2017年8月10日の経済指標とトレードポイント

FX - 本日の経済指標
  
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
11日 03:00USD月次財政収支 7月-902億ドル-520億ドル
10日 21:30USD新規失業保険申請件数 前週分24.0万件24.0万件
10日 21:30USD卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)[前月比] 7月0.1%0.2%
10日 21:30USD卸売物価指数(PPI)[前月比] 7月0.1%0.1%
10日 21:30CAD新築住宅価格指数[前月比] 6月0.7%0.5%
10日 17:30GBP貿易収支 6月-118.63億ポンド-110.00億ポンド
10日 17:30GBP製造業生産指数[前月比] 6月-0.2%0.0%
10日 17:30GBP鉱工業生産指数[前月比] 6月-0.1%0.1%
10日 15:45FRF鉱工業生産指数[前月比] 6月1.9%-0.6%
10日 13:30JPY第三次産業活動指数[前月比] 6月-0.1%0.2%
10日 08:50JPY対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分-1238億円-
10日 08:50JPY対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分1兆670億円(1兆695億円)-
10日 08:50JPY国内企業物価指数[前年同月比] 7月2.1%(2.2%)2.3%
10日 08:50JPY国内企業物価指数[前月比] 7月0.0%(0.1%)0.2%
10日 08:50JPY機械受注[前月比] 6月-3.6%3.6%
10日 08:01GBP英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格指数 7月79
10日 06:00NZDニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利1.75%1.75%

米朝の軍事的な挑発の応酬を背景にリスク回避の色を深めています。また、タイミングもお盆夏休みで市場が閑散としていることからマーケットとしては取引材料が地政学リスク以外にないため選好されています。本日も新規取引材料探しになりますが、軸となる米利上げに関するインフレ指標がないことから前日同様に米朝に関するヘッドラインに警戒しつつ、株式市場や米長期金利の動向をみながら取引したいです。

  にほんブログ村 為替ブログへ   twitter

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://min-fx.jp/mt/bin/mt-tb.cgi/4082

コメントする

FXの取引は「みんなのFX」で