FXレポート

ドル円は一転反落

2017年6月30日 08:14

本日の為替はやや戻す展開でした。東京時間のドル円は昨日に引き続きレンジ相場となり、112.10-112.40を推移しました。ロンドン時間に入ると米長期金利の上昇からドルが買われドル円は112.90まで値幅を拡大しましたが、欧州株の下落に反応する形で一転し112.50まで反落、ニューヨーク時間に入ると米国株も下落し、ドル円は一時112.00円を割り込み、最終的に112.10円程度で取引を終えました。ユーロ円は昨日の流れを引き継ぐ形で128.30円程度まで値幅を拡大し、ポンド円も同様に145.80円まで上昇しました。

≪2017年06月29日クローズ時点≫
ドル・円    :「ブル」    売り44% 買い56%
ユーロ・円  :「ベア」       売り70% 買い30%
英ポンド・円 :「ベア」    売り55%  買い45%
豪ドル・円  :「ブル」      売り28%  買い72%
NZドル・円   :「ブル」      売り39% 買い61%
ユーロ・ドル :「ベア」    売り87% 買い13%

【今日の主な経済指標】
07:45 NZD 住宅建設許可件数[前月比] 5月
08:30 JPY 全世帯家計調査・消費支出[前年同月比] 5月
08:30 JPY 失業率 5月
08:30 JPY 有効求人倍率 5月
08:30 JPY 全国消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 5月
08:30 JPY 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)[前年同月比] 5月
08:30 JPY 東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)[前年同月比] 6月
08:50 JPY 鉱工業生産・速報値[前月比] 5月
14:00 JPY 新設住宅着工戸数[前年同月比] 5月
16:55 DEM 失業者数[前月比] 6月
16:55 DEM 失業率 6月
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前期比] 1-3月期
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前年同期比] 1-3月期
18:00 EUR 消費者物価指数(HICP、速報値)[前年同月比] 6月
19:00 JPY 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
21:00 ZAR 貿易収支 5月
21:30 CAD 月次国内総生産(GDP)[前月比] 4月
21:30 USD 個人消費支出(PCE)[前月比] 5月
21:30 USD 個人所得[前月比] 5月
21:30 USD 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)[前月比] 5月
22:45 USD シカゴ購買部協会景気指数 6月
23:00 USD ミシガン大学消費者態度指数・確報値 6月

- 今日のトレードポイント -
本日のポイントは各国の指標となるでしょう。ロンドン時間には英GDPとカナダGDPがそれぞれ発表予定で、各中央銀行総裁から利上げの言及があったため、こちらが相場を牽引する可能性が高いと見ています。ドル円は指標発表後の動きに追従するのが良いでしょう。また、欧州消費者物価指数と米個人所得・ミシガン大消費者信頼感指数も発表されるため、こちらも併せて流れを見極めたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円            111.70-112.50
ユーロ・円        128.20-128.80
ポンド・円        145.00-146.00

FXレポートへ


みんなのFXへ口座開設