取引戦略例

最も遠い目標レートの円高・円安チケットを両方購入する戦略です。

購入

大きな相場変動が期待されるが、円高・円安どちらに動くかわからないため、スタートレートから最も遠い円安の目標レート98.426円と円高の目標レート97.936円のチケットを購入。

判定

購入後、円安方向に相場が大きく動いたため、円安のチケットがペイアウトされました。円高のチケットはペイアウトされませんが、損益はトータルでプラスとなりました。

このように円高・円安どちらに動くかわからない場合でも、相場が大きく動くことによってリターンを得ることができます。

円高または円安を予測しているものの、どれくらい変動するかの判断ができない場合にはその方向の全てのチケットを購入する戦略が有効です。

購入

円安に動くと考えているが、どのくらい円安になるか予測できないため、円安の目標レートすべてのチケットを購入。

判定

購入後、予測通りに円安方向へ相場が動き、2つのチケットがペイアウトされました。
このように円高・円安どちらに動くか予測し、その方向のすべてのチケットを購入することで1つの目標レートを選んだ場合よりも大きなリターンを得ることが可能です。

【ご注意】

  • ※判定時間のレートが目標レートと同値段の場合、円安チケットにペイアウトが発生します。円高チケットはペイアウトは発生せず、購入金額分が損失となります。
  • ※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。

※チケットとはオプションと同意義です。


口座開設