FX(店頭外国為替証拠金取引)とは

個人投資家の間で金融商品としての認知度が高まっているFX。
すでにFXのルールを熟知して取引をしている人も多いと思いますが、これからFXをはじめようという人のために、ここではFXについてやさしく解説しながら、そのメリットを説明します。

FX(外国為替証拠金取引)とは、米ドルやユーロといった外国の通貨を売買して利益を出す取引のことを言います。外国為替証拠金取引とも呼ばれており、「FX」という言葉は英語で外国為替を意味する「Foreign Exchange」からきています。

たとえば、米ドルが安いときに買って、高いときに売ることで収益が発生します。もっと具体的に説明すると、1ドル=100円のときに米ドルを買って、1ドル=110円になったときに売れば、1ドルにつき10円の利益が出ます。このときもし1,000ドル買っていたら、10,000円(1,000ドル×10円)の利益が出るのです。もちろん、思惑とは逆に1ドル=90円になってしまうこともあるでしょう。この場合、1,000ドル買っていたら、10,000円(1,000ドル×10円)の損失となります。

それって、外貨預金と変わらないのでは?と思った方もいるでしょう。FXと外貨預金の大きな違い─それはレバレッジです。
レバレッジとは少ない資金で大きな資金を運用することを言います。先ほどの例で、1ドル=100円のときに1,000ドル購入する例をあげました。この場合、海外旅行に行ったり外貨預金をする際には通常、10万円(1,000ドル×100円)が必要になってきます。
しかしFXですと、1,000ドルの取引をするのに必ずしも10万円が必要ではありません。FX会社に預け入れた資金を担保に、その数倍~数十倍の金額の取引を行えるのがFXの特徴です。
ただし、レバレッジが高い分、ハイリスクハイリターンになりますので、FXを初めて取引される方は資金に余裕をもってレバレッジも低めに設定して取引を始めてみるといいでしょう。


みんなのFXへ口座開設