FXレポート

米連邦公開市場委員会通過後のドル売りが止まらず4営業日続落!

2017年3月20日 08:09

昨日のドル円は、113.306円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、連休前の実質5・10日(ゴトー日)にあたり仲値に向けた円売りが出たことで、日通し高値となる113.49円近辺まで上昇しました。高値をつけた後は、特に下がることもなく113.45円近辺でのもみ合いとなりました。午後に入ると、前日比100円超のマイナスで始まっていた日経平均株価が下げ幅を縮小したことや、本邦の3連休を控え引けにかけては113.27円近辺まで下落しました。欧州市場では、時間外の米10年債利回りが低下したことを背景に円高・ドル安が先行し、113.19円近辺まで下げ幅を広げました。NY市場では、米経済指標の発表において、米ミシガン大学発表の3月期待インフレ率(1年先)が+2.4%と前月の+2.7%より弱く、同(5-10年先)も+2.2%と前月の+2.5%より低下して過去最低水準をつけたことが材料視されたほか、ナイト・セッションの日経平均先物が下落したことも影響し、日通し安値となる112.56円近辺まで下落しました。前日比では0.541円安い112.709円で取引を終えました。

≪2017年03月17日クローズ時点≫
ドル・円    :「ブル」    売り27% 買い73%
ユーロ・円  :「ベア」       売り57% 買い43%
英ポンド・円 :「ブル」    売り35%  買い65%
豪ドル・円  :「ブル」      売り25%  買い75%
NZドル・円   :「ブル」      売り19% 買い81%
ユーロ・ドル :「ベア」    売り71% 買い29%

【今日の主な経済指標】
09:01 GBP ライトムーブ住宅価格[前月比] 3月
16:00 DEM 生産者物価指数(PPI)[前月比] 2月
21:30 CAD 卸売売上高[前月比] 1月

- 今日のトレードポイント -
先週のドル円はFOMCで予想通り利上げが発表されましたが、市場が期待していた利上げペースアップについて見送られたことから失望で売りが週末まで続きました。本日は本邦が休日であることや、指標の発表も少なく、大きな動きはないと考えられます。しかし、日足の一目均衡表では、雲下限を突破し4営業日続落となっているので、ドル売り地合いはまだ続く可能性があります。ロングポジションは控え、様子見の短期的な逆張りで取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円            112.00-113.70
ユーロ・円        120.00-123.00
ポンド・円        137.00-142.00

FXレポートへ


みんなのFXへ口座開設