FXレポート

ドル円は小休止

2017年8月 8日 07:59

 昨日のドル円は小幅なレンジ取引に終始。週明けオープンの東京市場では雇用統計後とはいえ静かな取引となり110.80円付近を推移しました。欧州勢参入後も材料探しに明け暮れ手掛かりなく横ばい推移しました。NY市場では調整的な動きから110.919円の高値をつけましたが、その後に米長期金利が低下したことで失速し前日比0.047円高い110.759円で取引を終えました。
 
≪2017年08月7日クローズ時点≫
ドル・円    :「ブル」    売り28% 買い72%
ユーロ・円  :「ベア」       売り79% 買い21%
英ポンド・円 :「ブル」    売り32%  買い68%
豪ドル・円  :「ブル」      売り24%  買い76%
NZドル・円   :「ブル」      売り33% 買い67%
ユーロ・ドル :「ベア」    売り66% 買い34%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 外貨準備高 7月
14:00 JPY 景気先行指数(CI)・速報値 6月
14:00 JPY 景気一致指数(CI)・速報値 6月
15:00 DEM 鉱工業生産[前月比] 6月
16:15 CHF 消費者物価指数(CPI)[前月比] 7月
04:00 USD 消費者信用残高[前月比] 6月

- 今日のトレードポイント -
 米雇用統計を通過してドル買いが強まったことから揺り戻しがあるか注目していましたが、動意のない相場になりました。本日も主要な経済指標の発表が予定されていないため、新規取引材料探しながら強弱の材料によって上下に振られる展開になりそうです。ヘッドラインや株式市場、米長期金利の動向に注視しながら取引にのぞみたいです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円            110.40-111.30
ユーロ・円        129.80-131.40
ポンド・円        143.00-146.70 

FXレポートへ


みんなのFXへ口座開設