FXレポート

ドル円3日ぶりに反発

2017年11月13日 07:59

昨日のドル円は、東京市場において日経平均株価の350円超安を背景に113.265円までリスク回避的なドル売りに押されましたが下値は限定的となりました。日経平均株価が引けにかけて140円超安まで下げ幅を縮めたうえ、米10年債利回りの小幅上昇も支えとなり113.544円まで持ち直す場面も見られました。欧米市場では、米10年債利回りの上昇を背景に一時113.637円まで上昇しました。その後は、ナイト・セッションの日経平均先物が180円安まで下げたことや11月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が予想より弱い結果となったことにより、ドル円は113.22円近辺まで下落しました。取引終盤以降は、米長期金利の上昇幅拡大を受け、ドル円は113.50円近辺で取引を終えました。

≪2017年11月10日クローズ時点≫
ドル・円    :「ブル」      売り48% 買い52%
ユーロ・円  :「ベア」       売り77% 買い23%
英ポンド・円 :「ブル」    売り41%  買い59%
豪ドル・円  :「ブル」      売り20%  買い80%
NZドル・円   :「ブル」      売り33% 買い67%
ユーロ・ドル :「ベア」    売り62% 買い33%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 国内企業物価指数[前月比] 10月
08:50 JPY 国内企業物価指数[前年同月比] 10月
02:45 JPY 黒田東彦日銀総裁、発言
04:00 USD 月次財政収支 10月

- 今日のトレードポイント -
今週のドル円は米議会による税制改革案の行方に注目したい。米上院では2019年に法人税の減税を実施する案を公表しましたが、先に発表した下院案では18年の実施と互いに見解が相違しています。トランプ米大統領は23日の感謝祭までに可決することを望んでおり、これから上院下院での調整に入ります。ただ、一般に民意を代表する下院の議決を重んじられるという議会慣行があるため、18年の実施に決まればドルが大きく買われドル円は115円を超えるシナリオになります。一方で、上院の税制改革案が通ると失望から下値試しの展開になると考えられます。

[今日の予想レンジ]
ドル・円            113.00-114.00
ユーロ・円        131.30-133.30
ポンド・円        147.50-151.00 

FXレポートへ


みんなのFXへ口座開設