FXレポート

ドル円は様子見ムードが強まり反落

2017年6月21日 07:42

昨日のドル円は111.540円で取引を開始し、19日のNY時間のモメンタムを引き継ぐ形で東京時間は手堅く寄りましたが、材料不足感と一目均衡表の雲下限が意識されたことからドル円は111.70円を挟んで小動きとなりました。ロンドン時間に入ると失速し111.50円近辺まで低下、ニューヨーク時間に入るとロンドンフィックスに向けたドル買いの動きから110.73円付近まで反発したものの、その後は減速し110.40円近辺まで低下しました。前日比では0.067円安い111.517円で取引を終えました。

≪2017年06月20日クローズ時点≫
ドル・円    :「ブル」    売り41% 買い59%
ユーロ・円  :「ベア」       売り67% 買い33%
英ポンド・円 :「ブル」  売り33%  買い67%
豪ドル・円  :「ブル」      売り25%  買い75%
NZドル・円   :「ブル」      売り33% 買い67%
ユーロ・ドル :「ベア」    売り67% 買い33%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 日銀・金融政策決定会合議事要旨
13:30 JPY 全産業活動指数[前月比] 4月
15:36 JPY 黒田東彦日銀総裁、発言
17:00 ZAR 消費者物価指数(CPI)[前月比] 5月
17:00 ZAR 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 5月
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
23:00 USD 中古住宅販売件数[年率換算件数] 5月
23:00 USD 中古住宅販売件数[前月比] 5月

- 今日のトレードポイント -
東京時間には日本銀行議事要旨公表と黒田総裁の発言が予定されていますが、こちらが材料視される可能性は低いでしょう。またロンドン時間にはダドリー連銀総裁の発言と中古住宅販売件数の発表がありますが、市場の関心は依然として米10年金利とインフレ率の低下にありそうです。FOMCメンバーが米景気の回復についてどのように解釈しているのか、ヘッドラインに注目していきたいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円            110.30-111.50
ユーロ・円        123.00-125.00
ポンド・円        140.00-145.00        

FXレポートへ


みんなのFXへ口座開設