3月セミナーは注目の個人投資家Ketty氏が初登場!

3月22日(水)のセミナーのご案内ですnote

■セミナー内容:
3月のセミナーには、いまメディアで話題の「Ketty」こと松本慶子氏がついに「みんなの金トレ」初登場!子育てをしながら月100万円の利益をコンスタントにあげる注目の個人投資家です。FXで利益をあげるために重要なのは、「いまの相場が、トレンド相場なのかレンジ相場なのかを見極めること」だとKetty氏は言います。トレンド相場、レンジ相場をどのように判断すればいいのか?書籍には載っていないKetty流の判断方法を、わかりやすく徹底解説します。


【 講師 】
Ketty

▼プロフィール
関西在住の個人投資家。FXを始める前は大学の非常勤講師として勤務。出産を機に退職し、2011年12月にFXを開始。書籍やセミナー等で猛勉強しながら、「月に100万円稼ぐ」という目標を1年で達成。子育てをしながらFXで利益をあげる主婦トレーダーとして、フジテレビの「とくダネ!」や、日テレの「真相報道バンキシャ!」で取材を受けるなど、メディア出演多数。

【 日時 】
3月22日(水)20:00~21:00(アクセス時間:19:00~)

【参加資格】
無料オンラインセミナーです。どなたでもご参加いただけます。
こちらよりご参加ください。(配信ページのリンク先は当日公開予定)

【参加人数】先着200名

※セミナーの内容と関係のない質問及び当社が不適切と判断したコメントにつきましては、削除する場合があります。また、セミナー中全ての質問にお答えできるわけではありません。予めご了承いただきますようお願いいたします。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
※本ブログ記事のコメント欄にて、皆さまからのご質問をお待ちしております。
ご質問はこちらから!
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


present「みんなのFX」キャンペーン情報 present
----------------------------------------------------------------------------

2月ドル円スプレッド実質最大0.2銭キャッシュバックキャンペーン

▼2月ドル円スプレッド実質最大0.2銭キャッシュバックキャンペーン
キャンペーン期間中、「みんなのFX」において米ドル円をお取引いただいたお客様にキャッシュバックを行います。
詳しくはこちらをご確認ください。


宅麺キャンペーン第51弾「2月・めで鯛らぁ麺プレゼント」

新春宅麺キャンペーン第51弾「2月・めで鯛らぁ麺プレゼント」

キャンペーン期間中、「みんなのFX」においてポンド円をお取引いただいたお客様に、 取引高に応じてオリジナルラーメンと日本酒をプレゼントいたします。(要申込)
詳しくはこちらをご確認ください。




2017年2月23日の経済指標とト レードポイント

FX - 本日の経済指標
 
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
23日 23:00USD四半期住宅価格指数[前期比] 10-12月期0.015-
23日 22:30USD新規失業保険申請件数 前週分23.9万件24.0万件
23日 18:30ZAR卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 1月0.0710.066
23日 18:30ZAR卸売物価指数(PPI)[前月比] 1月0.0050.01
23日 17:15CHF四半期鉱工業生産 [前年同期比] 10-12月期0.004-
23日 16:45FRF企業景況感指数 2月104104
23日 16:00DEMGFK消費者信頼感調査 3月10.210.1
23日 16:00DEM国内総生産(GDP、改定値)[前年同期比] 10-12月期0.0170.017
23日 16:00DEM国内総生産(GDP、改定値)[前期比] 10-12月期0.0040.004
23日 14:00SGD消費者物価指数(CPI)[前年比] 1月0.0020.006
23日 14:00JPY景気一致指数(CI)・改定値 12月115.2-
23日 14:00JPY景気先行指数(CI)・改定値 12月105.2-
23日 09:30AUD四半期民間設備投資[前期比] 10-12月期-0.04-0.005
23日 08:50JPY対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分1756億円-
23日 08:50JPY対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分-2974億円-
23日 08:50JPY企業向けサービス価格指数[前年同月比] 1月0.0040.005

