FXレポート

ドルと円はいったんお休みムードか

2017年6月29日 08:09

昨日はポンドとカナダドルの上昇が目立ちました。東京時間のドル円は昨日の流れを引き継ぎ112.00-112.40円の小幅なレンジ相場でしたが底堅さを見せました。ロンドン時間に入ると昨日のドラギ総裁のリフレ発言についてマーケットが誤解をしているとの報道が伝わりユーロ円は127.50円から126.50円に一時下落し、ドル円もつられる形で一時111.83円に下落をしました。しかし内容が具体性にかけた事やユーロ経済が好転しているとの見方が引き続き強い事からすぐに値を戻し、ニューヨーク時間のクローズまで112.20-112.30円を推移しました。また英国とカナダの中央銀行総裁がそれぞれ早期の利上げの可能性示唆させる内容を発言したことから、ポンド円は145.20円に、カナダ円は86.10円に大幅な上昇を見せました。

≪2017年06月28日クローズ時点≫
ドル・円    :「ブル」    売り46% 買い54%
ユーロ・円  :「ベア」       売り77% 買い23%
英ポンド・円 :「ベア」    売り52%  買い48%
豪ドル・円  :「ブル」      売り27%  買い73%
NZドル・円   :「ブル」      売り39% 買い61%
ユーロ・ドル :「ベア」    売り87% 買い13%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 小売業販売額[前年同月比] 5月
08:50 JPY 百貨店・スーパー販売額(既存店)[前年同月比] 5月
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分
10:00 NZD NBNZ企業信頼感 6月
15:00 DEM GFK消費者信頼感調査 7月
17:30 GBP 消費者信用残高 5月
17:30 GBP マネーサプライM4[前月比] 5月
17:30 GBP マネーサプライM4[前年同月比] 5月
18:00 EUR 消費者信頼感(確定値) 6月
18:30 ZAR 卸売物価指数(PPI)[前月比] 5月
18:30 ZAR 卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 5月
21:00 DEM 消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 6月
21:30 USD 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)[前期比年率] 1-3月期
21:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分

- 今日のトレードポイント -
本日のドル円はレンジ相場を想定します。指標関連では米第一四半期GDPと米新規失業保険申請件数の発表が予定されていますが、ここ数日のドル円は他通貨に引っ張られる形で動くシーンが多いためよほどのサプライズがない限り値動きは限定的と見ます。主要通貨では大幅な上昇を見せているポンド、ユーロ、カナダドルに引き続き注目していきたいです。21:00から発表される独消費者物価指数速報値は今後のドイツの景況感を測る上で一つのポイントとなるため、注視します。テクニカル面では、ユーロドルがbrexit前につけた高値の1.1427ドルを上抜けると一気に買いが加速しそうな気配があるため、付近の攻防に注目していきたいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円             112.10-113.00
ユーロ・円        126.40-128.00
ポンド・円        143.40-145.60         

FXレポートへ


みんなのFXへ口座開設