2017年7月17日の経済指標とトレードポイント

FX - 本日の経済指標
  
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
17日 21:30CAD対カナダ証券投資額 5月106億カナダドル-
17日 21:30USDニューヨーク連銀製造業景気指数 7月19.815.0
17日 18:00EUR消費者物価指数(HICP、改定値)[前年同月比] 6月1.3%1.3%
17日 08:01GBPライトムーブ住宅価格[前月比] 7月-0.4%-

今週のドル円は上値の重い展開になりそうです。イエレンFRB議長の議会証言からもインフレ率が上昇してこないことに懸念を示していましたが、14日の消費者物価指数が前月比で0%とかなり弱く発言を裏付けたことで年内の利上げ可能性が後退していることが理由に挙げられます。そのため、マーケットは弱い米経済指標には敏感に反応しやすいため下値に注意しておきたいです。ただ一方で、主要国の中央銀行が緩和縮小に向かっているなか、本邦日銀は緩和維持を表明していることから円キャリートレードが発生しやすい状況にもなっており、ここからさらに大きな値崩れは絶好の買い場になるかもしれません。

  にほんブログ村 為替ブログへ   twitter

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://min-fx.jp/mt/bin/mt-tb.cgi/4061

コメントする

FXの取引は「みんなのFX」で