昨日発表されたFOMCの 議事要旨において、インフレ・雇用関連指標が想定通りの内容なら、「かなり早期の」利上げが適切になるとの認識を多くの参加者が示したことで、この内容が極めてハト派的と解釈され、ドルは売られました。また、トランプ新政権の経済政策をめぐる先行き不透明感がFRB内で強まっていることも示唆されました。今後トランプ政権が金融政策について具体案を提示するまで、ドルの上値は重い展開が予想されため、本日のドル円は112円台後半から113円台後半での値動きを予想して取引に臨みたいです。

2017年2月22日の経済指標とト レードポイント

FX - 本日の経済指標
  
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
23日 04:00USD米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨--
23日 00:00USD中古住宅販売件数[前月比] 1月-0.0280.011
23日 00:00USD中古住宅販売件数[年率換算件数] 1月549万件555万件
22日 22:30CAD小売売上高(除自動車)[前月比] 12月0.0010.006
22日 22:30CAD小売売上高[前月比] 12月0.0020
22日 21:00USDMBA住宅ローン申請指数[前週比]-0.037-
22日 19:00EUR消費者物価指数(HICP、改定値)[前年同月比] 1月0.0180.018
22日 18:30GBP四半期国内総生産(GDP、改定値)[前年同期比] 10-12月期0.0220.022
22日 18:30GBP四半期国内総生産(GDP、改定値)[前期比] 10-12月期0.0060.006
22日 18:00DEMIFO企業景況感指数 2月109.8109.6
22日 17:30HKD四半期域内総生産(GDP)[前年比] 10-12月期0.0190.02
22日 17:30HKD四半期域内総生産(GDP)[前期比] 10-12月期0.0060.007

基本的にトランプ政権は円安に対して懸念を再び表明するリスクもあるため、114円前後では本邦勢のドル売りが予想されるため、本日のドル円は上値がの重い展開が予想されます。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の内容次第では大きな値動きもあることを想定して取引に臨みたいです。

2017年2月21日の経済指標とト レードポイント

FX - 本日の経済指標

日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
21日 19:00GBPカーニー英中銀(BOE)総裁、発言--
21日 18:00EURサービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 2月53.753.7
21日 18:00EUR製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 2月55.255.0
21日 17:30HKD消費者物価指数(CPI)[前年比] 1月1.2%1.6%
21日 17:30DEMサービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 2月53.453.6
21日 17:30DEM製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 2月56.456.0
21日 17:00FRFサービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 2月54.153.9
21日 17:00FRF製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 2月53.653.5
21日 16:45FRF消費者物価指数(CPI、改定値)[前月比] 1月-0.2%-0.2%
21日 16:00CHF貿易収支 1月27.2億スイスフラン-
21日 13:30JPY全産業活動指数[前月比] 12月0.3%-0.2%
21日 09:30AUD豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表--

以前から注目されていた減税については「数週間以内に驚くべき案をまとめる」としており、具体策が提示されるにはまだ時間が必要となります。今週は、特に大きなイベントや注目度の高い経済指標の発表はないため、トランプ政権の動向や政府要人発言などに影響を受けやすいと思われます。トランプ大統領はドル高を牽制する姿勢をみせているため、本日のドル円は上値の重い展開が予想されます。

2017年2月20日の経済指標とト レードポイント

FX - 本日の経済指標
  
日時 関連通貨 タイトル 前回 予測
21日 00:00EUR消費者信頼感(速報値) 2月-4.9-4.9
20日 22:30CAD卸売売上高[前月比] 12月0.002-
20日 16:00DEM生産者物価指数(PPI)[前月比] 1月0.0040.003
20日 09:01GBPライトムーブ住宅価格[前月比] 2月0.004-
20日 08:50JPY貿易統計(通関ベース) 1月6414億円-6259億円

先日まで行われた、G20外相会合では、トランプ政権の財務長官として上院本会議での指名承認を経て正式に就任したスティーブン・ムニューチン氏が参加し、ドイツ、英国、日本、中国の各国財務相は、3月のG20財務相・中央銀行総裁会議を前に、"緊密な協力"をしていくことで合意したようです。今後はトランプ大統領の発言を確認しながら、財務相などの政府要人の発言にも注意したいところです。本日は、NY市場がプレジデント・デーの休日となることから、流動性の低下が見込まれるため、短期筋の売買に注意しつつ、基本的にはドル売りスタンスで取引に臨みたいところです。

FXの取引は「みんなのFX」で