャンペーンpresent

期間:2012年4月1日(日)AM0:00~キャンペーン終了時

新規口座開設をお申し込みされてから30日以内にお取引をされた

お客様に取引高に応じてキャッシュバック致します。

 にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村