FXレポート

トランプ大統領の大型景気対策推進発言を受けドル買い優勢!

2017年3月 2日 08:16

昨日のドル円は、112.761円で取引を開始しました。東京市場においては、米早期利上げ観測が高まりドル買いが優勢となるなか、日経平均株価の240円超高や時間外の米10年債利回りの上昇も支えとなり、ドル円は113.37円近辺まで上昇しました。トランプ米大統領の議会演説前から持ち高調整のドル売りが出て112.77円付近まで失速しましたが、議会演説を波乱なく通過したことでドル買いが再開し、113.62円近辺まで上値を伸ばしました。欧米市場では、米3月利上げ観測や米長期金利の上昇、さらには世界的な株高を背景としたドル買いが優勢の展開となりました。2月米ISM製造業景気指数が57.7と市場予想平均の56.2を上回ったことが伝わると、ドル円は日通し高値となる114.03円近辺まで上値を伸ばしました。取引終盤以降に入ると、一時利益確定の売りに押されるも、高値圏での推移は継続し、前日比では0.994円高い113.718円で取引を終えました。
 
≪2017年03月1日クローズ時点≫
ドル・円    :「ブル」    売り41% 買い59%
ユーロ・円  :「ベア」       売り57% 買い43%
英ポンド・円 :「ブル」    売り41%  買い59%
豪ドル・円  :「ブル」      売り27%  買い73%
NZドル・円   :「ブル」      売り27% 買い73%
ユーロ・ドル :「ベア」     売り55% 買い45%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分
09:30 AUD 貿易収支 1月
09:30 AUD 住宅建設許可件数 [前月比] 1月
15:45 CHF 四半期国内総生産(GDP)[前期比] 10-12月期
16:00 DEM 輸入物価指数[前月比] 1月
16:00 DEM 輸入物価指数[前年同月比] 1月
17:15 CHF 実質小売売上高[前年同月比] 1月
18:30 GBP 建設業購買担当者景気指数(PMI) 2月
19:00 EUR 卸売物価指数(PPI)[前月比] 1月
19:00 EUR 卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 1月
19:00 EUR 失業率 1月
19:00 EUR 消費者物価指数(HICP、速報値)[前年同月比] 2月
21:30 USD チャレンジャー人員削減数[前年比] 2月
22:30 CAD 月次国内総生産(GDP)[前月比] 12月
22:30 CAD 四半期国内総生産(GDP)[前期比年率] 10-12月期
22:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分

- 今日のトレードポイント -
トランプ大統領は昨日のNYタイムの発言で、大規模な減税で米経済成長を加速させたいと強調したほか、1兆ドル規模のインフラ投資の実施に意欲を示しました。また、この演説内容は、財政赤字の拡大を避けたい議会に対して、トランプ氏が自身の政策を押し通すことができるのか不安視していた投資家を安心させる結果となりました。これらの内容が好感され、ドル円相場は株高を受けた円売りドル買いの流れとなり、一時114円台を付ける場面も見られました。本日のドル円は、トランプ大統領の大型景気対策の推進が好感されていることや、米3月利上げ期待を背景とした底堅い展開が予想されるため、113円台半ばではドル買いのスタンスで取引に臨みたいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円            113.30-115.00
ユーロ・円       118.00-121.00
ポンド・円        137.00-144.00

FXレポートへ


みんなのFXへ口座開設